FC2ブログ

映画『シン・ウルトラマン』 追加􏰀ャスト陣発表!有岡大貴・早見あかり・田中哲司が斎藤工、長澤まさみ、西島秀俊と共に様々な脅威に立ち向かう!

【ニュース】
先に発表されたキャスト、斎藤工、長澤まさみ、西島秀俊は、様々な脅威に立ち向かうメンバーという役どころになるが、同じメンバーの一員として、Hey!Say!JUMP の一員で興行収入93億円を記録した映画『劇場版コード・ブルー —ドク􏰁ーヘリ緊急救命—』での熱演が記憶に新しい有岡大貴、 ドラマ「ラーメン大好き小泉さん」映画『百瀬、こっちを向いて』等数々の出演作でその独特の存在感を放つ早見あかり、舞台・テレビドラマ・映画とあらゆるジャンルで活躍する日本を代表する実力派 俳優田中哲司の出演が明らかとなった。
有岡は、斎藤・長澤・西島とは初共演、庵野秀明・樋口真嗣作品へ も初出演となる。その他、物語の鍵を握る役どころで、山本耕史、岩松了、長塚圭史、嶋田久作、益岡徹、 山崎一、和田聰宏といった演技派・個性派キャストが出演する。
 
また、12月14日(土)・15(日)の2日間に亘って、東京ドームシティにて行われる円谷プロ史上最大の祭典【TSUBURAYA CONVENTION 2019】のオープニングセレモニーに本作『シン・ウルトラマン』の樋口真嗣監督と主演の斎藤工の登壇が決定!会場での新たなる情報の解禁も予定している。
 
『シン・ゴジラ』が初代『ゴジラ(1954 年)』の現代社会での再構築であったように、放送開始当時初めてテレビで“ウルトラマン”を目撃した時と同様の衝撃を再びもたらすことを目指す『シン・ウ ルトラマン』。様々な言葉の意味を持ちうる「シン」の言葉を冠にした新たなプロジェクトに、強力なキャスト陣が加わり、いよいよ本格始動する。
 
【有岡大貴(Hey! Say! JUMP)コメント】
物心のついた時から当たり前のようにウルトラマンをVHSで見て、当たり前のようにウルトラマンの人形で遊んでいました。世代を超えて、そんな子供が日本中に居たことと思います。そんなウルトラマンが、庵野さんと樋口監督の手により令和の時代に、さらにパワーアップして僕たちの前に現れてくれること。最高のエン􏰁ーテイメント作品の誕生に胸が熱くなります。ご出演者の皆様に比べ、僕はお芝居の経験が少ないです。足を引っ張ってしまわないか、オファーを頂いた時は正直嬉しさよりも不安の方が上回ってしまいました。でも『シン・ウルトラマン』という作品に恥じぬよう誠意を込めて務めさせて頂きます。
 
【早見あかりコメント】
まさかあのウルトラマンの世界に自分が飛び込むことが出来るなんてまだ夢のようです。私自身が 『シン・ゴジラ』を観た時に感じたあの興奮をまた皆様にも『シン・ウルトラマン』でお届け出来ると思うと楽しみです。正直、緊張や不安もありますが、庵野さん、樋口監督、出演者の方々と共に『シ ン・ウルトラマン』の世界を精一杯生き抜きます。
 
【田中哲司コメント】
地元の鈴鹿山脈の山間から、いつか怪獣が顔を出すのではないかと、子供の頃、よく空想してました。「ウルトラマン」は僕たち世代にとって、特別な作品です。 そんな僕が、恐らく最強のチーム『シン・ウルトラマン』に参加出来る事は最高の喜びです。最善を尽くします。
 
製作 :(株)円谷プロダクション、東宝(株)、(株)カラー
配給 :東宝(株)
製作プロダクション:(株)東宝映画、シネバザール
出演:斎藤工、長澤まさみ、西島秀俊ほか
C2021「シン・ウルトラマン」製作委員会
2021年 全国東宝系にて公開予定
 

監督・森達也×記者・望月衣塑子が“今” と“メディアの正体”に警鐘を鳴らす、ドキュメンタリー『i-新聞記者ドキュメント-』特報解禁

【ニュース】
現代日本に大きな衝撃を与え大ヒットを記録した、権力とメディアの“たった今” を描いた衝撃の問題作『新聞記者』のプロデューサーが、私たちが生きる“今” と“メディアの正体”に警鐘を鳴らす、新感覚ドキュメンタリー『i-新聞記者ドキュメント-』が11月15日より、新宿ピカデリーほか全国公開される。この度、特報映像が解禁された。本作は、オウム真理教を題材にした『A』やその続編『A2』、そしてゴーストライター騒動の渦中にあった佐村河内守を題材にした『FAKE』などで知られる映画監督で作家の森達也監督が、東京新聞社会部記者・望月衣塑子の姿を通して日本の報道の問題点、ジャーナリズムの地盤沈下、ひいては日本社会が抱える同調圧力や忖度の正体に迫る社会派ドキュメンタリー。
 
蔓延するフェイクニュースやメディアの自主規制。民主主義を踏みにじる様な官邸の横暴、忖度に走る官僚たち、そしてそれを平然と見過ごす一部を除く報道メディア。そんな中、既存メディアからは異端視されながらもさまざまな圧力にも屈せず、官邸記者会見で鋭い質問を投げかける東京新聞社会部記者・望月衣塑子。果たして彼女は特別なのか?この国の民主主義は本当に形だけでいいのか、メディアはどう立ち向かうべきか。これまでも一方的なメディアの報道のあり方に疑問を呈し、情報により変容する日本社会を浮き彫りにした作品を多数発表してきた、森達也監督の真骨頂ともいえる新たな手法で、望月記者の姿を通じて日本社会が抱える同調圧力や忖度の正体を暴きだす。
 
菅官房長官や前川喜平、籠池夫妻など、ここ数年でよくメディアに登場した渦中の人間が続々と登場。報道では決して映し出されない、現代日本の真の姿。既存の社会派ドキュメンタリーとは一線を画する、新たな社会意識をもった前代未聞のドキュメンタリーが誕生した。
 

 
この度解禁となった特報映像には、沖縄辺野古基地の赤土問題などを取材し、政府関係者に強く言い寄る姿が映し出される。「フィクション」を越えた衝撃の「リアル」は描き出されるのか。続報を待ちたい。
 
企画・製作:河村光康 エクゼクティヴ・プロデューサー:河村光康
監督:森達也 出演:望月衣塑子
2019 年/日本映画 制作:スターサンズ
配給:スターサンズ
©2019『i –新聞記者ドキュメント-』
 
公式サイト http://i-shimbunkisha.jp
 
11月15日(金)より、新宿ピカデリー他、全国順次公開
 

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』第二弾キャスト解禁!大倉忠義と成田凌の狂おしく切ない恋を阻む恋敵たちに吉田志織・さとうほなみ・咲妃みゆ・小原徳子が参戦

【ニュース】
2020年上半期に公開となる、大倉忠義主演作『窮鼠はチーズの夢を見る』の新キャストが解禁!原作は、 セクシャリティを越え、人を好きになることの喜びや痛みをどこまでも純粋に描き、圧倒的な共感を呼ぶ心理描写から、多くの女性から支持を得た水城せとなの傑作コミック「窮鼠はチーズの夢を見る」/「爼上の鯉は二度 跳ねる」。日本を代表する映画監督・行定勲がメガホンをとり、受け身の恋愛ばかりを繰 り返してき主人公・大友恭一を大倉忠義、恭一へ一途なアプローチを繰り返す今ヶ瀬渉を成田凌が演じる。
 
今回、新たに出演が明らかになったのは恭一を取り巻く女性を演じる4名。 会社の後輩で恭一に恋心を募らせる・岡村たまきを『チワワちゃん』のヒロイン・チワワちゃ ん役で注目を集めた吉田志織、恭一の大学時代の彼女・夏生をゲスの極み乙女。のほ な・いこか(Dr)こと、さとうほなみ、恭一の妻・大友知佳子を元宝塚歌劇雪組トップ 娘役の咲妃みゆ、そして恭一の不倫相手・井出瑠璃子を『ジムノペディに乱れる』、『片腕マシンガール』の小原徳子が演じる。
 
行定監督は「彼女たちは今ヶ瀬にとっては自分の恋路を阻む刺客的な存在。それぞれ全くイメージが異なるようにしたかった。」と4名の女優の起用についてコメント。
 

 
また、原作にも印象的に登場する海辺のシーンで、静かにただ海を見つめるふたりの姿を捉えた場面写真も、併せて初解禁!また新キャスト4名からのコメントも到着している。
 
 
【吉田志織(岡村たまき役)コメント】
色々な形をした感情を与え合い、受け取り合う。人の原動力ともなる好きという気持ちに限界なんてなく、正解もなく、間違いもないと再確認させられるようなそんな原作が映画化し、自分がその作品に参加出来たことを本当に嬉しく思います。行定組は初めてでしたが毎日が刺激的な日々でした。この作品が沢山の方に愛され、楽しんでもらえると嬉しいです。
 
【さとうほなみ(夏生役)コメント】
全員が全力で恋をして苦しんでもがいている、美しいだけじゃない人間の恋のお話だと感じました。登場人物によっていくつかの恋模様があるので胸にグッとくるストーリーがあるのではないかと思います。 そして、10代の頃から夢であった行定監督の作品に出演することができていまだに泣いております。大倉さんと成田さんの濃ゆい現場にはいられなかったので映像で観られることがとても楽しみです。
 
【咲妃みゆ(大伴知佳子役)コメント】
私たちが、誰かを・何かを愛することによって生まれる感情や行動は十人十色で、こうあるべき!と他者は指し示せない純粋なものなのだと、この作品に携われたことで改めて実感しました。繊細なお言葉で的確に導いてくださり、納得のいくまで物語を追求 なさる行定監督...今回初めてご一緒させて頂けたことを心から光栄に思っています。老若男女問わずお一人でも多くの方にご覧頂けたら嬉しいです。どうぞ宜しくお願い致します!
 
【小原徳子(井出瑠璃子役)コメント】
本気の恋をする相手が必ずしも異性とは限らない。自分が好きになった相手がそうなる可能性はいつだってある。それがこんなにも純粋なものだと知ったら、私はそれを見ていたいと願ってしまうかもしれない、と、この作品に出会って思いました。流されながらも葛藤する恭一を振り向かせたい女達の中で、私が演じた瑠璃子にも注目して頂けたら嬉しいです。行定監督が描く切なくて甘美で艶やかな愛を、映画館で堪能してください。
 
【ストーリー】
広告代理店に勤める大伴恭一は優柔不断な性格が災いし、不倫を繰り返してきた。ある日彼の前に妻から派遣された浮気調査員として現れたのは、卒業以来会うことのなかった大学の後輩・今ヶ瀬渉だった。不倫の事実を隠す代わりに彼が突きつけてきた条件は、「カラダと引き換えに」という信じられないものだった...。はじめは拒絶していた恭一だったが、7年間一途に想い続けてきたという今ヶ瀬のペースに乗せられ、やがて彼と過ごす時間が心地よくなっていくのだが・・・。
 
原作:水城せとな「窮鼠はチーズの夢を見る」/「俎上の鯉は二度跳ねる」(小学館「フラワーコミックス α」刊)
監督:行定勲 脚本:堀泉杏
出演:大倉忠義 成田凌 吉田志織 さとうほなみ 咲妃みゆ 小原徳子
配給:ファントム・フィルム
©水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会
公式サイト http://www.phantom-film.com/kyuso /
 
2020年上半期公開
 

『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐 竜パニック!!』Blu-ray&DVDが2019年12月4日(水)発売決定!!

【ニュース】
2019年7月より全国公開した『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐 竜パニック!!』のBlu-ray とDVDが、2019年12月4日(水)に発売されることがわかった。現在、絶賛放送中のTVシリーズのエピソードゼロともいうべきストー リーで、この夏大ヒットし、ぴあ映画初日満足度でも1位を獲得した本作。コレクターズパックの映像特典にはメイキングや舞台挨拶の映像も収録予定となっている。
 
【商品情報】
12月4日(水) 発売 同日レンタル開始
『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』
発売:東映ビデオ株式会社 販売:東映株式会社
DVDレンタル
映像特典(予定) : 特報 劇場予告 TVスポット
DVDセル
価格:2,800円+税
DSTD20287/COLOR/本編30分(予定)/片面1層/1.主音声:ドルビー5.1ch/ バリアフリー日本語字幕/16:9 LB
●映像特典(予定) : 特報 劇場予告 TVスポット
コレクターズパック (Blu-ray+DVDセット)
価格:4,800円+税 BSTD20288/COLOR/本編30分(予定)/本編(blu-ray:1層 DVD:片面1層) /blu-ray:リニアPCM(5.1ch) DVD:1.主音声:ドルビー5.1ch/ バリアフリー日本語字幕/blu-ray:16:9【1080p Hi-Def】 DVD:16:9 LB
●映像特典(予定)
メイキング 舞台挨拶 特報 劇場予告
TVスポット PR集 データファイル ポスタービジュアル
 
【キャスト】
一ノ瀬颯 綱啓永 尾碕真花 小原唯和 岸田タツヤ 兵頭功海
金城茉奈 森田涼花 北原里英 佐野史郎 吹越満
※実際とは異なる場合がございます。
【スタッフ】
原作:八手三郎 脚本:山岡潤平 
監督:上堀内佳寿也
音楽:吉川清之 アクション監督:福沢博文
主題歌:「ケボーン!リュウソウジャー(Movie Edition)」Sister NAYO
特撮監督:佛田洋
(C) 2019 劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会 (C) 2019 テレビ朝日・東映AG・東映
 
【ストーリー】
恐竜時代へタイムスリップ!?マイナソーの能力によって、6,500万年前の地球にやってきたコウたち。そこには本物の恐竜たちと、 ご先祖様であるリュウソウ族の世界があった! しかしそこにあらわれた巨大マイナソーがリュウソウ族を滅ぼそうと大暴れ!!さら に超巨大隕石が地球に迫り大ピンチ!!リュウソウジャーたちは、古代の騎士竜とともに、地球の未来を守ることができるの!? 「リュウソウジャー」誕生の秘密に迫る!
 

映画『ジョン・ウィック:パラベラム』トム・ブラウンとジョン・ウィックが合体!!

【イベント】
9月24日、映画『ジョン・ウィック:パラベラム』公開を記念して、二人揃って柔道初段の格闘派というお笑い芸人コンビのトム・ブラウンが、都内にて行われたイベントに登場!布川ひろきは自慢の長髪を生かし、主人公・ジョン・ウィックになりきり、相方のみちおは、ジョン・ウィックを狙う最強の刺客・ゼロの表の姿である“寿司屋”の姿で登場!さらにイベントでは、ジョン・ウィックになりきった観客の前で、ジョン・ウィックにちなんだ「合体」ネタを披露した。
 
会場にはおよそ50名の観客が、スーツスタイルで来場。ジョン・ウィックさながらに、華麗にブラックスーツを着こなす人が 集結し、熱狂的なファンの姿が数多く見受けられた。ゲストであるトム・ブラウンも、本作のキャラクターをモチーフにした“なりきり”スタイルで登場すると、拍手が巻き起こった。
自慢の長髪を生かし、主人公・ジョン・ウィックになりきった布川は、「最初、このオファーが来た時、本当にロン毛にして良かったなと思いました。 我々の芸風と合っていて、危険な匂いを放っているかと思います」と挨拶。相方のみちおは、何故か“お寿司屋”の出で立ちで登場すると「昼間はお寿司屋、夜は殺し屋という、本作でジョン・ウィックを襲うニンジャ・ゼロをモチーフにしました。修行を重ねたので、今日はイイ寿司を握りたいと思います」とコメントし笑いを誘った。
 
一足早く、本作を鑑賞したというみちおは「映画が大好きで、特にゾンビ、アクション、タイムループ系の映画が好きですが、『ジョン・ウィック』シリー ズも全シリーズ鑑賞済みです。最新作『ジョン・ウィック:パラベラム』は、前作の終わりから続くストーリーでしたが、初見の人も楽しめる内容で、非常に親切に作られているなと感じました。今後の展開を勝手に予想すると、『仁義なき戦い』の様になるのではないかと思っています」と語り、映画愛の片鱗を見せつつ、本作を褒めちぎった。
 
このみちおのコメントを聞いた布川は、「みちおは映画が大好きなので、映画トークの時は絶対ボケないんですよ(笑)。僕も一早く観ましたが、めちゃくちゃ楽しかったです。アクション、格闘シーンを見た時に、普通に凄いと感じました」と称賛した。
 
またジョン・ウィックが華麗な柔道技を披露していた事にについて、布川は「僕たちは柔道部の先輩、後輩の間柄なんです。ジョン・ウィックが、柔道技の体落をしていましたが、めちゃめちゃ奇麗にかけていました。本当に強い人の、柔道技を披露していました」と柔道家目線で、キアヌの体術を褒めちぎった。みちおは、「ジョン・ウィックが、全世界の殺し屋達から逃げる様に、僕たちは学生時代、パンツ一丁で校内を逃げ回っていました(笑)」 と言い放ち、笑いも。
 

 
さらにトム・ブラウンは、本イベントの為に自らの十八番ネタである“合体”ネタを用意してきたといい、なりきりジョン・ウィック達の前で披露することに。 みちおが「“ジョン・ウィック”を5人集めて、“クレバー”なジョン・ウィックレバーを作りたいんですよ...、絶対に」と言う掛け声で、話題の漫才がスター ト! みちおが“ジョン・ウィックです”を連呼していると、突如“ジョン・レノン”が混ざり、そのまま合体を果たす事に!?するとジョン・レノンの名曲を歌いながら、ジョン・ウィックが銃で敵を倒していく姿に...。布川はその光景を見るや否や「ダメ~~~!」とツッコミを入れると、会場は笑いで包まれ、“ジョン・ウィック”+”ジョン・レノン“の状態のまま、続けて合体する人物は、キムタクこと、木村拓哉!合体を果たすと、ジョン・レノンの名曲のリズムに乗せて“ちょまてよ!”と言いながら、ジョンが銃をぶっ放つという異様な状態に。
さらに本作に登場するジョン・ウィックファミリー、バワリー・キングが現れ、最後の合体にチャレンジ! 見事”ジョン・ウィックレバー”となり、合体大成功!! 会場から爆笑が巻き起こる一幕となった。ネタ中にアキレス腱伸ばしてしまったというみちおは「布川君の汗が凄かったんです。めちゃめちゃ緊張しているだろうなと思いました(笑)」と漫才中の裏側を明かした。
 

 
最後にジョン・ウィックに扮した観客たちと、殺し屋組織の管理部の女性になりきった“サバゲ―界のアイコン”【メンツ:戦え!!ぴっちょり~な(声優・YouTuber)、かざり(元自衛官タレント)、MAYO(MOYOZONES デザイナー)、こんちゃん(モデル)】と共に、フォトセッションを実施、 大盛況のうちにイベントは終了した。
(オフィシャルレポート&スチール〕
 
監督:チャド・スタエルスキ
出演:キアヌ・リーブス/ハル・ベリー/イアン・マクシェーン/ローレンス・フィッシュバーン/マーク・ダカスコス/アンジェリカ・ヒューストン
配給:ポニーキャニオン
R15 ®,TM&©2019SummitEntertainment,LLC.AllRightsReserved.
 
10月4日(金)全国ロードショー
 

アニメ映画『ぼくらの7日間戦争』声優キャスト解禁! 北村匠海 芳根京子 がW主演声優に決定!!

【ニュース】
1985年からシリーズ出版が続き、宮沢りえデビュー作の実写映画の記憶が色褪せない宗田理の名作が、ついにアニメ映画化!2,000万部を発行するベストセラー小説『ぼくらの七日間戦争』シリーズを原作としたアニメ映画「ぼくらの7日間戦争」が、12月13日より全国公開される。
 
この度、本作の声優キャスト陣が解禁された。学校では目立たない歴史マニアの鈴原 守 (すずはら まもる)を演じるのは、『君の膵臓をたべたい』にて日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『君は月夜に光り輝く』などで若者の絶大な支持を受け、ダンスロックバンド「DISH//」のVo./Gtとして幅広い活躍を魅せる北村匠海。守が片思いしている本作のヒロイン 千代野 綾 (ちよの あや)には、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」のヒロインを務めあげ、2018年には『累 -かさね -』と、『散り椿』での演技が評価され日本アカデミー賞新人俳優賞受賞し、主演作のオファーが殺到する芳根京子の2人がW主演声優に決定した。
 
この2人の起用理由についてKADOKAWAは「大人に戦争を仕掛ける”という物語に現実的な説得力を持たせられる俳優さんに守と綾を託したいと思っていました。北 村さんと芳根さんなら、これまでの出演作を拝見してきた中で、心に想いを秘める繊細さと大胆な行動力の相反する要素を持ち、守と綾の真意を理解して声を吹き込み、誰もが応援したくなるキャラクターにしてくださると思いオファーしたのですが、リハーサルではお二人のあまりのフィット感にスタッフ全員が驚きました。」とコメント。日本を代表する若い世代に人気の実力派若手俳優が夢の初共演を果たし、新時代の「7日間戦争」を作り上げるという。
 
アニメ好きを公言し、オファーの前から原作を読んでいたという北村は「10代特有の悶々した感情を代弁してもらっている感覚で読んでいたので、今回オファーいただいた時に迷わず『ぜひ、やりたいです』と言わせて頂きました。」と語り、芳根も「小学生の時から図書館にあった作品で、たくさんの方に愛されている作品にこうして携われることが出来て嬉しいです。」と名作シリーズ参加への喜びを語った。
 
また、初共演となるお互いの印象について、北村は「本番に入る前に声を聞いた時、声で引き込む力のある方だと思いまし た。」とベタ褒めし、負けじと芳根も「北村さんは、とにかく多才だな、と思いました。お芝居やられて、歌もやられて、声のお仕事まで!」 と褒め返し、息のあったコンビネーションをみせた。原作の「ぼくらの七日間戦争」は、それぞれの時代に沿った共感できるストーリーが大きな魅力のひとつでもあるが、北村は「原作はその当時の学生運動とかバックボーンがあるなかで、今回の彼らの“戦争”は現代 的でもありながら、この世代の繊細な“吐き出せない想い”を描いていると思います。最後の最後には大きな玉手箱がありますし...! 読んでいて本当にワクワクする脚本でした。」と、アニメーション化にあたり現代版にアップデートされた名作シリーズの物語にも期待が高まるコメントを寄せた。
 
キャスト:北村匠海 芳根京子
原作:宗田理『ぼくらの七日間戦争』(角川つばさ文庫・角川文庫/KADOKAWA 刊) 監督:村野佑太
脚本:大河内一楼
制作:亜細亜堂
配給:ギャガ KADOKAWA
製作:ぼくらの7日間戦争製作委員会
 
12月13日(金)全国ロードショー
 

映画『見えない目撃者』初日舞台挨拶 吉岡里帆 高杉真宙、浅香航大、田口トモロヲ が登壇

【イベント】
9月20日、公開を迎えた映画『見えない目撃者』。この日、東京・丸の内TOEIにてキャスト登壇の舞台挨拶を実施。主演の吉岡里帆をはじめ、高杉真宙、浅香航大、田口トモロヲが出席した。目の見えない元警察官の主人公なつめ演じた吉岡「本日はお越しいただき、ありがとうございます。みなさんにはこれから劇場のなかでドキドキハラハラしていただくと思うのですが、その前にほんわかした時間を一緒に過ごせればと思います。」、なつめとともに事件解決に奔走する”もう一人の目撃者”の春馬を演じた高杉は「初日を迎えて、お客さんのように嬉しく楽しい気持ちです。 今日はいろいろな話ができればと思いますので楽しんでください。」、2人が目撃した女子高生連続殺人事件を追う刑事の一人で少年係を担当する日下部を演じた浅香は「無事に初日を迎えることができて嬉しいです。本日は楽しんでいってください」、 引退間近のベテラン刑事で、なつめたちの事件解決の手助けをしていく木村を演じた田口は「お忙しいなかこんなにもたくさんの方に集まっていただき嬉しいです。非常に面白い作品に出来上がったと思っておりますので楽しんでください」とそれぞれがあいさつ。
 
先日、本作のプロモーションのキャンペーンで、大阪、福岡、熊本を訪ねてきたという吉岡と高杉。MCが各地のお客さんの反応について尋ねると、吉岡は「なかには映画上映後に舞台挨拶をした回もあったのですが、本当に大きな拍手で迎えてもらえて、”お客さんに届いたんだ”と実感できてとっても嬉しかったです」と胸いっぱいにコメント。高杉は「上映後の熱量が特にすごくて、いい作品ができたんだなって実感できましたね」と振り返った。
 
本作の見どころは、テレビでは絶対不可能なR15+の”攻めに攻めた”演出!劇中のシーンはもちろん、現場でも監督のこだわりによって攻めに攻めた撮影が繰り広げられていたことから、本作の”攻めたポイント”と”攻められたポイント”を語ってもらうことに。
”攻めポイント”で吉岡が挙げたのは”盲導犬パルとの逃走シーン”「盲導犬というと実際はおとなしくて、柔らかい雰囲気が出ているイメージだと思うのですが、今作の役者犬のパルは一味違います。逃走シーンは、パルと息を合わせて、全力で攻めて撮りました。スタッフのみなさんが気遣ってくださり、撮影中はパルに触って声をかけていいのは私だけで、ほかのみなさんは話 しかけたり、触れられないというルールがあったのですが、常に一緒に過ごして絆を作っていきました」と、パルとの撮影秘話も明かした。
 
高杉が挙げたのは”この映画に挑戦できたこと”。高杉は「台本読んだときから攻めた作品だなと思っていたのですが、改め て映像を観て、”こんな風に仕上がったんだ”と笑ってしまうくらい攻めていて驚きました。それくらい完成度が高くて、本当に挑戦することができてよかったなと心から思いました」と手応えを感じたようだ。
浅香が挙げたのは”最後の20分”「仕上がった作品を観たときに、最後の20分がかなり攻めているなと感じました。無音のシーンが続くんですが、咳一つできない緊迫感がずっと続いていて。内容を知っている僕でも、観終わったあとはTシャツが汗で濡れていましたね」とコメント。
 
田口が挙げたのは”ストーリー展開とリアリティを重視した描写。田口は「劇中の R15+の描写は、テレビだと絶対アウトに なるレベルですね。監督が日本的なリアリティにすごくこだわっていて、警察官をはじめとしたアドバイザーの方々に耳をかたむけて、細かく演出をつけられていたのがとても印象的です」と熱弁すると、吉岡も「今の時代ではなかなか放送できないくらい攻めていますよね。だからこそ、みなさんに映画館に来てよかったと思わせるパワーのある作品だと思います」と同調。
 
続いての”攻められポイント”で吉岡が挙げたのは、”容赦ない攻撃シーン”。吉岡さんは「猟奇殺人鬼との対峙のシーンは、ホ ラー映画を観ている怖さというより、人が人を追い込んでいく怖さがしっかり描がかれます。また、わたしが演じている目の見えないなつめのように、見えない恐怖感もちゃんと味わえるような作りにもなっていて、冒頭からなつめとバディを組んで一緒に捜査していくような恐怖感を感じていただけるかなと思います」と明かした。
 
高杉が挙げたのは”車に狙われるシーン”。「犯人に追いつきそうでなかなか追いつかない感じや、狙われているような描写は攻められながら撮影しました。台本で展開を知っているのに、本当にドキドキしながら撮影していました。」とコメント。
  
最後に代表して主演の吉岡から「こうやって満席の会場を見ると嬉しくて目頭に来るものがあります。いい作品を作るために、全員がとにかくむき出しになって、振り絞るようにこの作品に携わっていたと、自信をもってお伝え出来ます。なつめを演じるにあたって、目の見えない方に取材をさせていただいたときに、強い意志を持って生きている姿がたくましくてしなやかな美しさがあるなと感じました。本作でも真の強さというものがが描かれていきます。そのようなものを感じ取っていただければ嬉しいなと思います」と本作に込めた想いを寄せ、舞台挨拶は大盛況のなか幕を閉じた。
(オフィシャルレポート&スチール〕
 
監督:森淳一
吉岡里帆 高杉真宙
大倉孝二 浅香航大 酒向 芳 松大航也 國村 隼
渡辺大知 栁俊太郎 / 松田美由紀 田口トモロヲ
脚本:藤井清美 森淳一
音楽:大間々昂
主題歌「ユラレル」みゆな (A.S.A.B) Based on the movie ‘BLIND’ produced by MoonWatcher
企画・制作プロダクション:ROBOT・MoonWatcher
幹事・配給:東映
(C)2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ (C)MoonWatcher and N.E.W. R-15 指定
公式HP:http://www.mienaimokugekisha.jp 
 
大ヒット公開中
 

映画『初恋ロスタイム』初日舞台挨拶 板垣瑞生 吉柳咲良 竹内涼真 河合勇人監督が“ロスタイム"現象を舞台挨拶で再現!?

【イベント】
9月20日、映画『初恋ロスタイム』が全国公開となり、東京・新宿バルト9にて初日舞台挨拶を実施。本作が初主演となる板垣瑞生、初映像作品となる吉柳咲良、そして2人を支える竹内涼真、河合勇人監督が登壇した。会場から大きな拍手が巻き起こり登場したキャスト陣!しかし、登場途中にピタリと4名が突然揃って静止<ロスタイム>の発生に観客から大歓声が上がった。これは、劇中に登場する世界のあらゆるものが静止する現象=”ロスタイム現象“を舞台挨拶で再現した演出。4人が息の揃えて動かない様子を見た観客からは、さらに大きな歓声が上がった。
 

 

 


 


板垣は、「今日この日を迎えられて本当に幸せに思っています。楽しい時間にしましょう!」と挨拶。続けて吉柳は「待ち望んでいた初日をこうして皆様と一緒に迎えることが出来て幸せです。」とコメント。竹内は「板垣くんの初主演映画、吉柳さんの初映像作品と、2人の”初めて“に立ち会えて幸せな気持ちです」と幸せそうに答えると、河合監督は「ようやくこの初日を迎えることができました。たくさんの人に見てもらえて感無量です」と思いを語った。
 
初日を迎え板垣は、「素敵な共演者の方々とご一緒出来て、あらためて良かったと思えました。色んな経験をさせて頂けましたし、(本作を見て)少しでも日常生活が楽しくなったなと思って頂ければ嬉しいです!」と笑顔をみせた。
吉柳は「撮影初日の時は、自分にできるのだろうかという緊張と、これからどうなっていくんだろうという不安もあったのですが、時音が前向きで明るくて自分の意思をちゃんと持っている子だったので、時音に背中を押してもらいながら前向きに取り組めました」と、15歳とは思えない、しっかりとしたコメント披露すると、板垣と竹内も感心しきり。そして、板垣と吉柳との共演について聞かれた竹内は、「吉柳さんは初映像作品ですよね?僕が初映像作品に出た時はもっとヤバかったですよ!ドラマ『仮面ライダードライブ』の変身のシーンで力入れすぎて、体を反っちゃってたんですよ!」と衝撃の撮影秘話を披露し、会場を笑いに包み込むと、続けて、「でも吉柳さんは現場ではすごく堂々としていたし、撮影の合間で宿題をやっていて尊敬しました」と吉柳の仕事への姿勢を褒め称えた。
MCから、やり直したいことがあるかと聞かれた板垣は、「全くありませんでした。後悔したくないし、1カット1シーンが挑戦でした。河合監督は、初めから僕のやりたいと思ったことに対して、好きなようにやらせて下さりました」と監督へ感謝。吉柳に向けても「すべてにおいて初めてなはずなのに、映像を見た時、本当に初めてなのかな?と思うくらい堂々としていて。それが凄く素敵になった映画なので、吉柳さんが初めてだからこそ意味のある作品になったと思います。」と共演の喜びを語った。
フレッシュな2人の演技について河合監督は「眩しくて眩しくて…。よくキラキラしている作品は撮るんですけど。いつも照明さんに助けて頂きながら撮影しているのですが、二人はそんな助け要らずで、眩しいくらいのキラキラを発してくれていました。」と2人の演技を絶賛。さらに、印象に残ったシーンを聞かれた竹内は板垣に対して「映画初出演で初キスシーンってやっぱり緊張した?」と興味深々の様子で質問すると、板垣は「歯磨きは買いましたね!」と笑顔で回答。すると竹内も「俺はちなみに初キスシーンはめっちゃ歯磨いたの!」と返すと、吉柳は「そんなに覚えていないんです…頭まっしろでした」と照れながら撮影を振り返った。
 

 
竹内は、「今年初めて映像作品になるんですが、板垣さんと吉柳さんとも共演出来てうれしかったです」とコメント。吉柳は「私はこの映画を通して、人が誰かのため頑張る姿って、こんなに素敵なことなんだと感じてほしいと思っています。母から反省はして良いけど、後悔はしてほしくないと言われていて、それは結構難しいのですが、だからこそ、そんな時には1歩踏み出す勇気というものが凄く大切だと思います。見てくださった方の背中を押してくれるような作品になればいいなと思います。」と作品に対しての熱い思いを語った。
 
最後に板垣は「この映画は本当にたくさんの人に愛してもらっていて、色んな人のスタートになる映画かなと感じました。吉柳さんが初めての映画で、僕も初めて恋愛モノをやったので、これから見てくださるみんなが好きになるような映画になったら嬉しいです。」と語り、会場は大きな拍手に包まれながらイベントを終えた。
(オフィシャルレポート&スチール〕
 
配給:KADOKAWA
©2019「初恋ロスタイム」製作委員会
公式サイト https://hatsukoi.jp/
 
大ヒット公開中
 

実写版『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』日本吹替版にシティーハンターファミリー集結!冴羽獠役は山寺宏一!神谷明 伊倉一恵もスペシャルゲストで参戦

【ニュース】
「シティーハンター」のアニメシリーズは、冴羽獠役の神谷明、槇村香役の伊倉一恵をはじめとするレギュラー声優陣が魅力のひとつ。本作の吹替制作に際して、神谷明の元へオファーが届くが、今回は実写作品の”冴羽獠”であることから、神谷は獠役を辞退。その後、テレビシリーズの番組レギュラーとして「シティーハンター」の現場で育った山寺宏一に白羽の矢が立った。今年2月に公開されたアニメ映画『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』で、香の幼なじみの IT企業経営者・御国真司役という大役を務めた山寺にとっても「神谷明の冴羽獠」は特別すぎる存在。自分が引き受けていいものかと本気で悩んだ山寺に、<新宿プライベート・アイズ>の打ち上げで会った神谷明が「今回、自分は違う役で出るから、冴羽獠は山ちゃんに任せた!」と告げ、神谷明がためらう山寺の背中を押し、山寺は「とにかく憧れて、収録後、家に帰って神谷さんが演じる獠の真似をしていたほど。他の人がやるなら...とご依頼を受けました」 と語り、映画として本作を気に入った神谷明、伊倉一恵はスペシャルゲストとして出演することが決まり、この二人の後押しがあって本作の吹替版では、山寺宏一が”獠”を、そして沢城みゆきが冴羽獠の相棒”香”を演じることが決定した。
 
また、海坊主ことファルコン役を玄田哲章、香の兄・槇村秀幸役を田中秀幸、冴子役を一龍斎春水などアニメシリーズの声優陣が、実写版でも同キャラクターを続投。
他にも浪川大輔、多田野曜平、土師孝也、恒松あゆみ、三上哲らが出演。スペシャルゲストとして出演する神谷明(アニメ版 冴羽獠)、伊倉一恵(アニメ版 槇村香)がどの役で出演しているかも期待を高めている。
 
この豪華すぎて期待もっこり!?な《デラックス吹替版》。実写映画なのに、アニメを観ているようなワンダーな感覚になること間違いないだろう。
 
『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』は、11月29日(金)全国公開
 

『なすなかライブ~Buzz る!Buzz 晃行と Buzz 西茂樹~』10月1日新宿角座にて開催決定

【ニュース】
お笑いコンビのなすなかにしが新宿角座ライブ 『なすなかライブ~Buzzる!Buzz 晃行と Buzz 西茂樹~』を10月1日(火)19時より松竹芸能新宿角座にて開催が決定。日本テレビ系「ウチのガヤがすみません!」にてレギュラー出演中で話題を集める なすなかにしの新宿角座での定期ライブ。 前回のダンプ氏がプロデュースした本ライブは、流しタピオカを実演したり、なすなかの漫才を令和仕様に添削したりと満席の中大盛況に終わった。 そして、今回ゲスト作家に迎えるのは、細川拓朗氏。 「YouTube×コント」で独自の世界観を展開し、人気を博している YouTuber放送作家・細川氏。先日は以前から親交があるフワちゃんとコントに挑戦し、大きな反響を 呼んだ。ダンプ氏に続き、新時代型放送作家が「なすなかにし」とどうコラボするの か期待を高めている。
 

 
【那須コメント】
「どうも、BuzzBuzz にしの Buzz 晃行です。今回のライブは【Buzz る!Buzz 晃行 と Buzz 西茂樹】というのがテーマなのでどういうライブになるか今から胸がBuzzBuzzしてます。
是非お越し下さい。それから今さらですが Buzzって何!?おじさんですみません。それでは、また!」
 
【中西コメント】
こんにちは Buzz 西茂樹です。タイトルを見て実家の両親から名前変えたのかと連絡が来ました。とりあえず親族の中ではBuzzっています。何をするか全くわからないこのライブ。あなたのご来場をお待ちしております。
 

 
 【細川氏コメント】 
昔からオンエアバトルで拝見していたなすなかにしさんとライブができ、大変光栄です!なすなかさんが奮闘する姿をぜひ見に来てください! 僕も裏方として精一杯汗かかせて頂きます!それでは、また!
 
ライブ、チケットなどの詳細は以下を参照。
『なすなかライブ~Buzz る!Buzz 晃行と Buzz 西茂樹~』
https://www.shochikugeino.co.jp/kadoza_event/72668/
 

プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR