FC2ブログ

『ゲイツマジェスティ』公開記念舞台挨拶 奥野壮、続編やるならゲイツ×ツクヨミ W主演で

【イベント】
Vシネクスト『仮面ライダージオウNEXTTIME ゲイツ、マジェスティ』公開記念イベントが、2月28日、東京・新宿バルト9にて実施。キャスト・スタッフによる舞台挨拶には主人公・明光院景都/仮面ライダーゲイツ役の押田岳をはじめ、大幡しえり(ツクヨミ役)、板垣李光人(ウール役)、紺野彩夏(オーラ役)、兼崎健太郎(スウォルツ役)、諸田敏監督が登壇。サプライズで奥野壮(常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ役)も駆けつけた。
 




今作では主演の押田。「レジェンドライダーのみなさんからライドウォッチを渡すことが卒業式になると『仮面ライダー鎧武』の佐野岳さんに話してもらった。力を受け継いでいく重みを感じて芝居をしました。平成を締めくくる仮面ライダーとして、相応しい役者になれたらいいなと思ってました。」とコメントすると、奥野から「その話されたの俺だけどね(笑)」と暴露され、これは奥野の話を聞いてのコメントだったようで、押田も苦笑い。


また、ジオウ最終回では記憶がリセットされ、今作では普通の高校生となった景都。苦労したことについて尋ねると、「ゲイツというキャラを1年間演じてきて、体に染みついているものがあるので、そこは自分に任せて、後は引き算で、ゲイツの固いキャラを崩していくことを考えて苦労してました。」と振り返った。


次にレジェンドライダーとの共演でのエピソードを聞くと、押田は「所属事務所には特撮関係出身の先輩が、いっぱいいるんです。それで普段からお芝居や殺陣とか、稽古を一緒にやったりするので、いつか一緒に画面に立ちたいなというのが目標だったので、それがジオウという作品を通して、達成できたのが嬉しかったですね。」と笑顔をみせていた。
 




ジオウの1年半を振り返ってみて、奥野は「凄く楽しかったです!いままで経験したことのない毎日を1年半過ごしたので、毎日楽しかったよね?」と、押田、大幡に問いかけ、2人も楽しかったと答えていた。


また、テレビシリーズの『ジオウ』でも監督を努めた諸田監督に成長した部分について尋ねると、「成長したかな…ちょっとおしゃれになった感じかな。」と答え、会場を大いに沸かせた。「これまで1年間、大泉(撮影所)に通ったんだから、みんなそれぞれ自分の個性や自分なりのお芝居の取り組み方とか。1年間、同年代で切磋琢磨してきたので、互いに分かり易いのかなと思いました」としみじみ。映画では特に拘りもなく「シンプルに高校生の話を撮って、その楽しさが伝われば良い」と明かしていた。


舞台挨拶も終盤。続編を作るならと質問が飛ぶと、押田は「スウォルツが、最初に体育教師という説があったので、それをやりたいですね」と提案。またスウォルツ役の兼崎からは「恋愛もので、誰と誰が結ばれてとか、ちょっと濃いのが見たいですね。あと、ギトギトしたのとか」という案が飛び出し、押田、大幡、紺野も『やりたい!やりたい!』とはしゃいだ。
奥野からは「ゲイツ、ツクヨミダブル主演で、未来編が見たい!レジスタンス編とか」といい、押田も「いいね!」と賛同。客席からも拍手が沸き起こっていた。
(編集部)
 
     



    



出演: 押田岳
大幡しえり 渡邊圭祐 
板垣李光人 紺野彩夏 兼崎健太郎
村上幸平 木ノ本嶺浩
岩永洋昭 戸谷公人
奥野壮 / 生瀬勝久
原作:石ノ森章太郎
監督:諸田敏
脚本:毛利亘宏
音楽:佐橋俊彦
主題歌:「Brand New Day」TRIPLANE
公式サイト: https://vcinext-kamenrider-zio.jp
©2019 石森プロ・ADK・バンダイ・東映ビデオ・東映 ©2017 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
2月28日(金)より期間限定上映中
4月22日(水) Blu-ray&DVD発売



『ゲイツマジェスティ』完成披露舞台挨拶 押田岳 「ついに俺が真ん中!」喜びとともに立ち位置の違いに落ち着かず足震える

【イベント】
平成仮面ライダー20作記念作品「仮面ライダージオウ」の最終回のその後を描いたオリジナルVシネマ『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』完成披露上映会が、2月18日、東京・新宿バルト9にて実施。舞台挨拶には、主役の仮面ライダーゲイツ役の押田岳をはじめジオウオリジナルキャストが登場。さらに、レジェンド2号ライダーの戸谷公人、木ノ本嶺浩、村上幸平たちも劇中で着た衣裳で登壇し、諸田敏監督も駆けつけた。
 
【登壇者】
押田岳(ゲイツ/仮面ライダーゲイツ 役)
奥野壮(常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ役)
板垣李光人(ウール役)
紺野彩夏(オーラ役)
兼崎健太郎(スウォルツ役)
戸谷公人(海東大樹/仮面ライダーディエンド役)
木ノ本嶺浩(照井竜/仮面ライダーアクセル役)
村上幸平(草加雅人/仮面ライダーカイザ役)
諸田敏監督
 


客席から『ゲイツー!!!』と多くの声援を浴び、「久しぶり!気持ちいい!」と喜びを露わにした押田。今作では主演として迎えられた心境を問われると、「いゃーそれは嬉しかったですよ!ずっと、この人(奥野壮)の横に立ってるだけのキャラみたいで。」と、興奮気味。奥野からは「横に立ってるだけじゃないでしょ」とツッコミを入れられながら「『ついに俺が真ん中か!』これ絶対に言うんです。今回、真ん中は僕です!」と、嬉しさが止まらず、落ち着かなくて足は震えていると告白。
「芸人さんのようにコンビで立ち位置が変わると落ち着かないのと一緒です」と例えると、戸谷から「立ち位置変えれば?」と、先輩ライダーからのツッコミも。
 
立ち位置が変わり、落ち着かないという押田。奥野にも尋ねると、「僕はそんなに違和感なく僕が一番だというのは変わらず(笑)」とジョークを交えニヤリ。今作ではとても新鮮な気持ちで現場入りしたといい、「これまで一緒に戦ってきたので、安心感という気持ちがありつつ、現場に臨みました」と心境を明かし、押田も「『真ん中に立つってこんなに大変だったのか…』。僕よりも年下で、それを1年やってくれてたのは凄い有難いなと単純に思ってしまいました。」と、奥野に感謝を込めた。
 
また奥野は「予告編とか観て、本当に岳くんお芝居上手くなったなと思って、一緒にずっと芝居をしてきて、最初の頃だと、お互いおぼつかなかいところがあったり。改めて予告編でお芝居を観て、『あぁ、岳くん、カッコイイな』と思った」と絶賛。「カッコ良かった?今日、寝れない」と、押田もニッコリ。この話に諸田監督は「ノーコメントで(笑)」と返し笑いを誘った。


今作で映画作品に初出演を果たした兼崎、紺野、板垣のタイムジャッカー組の3人。板垣は「さすがに次は出るだろうと、夏映画、冬映画とお休みしてたので」、兼崎は「映画になると3人揃って必ず出掛ける」、さらに紺野、板垣で白倉プロデューサーに冬映画に出たいと懇願するも叶わずだったといい、紺野は「やっと出演できて嬉しい」と喜び。
 


今回、レジェンド2号ライダーとして、10年ぶりの出演となる戸谷、木ノ本。また村上は17年ぶり。毎年、9月13日はカイザの日として草加雅人を演じることもあったという村上は「草加を演じることに自信もあったが、ゲームのアテレコがあり、ファンから『似てないんだけど』と言われ、似てないってどうゆうこと?俺、本人だし!カイザ村上だよ!」とエピソードを披露。今回は再度、草加雅人と向き合って挑んだと明かす。
 


今作では、レギラュラーキャストが押田をはじめ高校生役と先生役とあって、実際の高校時代について尋ねると、現役の高校生の板垣は「友達も少なくて、お弁当も隅っこで食べてる感じだったので…」と、暗めの話になり、兼崎は「闇深い」、紺野も眉を寄せてしまうほどだった。そんな板垣もジオウでは高校で出来なかった青春が味わえたといい、楽しかったようだ。
奥野は「諸事情で辞めてしまったので、高校卒業できなかったんです」と切り出し、「でも、この作品(ジオウ)で卒業証書をもらうシーンがあったので、校門の前で撮ってもらった写真を、いまでも額縁に入れて家に飾っています。俺は高校卒業したんだよ」と嬉しそうに語り、会場は客席からの温かい拍手に包まれた。
 
今作で、学生服を着るシーンがある戸谷は「久々に学生気分を味わえた。もう先生ぐらいの歳なのに制服を着させていただいて満喫しました。かなり差はありましたけど」と話すと、客席から「似合ってた!」と、多くの声が飛び交い 戸谷も「まだ大丈夫みたいですね」と自信を覗かせる場面も。
また、この舞台挨拶ではお客さんによる撮影タイムも設けられ、会場は多くのシャッター音が鳴り響き大盛り上がりとなっていた。
(編集部)
 
     



     



     



     



   

 
出演: 押田岳
大幡しえり 渡邊圭祐 
板垣李光人 紺野彩夏 兼崎健太郎
村上幸平 木ノ本嶺浩
岩永洋昭 戸谷公人
奥野壮 / 生瀬勝久
原作:石ノ森章太郎
監督:諸田敏
脚本:毛利亘宏
音楽:佐橋俊彦
主題歌:「Brand New Day」TRIPLANE
公式サイト: https://vcinext-kamenrider-zio.jp
©2019 石森プロ・ADK・バンダイ・東映ビデオ・東映 ©2017 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
2月28日(金)より期間限定上映中
4月22日(水) Blu-ray&DVD発売

『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』公開記念イベント 押田岳、ファンの声で実現した主演作に「ようやく俺が一番だ!」と喜び

【イベント】
Vシネクスト『仮面ライダージオウNEXTTIME ゲイツ、マジェスティ』公開を記念して、キャストトークショー&キャラクター握手会が、2月3日、東京ソラマチ内「J:COM Wonder Studio」にて開催された。トークショーには、本作の主人公 明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツ役の押田岳が登壇。会場には平日ながらも多くの子どもたちが来場し、トークショーでの質問タイムでは子どもたちからの質問に押田が直接答えた。
 


子どもたちからの声援で迎えられた押田は「こんなに集まってくれるとは思わなかった」と驚きと喜びをみせ、ニッコリ。テレビシリーズでは、2号ライダーとして、ジオウをサポートしてきたゲイツ。今作ではゲイツが主人公で、押田は主演。この話を聞いて「ようやく奥野(ソウゴ/ジオウ)の前に立てるのかと。1年間サポート役に徹して来ましたが、『ようやく俺が一番だ!』と嬉しかったです。メインになって撮影も楽しかった」と喜びを露わにしていた。
 
今作の制作には多くのゲイツファンの声があって実現したことに押田は「みなさんSNSとかファンレターとか沢山送ってくださって、僕、全部読んでるんですけど、本当に力になってました。ありがとうございます」と、多くの声を寄せたファンに感謝を述べた。
 
また、1年間、共演してきた奥野からはアドバイスはあったのかと問われると、「壮とは、作品で1年間通して、いろんな話し合いながらやってきて、『岳くんの好きなことやればいいよ』と言われてて、この作品だけじゃなくずっと支えになってました。」と回顧。プライベートでも奥野とは遊ぶこともあったといい、初対面から2週間後には2人でカラオケにいったことを明かし、押田自身、カラオケにはあまり行かないものの奥野と打ち解けるためだったとい、カラオケでは奥野と「曲の趣味が合う!」と、そこで一気に打ち解けられ、仲良くなれたと吐露。他の共演者とも撮影終わりに食事に行くほど仲良しになったという。
 
小さい頃に仮面ライダーになりたかったか問われると押田は「どっちかというと、5人いる方になりたかったんです。」とぶっちゃ。それも青になりたかったと明かし、「そしたら1人で変身する方になった。今は仮面ライダーの方が好きなので嬉しいですよね!変身ですよ!」と喜びいっぱいで答えていた。
 
また、イベントでは会場に集まった子どもたちからの質問を受け付け、押田が直接答えた。
 


女の子から「初恋の相手」と告げられると押田は「本当に?大きくなったら、もう1回、来てね。バレンタインデー近いし、チョコ待ってるね」と優しく接していた。
 
質問の中でもカラオケの得意曲を聞かれると「主題歌の『Over“Quartzer”』歌うよ。あと、お兄ちゃん、なぜか1曲(キャラクターソング)持ってるから、それも歌うよ。でも、カラオケで75点しか出ないよ。本人なのに(笑)」と、自虐を交え会場を笑わせると、ライドウォッチは何個持っているんですか?と問われ、「一応、体に20個付いてるから」と、さらに沸かせていた。
 


また男の子から「変身の時のウォズの『祝え!』って大事なの?」と問われると、押田は「これはね、ウォズの存在意義が関わる。多分、すごく大事だと思うよ。今度、ウォズのお兄ちゃんに会ったら聞いとくね」と、丁寧に回答。さらに好きな食べ物を問われると、悩みながら子どもの目線に合わせてしゃがみ込み「いま、一番びっくりしてるな…お兄ちゃんバナナ好きだよ。」と優しく答えていたが、予想外のさまざまな子どもたちからの質問に押田もタジタジになっていた。
 
最後に押田は「『仮面ライダージオウ』という作品を1年間、みなさんに応援していただいた。これで恐らく最後になってしまうじゃないかなと思って僕らも一生懸命作りました。ぜひ、目に焼き付けてくれればと思います。」とアピールした。
 


新フォーム・仮面ライダーゲイツマジェスティ


     



   

トークショー終了後には、平成2号ライダーの力が集結した本作オリジナルの新フォーム・仮面ライダーゲイツマジェスティが登場!握手会が行われ、子どもたちから大きなお友達も大興奮!最後まで笑顔が溢れるイベントとなった。
(編集部)
 
『仮面ライダージオウ』最終話のその後を舞台にしたオリジナルVシネマ。普通の高校生となった明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツ(演:押田岳)が、TVシリーズの主人公・常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ(演:奥野壮)らと共に、再びライダーに変身し新たな歴史を刻んでいく。2020年4月22日にBlu-ray&DVD発売。2月28日には、期間限定上映も決定している。
 
出演: 押田岳
大幡しえり 渡邊圭祐 
板垣李光人 紺野彩夏 兼崎健太郎
村上幸平 木ノ本嶺浩
岩永洋昭 戸谷公人
奥野壮 / 生瀬勝久
原作:石ノ森章太郎
監督:諸田敏
脚本:毛利亘宏
音楽:佐橋俊彦
主題歌:「Brand New Day」TRIPLANE
公式サイト: https://vcinext-kamenrider-zio.jp
©2019 石森プロ・ADK・バンダイ・東映ビデオ・東映 ©2017 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
2月28日(金)期間限定上映開始
4月22日(水) Blu-ray&DVD発売



Vシネ『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』TRIPLANEが歌う、主題歌「Brand New Day」に決定【コメントあり】

【ニュース】
Vシネクスト「仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ」の主題歌「Brand New Day」が解禁。歌うのは、楽曲のクオリティの高さからアニメ「ONE PIECE」のエンディングテーマや北海道日本ハムファイターズ「10th Season プロジェクト」テーマソングをはじめ数々の楽曲がタイアップとして起用されている3人組バンドのTRIPLANE。発表された主題歌「Brand New Day」は、ボーカル&ギターの江畑兵衛が作詞・作曲を手掛け、編曲はTRIPLANEよるもの。これから進んでいく新たな道への期待と勢いを感じさせる一曲だ。自らの道を決めて歩むゲイツたちを送り出す主題歌としてぴったりな楽曲になっている。彼らからコメントも到着している。
 
【TRIPLANEコメント】
僕らの幼少期を彩った仮面ライダー。いつの時代も子供達を夢中にしてくれて、そしてその余韻は大人になっても決して色褪せない。今回、そんな仮面ライダーの主題歌に起用してもらえて本当に心から光栄です。ジオウ、ゲイツは強い気持ちで敵と戦いながらも、戦いで失うものへの葛藤があり、彼らが持っているであろう内面もイメージしながら曲を作りました。様々な困難や葛藤を乗り越えて、それでも未来へ向かうというポジティブな歌詞と、それを更に増幅させるような演奏とアレ ンジに仕上がったと思います。
 
このTRIPLANEの手掛けた主題歌「Brand New Day」はVシネクスト『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』の初回限定版である「ゲイツマジェスティライドウォッチ版」の封入特典に“主題歌CD”として封入される。
 

 
通常版 DVD 4,500円+税 Blu-ray 5,500円+税
【特典(予定)】 映像特典:MAKING、TRAILER、DESIGNGALLERY、POSTERGALLERY
音声特典(Blu-rayのみ):オーディオ・コメンタリー
押田岳×戸谷公人×白倉伸一郎プロデューサー
 

 
【ゲイツマジェスティライドウォッチ版 (初回生産限定)】
DVD 10,000円+税 Blu-ray 11,000円+税
【特典(予定)】 封入特典:DXゲイツマジェスティライドウォッチ、ライナーノート、主題歌CD
映像特典: MAKING、TRAILER、DESIGN GALLERY、POSTER GALLERY 音声特典(Blu-rayのみ):オーディオ・コメンタリー 押田岳×戸谷公人×白倉伸一郎プロデューサー
 
【劇場先行販売版 Blu-ray+DVDセット】
6,500円+税 ※劇場上映初日から発売開始 【特典(予定)】 封入特典:ポストカード
映像特典: MAKING、TRAILER、DESIGN GALLERY、POSTER GALLERY 音声特典(Blu-ray のみ):オーディオ・コメンタリー 押田岳×戸谷公人×白倉伸一郎プロデューサー
※DVDスペック(全種同様) COLOR/本編50分(予定)/片面1層/1.主音声:ステレオ/16:9LB
※Blu-rayスペック(全種同様)
COLOR/本編50分(予定)/1層/1.リニアPCM(ステレオ) 2.ドルビーTrueHD(コメンタリー:ステレオ)/16:9【1080p Hi-Def】
(C)2020石森プロ・ADKEM・バンダイ・東映ビデオ・東映 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADKEM・東映 配給・発売:東映ビデオ 販売:東映 
 

 
出演:押田岳
大幡しえり 渡邊圭祐 板垣李光人 紺野彩夏 兼崎健太郎
村上幸平 木ノ本嶺浩 岩永洋昭 戸谷公人 奥野壮 / 生瀬勝久
原作:石ノ森章太郎
脚本:毛利亘宏 音楽:佐橋俊彦
監督:諸田敏
2020年2月28日(金)期間限定上映開始
4月22日(水) Blu-ray&DVD発売

『劇場版 仮面ライダージオウ』公開記念舞台 仮面ライダーバークルス役のDA PUMP ISSAが“変身”を初生披露!全員で“バイーン”ポーズ


【イベント】
7月26日に封切られた『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』。公開と同時にそのサプライズ溢れる演出や登場キャラに歓喜の声がSNSで拡散され大ヒットに向け好スタートを切った。そして28日、東京・丸の内TOEIにて公開記念舞台挨拶を実施。舞台挨拶には、奥野壮、押田岳、大幡しえり、渡邊圭祐のレギュラーキャスト陣に加え、田﨑竜太監督、本作の主題歌「P.A.R.T.Y. ~ユニバース・フェスティバル~」を担当し、仮面ライダージオウらの前に立ちはだかる歴史の管理者・クォーツァーとして出演もした、DA PUMP(ISSA、YORI、TOMO、KIMI、U―YEAH、KENZO、DAICHI)のメンバー7人が揃って登壇した。
 
最初に奥野、押田、大幡、渡邉、田﨑監督が登場すると大歓声で迎えられ、奥野は「『えっ!牛三!カレー知らないの!?美味しんだよー』」、押田「『まぁ食えばわかる!』」、大幡「『えっ!?ゲイツが信長の影武者!?』と、次々に劇中のセリフを引用すると、これを聞いていた渡邉は思いつかないのか悩み困惑の表情をみせつつ、「『ご飯は多めにもらえるかな』」と同じくセリフを引用し、大いに沸かせ、お客さんから声援をもらうと安堵の表情をみせた。
 

 
ここで、ISSAをはじめDA PUMPのメンバーが揃って登場!主題歌「P.A.R.T.Y. ~ユニバース・フェスティバル~」が流れる中、リズムを刻み、軽く踊りながら登壇するとお客さんも大興奮!会場には、拍手と大歓声が響きわたった。
 

 
ISSAは「今回、やっと変身することができました」と喜び。既にDA PUMP全員が鑑賞済みとあって感想を尋ねると。U―YEAHは「今日に至るまで不安で不安でしょうがなかったんです。僕たちの演技ややりたい放題の主題歌が合ってるのかどうか…」と明かし、「そんな不安を見事に打ち砕く映画だったので光栄でした」と胸を撫で下ろし、実は「とあるライダーのファンで、まさかそんなサプライズが用意されているとは思わなかったですね。監督の頭はどうなっているんだろうと思いましたね」、ISSAは「『どうぇい!』の方でしょ」、すると田﨑監督から「アレは台本には書いてなかったんです。秘密だったので(笑)」と明かされ、「そうですよね!」とISSAも驚きの様子をみせ、他のメンバーからもそのサプライズな部分に話題は集中し、TOMOも「あの効果音を久しぶりに聞いたなあと思って、インパクトが凄くて(笑)」、KENZOからも「大興奮で小学生に戻った感じがして、みんなで観てていろいろなライダーが出てくると、ISSAさんなんか『うわっ!ヤバい!』と叫んでたので楽しかったですね」と大盛り上がり。
 

     


 

     


さらに仮面ライダーの大ファンのISSAに話を振ると「僕、話しちゃうと、ずっと続くんで、いろんな思いが、この映画の62分の中にあったので話し出すと止まらないんで」とライダー愛をみせ、本作については「ヤバかったです。また今日も涙してしまいました」と大満足してるようだ。
 

 
田﨑監督からは「平成ライダーを締めくくる映画のラスボスとしてこれ以上に相応しい人はいないかなと、ISSAさんにお願いして、ご快諾いただき本当に良かったと思います。ありがとうございます」と御礼とともに客席からも大きな拍手と声援が送られた。
 

    


 


さらに、舞台挨拶では、ISSAが変身ポーズを披露することに。するとISSAは仮面ライダー1号の変身ポーズをみせ、奥野から「それ、違います!」とツッコミを入れられる場面も。そして改めて思いを込め”仮面ライダーバールクス”の変身ポーズを披露!「こだわったといえば、(撮影)合間にこの練習をずっとしてました」と振り返り、その様子を見ていた奥野は「はじめてですよね?って感じで見てました。かっこよすぎて!」と大絶賛。「もうライドウォッチの使い方が…全然、指が回らないし難しくて、『痛てて!』なってました」と苦労はあったもののISSAも念願の変身も叶えた喜びで乗り切ったようだ。
 

 

 
最後には全員で主題歌『P.A.R.T.Y. ~ユニバース・フェスティバル~』の中で決める“バイーン”ポーズでフォトセッション。ISSAは「仮面ライダーが好きで良かった!」と万感の思いで舞台挨拶を締めくくった。
(編集部)
 
 
 




 


劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会 ©石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 ©2019 テレビ朝日・東映 AG・東映
 
映画公式HP http://zi-o-ryusoul.com
 
絶賛公開中!
 

プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR