FC2ブログ

『劇場版シティーハンター』お誕生日記念“もっこり”応援上映会イベントで「Happy Birthday to You」大合唱で獠ちゃんをお祝い!!

【イベント】
2月8日(金)から全国251のスクリーンで封切られ、衝撃の“もっこり”大ヒットスタートを記録。アニメ作品では週末興行収入ランキング1位に輝き、SNS上でも絶賛の声が続々と寄せられた。現時点でのトータル興行収入は累計14億5000万円を突破し、観客動員もついに100万人を突破(1,454,884,020円/1,024,798人 ※3/26現在)昭和の終わりに始まった“シティーハ ンター伝説”が平成が終わりを告げる今年、“新たな伝説”として再び輝きを放ち大注目を浴びている。
 
そして、3月26日が主人公・冴羽獠の誕生であることを記念し、急遽《獠ちゃんお誕生日記念舞台挨拶付き“もっこり”応援上映会》を開催。原作者の北条司、本作の総監督を務めたこだま兼嗣、冴羽獠役の神谷明、槇村香役の伊倉一恵、サンライズの制作プロデューサー小形尚弘が登壇した。
 
今回の舞台挨拶は全国70の劇場でライブビューイングを実施しており、神谷は「こんなに多く舞台挨 拶の壇上に立ったのは人生で初めて。皆さんの声援のおかげです。」と感謝の気持ちを述べた。公開から1ヶ月半ほど経ってもまだまだ勢いが止まらない本作。観客動員数 100万人、興行収入14億を突破しており、こだま監督は「100万人突破ありがとうございます。 たくさんの方に観ていただけて本当に嬉しいです。」、北条先生は「30万人いけば嬉しいな、50万人いったら奇跡。100万人というのは信じられない。感無量です。」と驚いた様子で語り、小形プロデューサーも「想定以上の大ヒット。本当にありがとうございます。」と、改めて感謝 の言葉を口にした。また、お客さんの反応で一番心に残ったことを聞かれ、伊倉は「お客さんの気の利いたツッコミに笑っちゃう。」と笑顔で答えていた。
 


そして、本日26日は冴羽獠の誕生日、31日は槇村香の誕生日ということで、バースデーケーキが用意され、獠と香のビジュアルが描かれたケーキが出てくると会場から「Happy Birthday to You」の大合唱とともに温かい拍手が送られ、神谷をはじめ登壇者一同感激した様子で、壇上で写真を撮り合いながら喜びを語った。 
 

最後に神谷は「夢のようです。関わった多くのスタッフを代表して、感謝申し上げます。全国の方からの声援もちゃんと届いています。これからも上映が続く限り、応援してください。」と本作の大ヒットに改めて感謝を伝えた。
(オフィシャルレポート&スチール)
 
公式サイト:https://cityhunter-movie.com/
配給:アニプレックス
(C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会
 
大ヒット上映中!
 

『劇場版シティーハンター 』「獠ちゃんお誕生日記念 舞台挨拶付き“もっこり”応援上映会」開催決定!!

【ニュース】
北条司原作の新宿を舞台に様々な依頼を受け、法で裁けぬ悪と闘う「シティーハンター」。超一流の射撃の腕をもつ、裏社会No.1の始末屋(スイーパー)の冴羽獠。だが彼は無類の女好き…相棒の槇村香と2人の活躍を時にハードボイルドに、時にコミカルに描く本作。
 
観客動員数100万人突破の大ヒット!“シティーハンター”に全世代が熱狂中!公開から6週間が経とうとしている今でも、シティーハンターの勢いはとどまる所を知りません!2/8(金)~ 3/21(木)の42日間で観客動員数100万人、興行収入14億円を突破。(観客動員数:1,011,145 人/興行収入: 1,434,993,220円 ※3/22現在)今もなお成績を伸ばし続けている。
 
 
そして、主人公である冴羽獠(リョウ)の誕生日である3月26日(火)にTOHOシネマズ新宿にて『獠ちゃんお誕生日記念 舞台挨拶付き“もっこり”応援上映会』を開催。さらに舞台挨拶は全国70の劇場でライブビューイング中継されることも決定した。舞台挨拶には原作者・北条司先生の登壇も決定し、こだま兼嗣総監督、冴羽獠役・神谷明、槇村香役・伊倉一恵とともに獠ちゃんのお誕生日をお祝いすべく、会場に駆けつける。
 
往年のファンの方々が何度も劇場に足を運ぶ姿が印象的で“昔のままのシティーハンター”“懐かしい名曲たち”に何度も出会うべくリピーターが続出。各地で開催されている応援上映ならぬ「“もっこり”かけ声応援上映会」 も若い世代の方々からは、“現代に置き換えられた設定”や“冴羽獠の昭和のヒーロー像”が好評となっている。
 
【開催概要】
日時:3月26日(火) 19:00の回上映後 場所:TOHOシネマズ 新宿
登壇者(予定):北条司、こだま兼嗣総監督、神谷明、伊倉一恵 ほか ※登壇者は、予告なく変更となる場合がございます。
 
詳細は公式 HP 内舞台挨拶ページ( https://cityhunter-movie.com/theater/talksession/ )をご参照ください。
 

映画『劇場版シティーハンター 』大ヒット御礼舞台挨拶 TM NTEWORK宇都宮隆からのコメントに大歓声

【イベント】
2月8日に全国251のスクリーンで封切られた本作。興行成績は、土日の2日間で観客動員数 179,980人、興行収入 257,118,420円を記録!公開4日間《2/8(金)~2/11(月・祝)》は観客動員数 324,824人、興行収入 451.596,920円を記録する“もっこり”大ヒットスタート!アニメ作品では週末興行収入ランキング1位に輝いた。
この大ヒットを受け、2月16日(土)に新宿バルト9にて大ヒット御礼舞台挨拶が行われ、神谷明、伊倉一恵、一龍齋春水、こだま兼嗣(総監督)、諏訪道彦プロデューサー(読売テレビ)、植田益朗プロデューサー(スカイフォール)、小形尚弘プロデューサー(サンライズ)が登壇した。客席から登場した神谷、伊倉、一龍齋に会場からは大きな拍手と歓声が上がり、更に神谷が「待たせたな。俺を呼んだのは君だろ」と劇中の台詞を使って挨拶すると、会場は一気に熱を帯びた。
公開から一週間が経ち、周囲からの反応を聞かれたこだま総監督は「この業界に携わっている人たちから大きな反響を受けております。」とコメント、現在声優学校の先生として教えているという伊倉は「生徒達が尊敬の目を向けてくれるようになりました(笑)鼻が高いです(笑)」と笑顔で語り、神谷は「ツイッターをやっているんですけども、昨日【厳しい目を持って観に行ったんですが、面白くて楽しかったです】というツイートを見てほっとしました(笑)声優になった時の夢が、【親子二代で観てもらえるように声優として長生きしたい】でした。今三代になりつつあります。もうちょっと頑張らないとね(笑)」とそれぞれ周囲からの反応について語った。 植田は「私はネットを探りまくって、悪いことを書いてるやつを潰しています(笑)スイーパーですから(笑)」と冗談を交えつつ、「色んな方から祝辞を頂きまして、本当に嬉しいです。今日こうしてここに立っていられるのも、皆さんのお蔭です。本当にありがとうございます」と語った。
 
また今だから話せる制作現場、アフレコ現場の裏話について聞かれたこだま総監督は「今回は新宿の街を描こうと思いまして。前のシリーズでは新宿の特定の場所が分かるようには描いていないのですね。ただ今回は映画という事で冴羽獠が生活している場所、そこに冴羽獠がいる、訪ねて行ける場所を映像できちんと出 そうとしました」とコメント。この話を受けて諏訪がバスターミナル新宿についてと話しだすとこだま総監督が「元々脚本に入って無かったのに諏訪さんがいきなりバスターミナルで戦ってくれって言いだして(笑)」とバスターミナルが作品に登場した経緯を暴露し、制作陣の仲の良さが伝わってくるやりとりを見せた。
 
神谷は自身の演技について「音声だけ入ったDVDを貰って見せて頂いたんですけども、再放送で聞く冴羽獠の声と劇場版の声が違っているかなと思い、特に冒頭部分はもっと当時に寄せたい、皆様に違和感を感じられないようにしたいと思い、撮り直しをさせて頂きました」とアニメ業界では異例である撮り直しを行ったことを明かした。 一龍齋は「今回若い人たちが私達の演じているところをずっと見ていて背中に視線が刺さって(笑)自分が願っている音が出ないときに、『皆外に出て下さい』とお願いしてしまいました(笑)」とアフレコ時の話を語った。また、小形が先輩である諏訪、植田に対し「今回で諏訪さん、植田さんが業界から引退されるということで、 そういう気持ちで作りました(笑)」と語り、諏訪、植田からツッコミを受ける場面もあった。
 
また、今作の大ヒットを祝して TM NTEWORKの宇都宮隆からお祝いのメッセージが寄せられたことが司会から伝えられ、会場は歓声に包まれた。
 
【TM NTEWORK 宇都宮隆コメント】
改めて「劇場版シティーハンター」公開おめでとうございます。今回のシティーハンターのエンディング楽曲において、北条さん含め、スタッフの皆様満場一致でオリジナルの「Get Wild」を採用いただいたというお話を耳にして、とても嬉しく思います。2019年の今なお愛されるシティーハンター。今回の作品にも 携われたこと、大変光栄に思うと同時に、心より感謝いたします。引き続き多くの方に見てほしい作品です。 
TM NETWORK 宇都宮隆

最後に神谷が「“次”に繋がるように皆で頑張っていきたいと思います。どうぞなお一層、シティーハンターご贔屓の程お願い申し上げまーす!!」と挨拶し舞台挨拶を後にした。
(オフィシャルレポート&スチール)
配給:アニプレックス
(C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会
大ヒット公開中!

『劇場版シティーハンター 』公開記念舞台挨拶

ムービーコア
 
【イベント】
新作として20年ぶりに復活した『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』が2月8日に公開された。この公開を記念して、東京・TOHOシネマズ 新宿にて舞台挨拶が行われ、主人公・冴羽獠役の神谷明、冴羽獠のパートナー槇村香役の伊倉一恵をはじめ飯豊まりえ、山寺宏一、戸田恵子、北条司先生、こだま兼嗣総監督が登壇した。
 
新宿を舞台に様々な依頼を受け、法で裁けぬ悪と闘う「シティーハンター」こと冴羽獠。超一流の射撃の腕をもつ、裏社会No.1の始末屋(スイーパー)だが、 無類の女好き。相棒の槇村香は依頼人の女性に手を出そうとする獠を時に“撃退”しつつも、仕事のパートナーとして獠を支え互いに成長していきます。2人の活躍を時にハードボイルドに、時にコメディチックに描く。

 
『俺を呼んだのは、君たちだろ?』冴羽獠の名セリフであいさつ。大歓声に包まれ、原作者の北条氏から「みなさんどうでしたか?面白かったですか?」と感想を客席に問いかけると、『面白かった!』との声とともに大きな拍手をもらい北条氏も「ありがとうございます!マジ感動してる!」と喜びを露わにした。
 
本作には『キャッツ・アイ』が登場することが発表されており、さらに戸田恵子や坂本千夏のオリジナルキャストが演じることで話題沸騰となっていた。原作者の北条氏も「来たな!いつかは来ると思ってた」といい、泪と瞳の二役演じた戸田は「こんな機会がもらえるとは夢にも思ってなくて、ちゃんと務まるのか不安だったんですけど、非常に懐かしい時間を過ごせて幸せでした」と笑顔をみせ、「『キャッツ・アイ』と『シティーハンター』のファンがこんなにいたんだと気付かされ、私も精一杯やらせてもらいました」と喜びのコメント。 
また伊倉は脚本に『キャッツ・アイ』が登場することが書いてあり、大親友の坂本千夏に話したくて仕方がなかったといい、坂本の顔を見るたびにLINEするたびに「千夏ちゃん出るんだけどなと、ずっと思っていたので楽しみにしてました」と明かした。
 
新人声優の頃、サブキャラクターで幾度と出演し「テレビシリーズで冴羽獠に一番やられた男。そしてシティーハンターに育ててもらった者として嬉しく思います」と本作で御国役を演じた山寺は再び『シティーハンター』参加への喜びを声にし、「こんな大変な役をもらって嬉しいです」喜びいっぱいの様子。神谷から「プロデューサーと『絶対に出てもらおうね』と話をしてて、それが今回、素晴らしい役で完結して僕も感激です!」と明かし、山寺も「ありがとうございます!」と感謝を込めた。
 
舞台挨拶も終盤、伊倉は「映画を終えたらテレビシリーズがやりたい欲が出てきて、深夜でもBSでもいいのでどうでしょうか?欲が出てきました」と語り、観客からも大きな拍手をもらい、神谷も「同じことを考えていたんですけど、僕の場合、あまり大きな望みは持たずに僕の大先輩の山田康雄さんがやっていた『ルパン三世』のように時々帰ってくるそういうものになったら嬉しいなと思ってます」と願望を明かし、「僕たちが抱いている夢を実現させるそのためには尚一層の皆様のお力添え頂きたいと思います」と、『シティーハンター』シリーズ化に意欲をみせた。
(編集部)
 
原作:北条 司 総監督:こだま兼嗣(「シティーハンター」「名探偵コナン」) 脚本:加藤陽一(「妖怪ウォッチ」) キャスト:神谷 明、伊倉一恵、飯豊まりえ、山寺宏一、一龍斎春水、玄田哲章、小山茉美、大塚芳忠、徳井義実(チュートリアル) 
チーフ演出:佐藤照雄・京極尚彦 
キャラクターデザイン:高橋久美子・菱沼義仁 総作画監督:菱沼義仁 美術監督:加藤浩(ととにゃん) 色彩設計:久保木裕一 撮影監督:長田雄一郎 編集:今井大介(JAYFILM) 音楽:岩崎琢 音響監督:長崎行男 音響制作:AUDIO PLANNING U アニメーション制作:サンライズ 配給:アニプレックス
公式サイト:https://cityhunter-movie.com/
(C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会
大ヒット公開中!
 

『劇場版シティーハンター 』完成披露イベント開催!!

ムービーコア
【イベント】
あの「シティーハンター」が、長編アニメーション映画として復活を遂げる。 その名も『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』。新宿を舞台に様々な依頼を受け、法で裁けぬ悪と闘う「シティーハンター」こと冴羽獠。超一流の射撃の腕をもつ、裏社会No.1の始末屋(スイーパー)だが、 無類の女好き。相棒の槇村香は依頼人の女性に手を出そうとする獠を時に“撃退”しつつも、仕事のパートナーとして獠を支える。現代の新宿を舞台に完全 新作オリジナルストーリーで復活!『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』完成披露イベントが、29日、東京・TOHOシネマズ 新宿にて開催。舞台挨拶の前にはACORN 新宿東宝ビル店 前広場にて、本作で進藤亜衣役を演じる声優初挑戦の飯豊まりえ、神谷明、伊倉一恵、一龍齋春水 、小山茉美、こだま兼嗣監督らと27人の冴羽獠が新宿歌舞伎町に登場!総勢27名の冴羽獠と、本作の舞台となる新宿・歌舞伎町をバックにフォトセッションを行い本作の完成披露イベントのスタート切った。

会場をTOHOシネマズ 新宿の劇場内に移動し行われた完成披露舞台挨拶には、TM NETWORKの名曲 Get Wildが流れる中、神谷明、伊倉一恵、飯豊まりえ、一龍齋春水、小山茉美、北条司先生(原作者)、こだま兼嗣監督らが登壇。大歓声に包まれた。


するとチュートリアル・徳井義実が美女たちを引き連れ「おいおい!俺を忘れちゃ困るぜ!待たせたな冴羽獠だ!」と登場!「俺を読んだのは君たちかい?依頼なんてどうでもいいからその辺でみんなでモッコリしようぜ!」と叫び、飯豊は「徳井さん、イベントの空気を読まんかい」とバルーン製の100tハンマーを使って愛のツッコミが炸裂!シティーハンターの冴羽獠と槇村香の名物シーンを完全再現!大きな笑いに包まれた。
本作について、こだま監督は「今回の話はみなさんが期待してる通りの話の昔ながらの『シティーハンター』を扱っています。だから画面などもあまり加工せずに、昔の感覚で楽しめると思います」とコメント。次に原作者の北条は「待たせたね!でも僕は何もやってません(笑)」と笑いを誘った。
シティーハンターは、『キャッツ・アイ』を連載中に読切りを描くことになった北条が、主人公を誰にするかと考えた時に『キャッツ・アイ』の準レギュラーでもある「ねずみ」というひょうきんなキャラクターを主人公にしてガンアクションものを考えた時に誕生したのが、『冴羽獠』だったという。また人気もあったことから短編を描き、『キャッツ・アイ』連載終了し、次は『シティーハンター』となったのがはじまりだったという。さらに北条は「今回の作品はファンに対しての恩返しというのもあり、どれだけ若い人たちが観てくれるかも興味がありドキドキしてます」と述べた。

声優初挑戦となった飯豊は「母が『シティーハンター』の大ファンなんです!親孝行です」と、興奮気味。「本当に母が喜んでいるんです。私も嬉しいです」と明かした。
また、初めてのアフレコ収録の時には、こっそり神谷が見守っていたといい、「21歳のナイーブさと感性と台詞に彼女の持っている可愛らしさ、さらに演技は抜群でした」とベタ褒め。小山も「可愛いかった」と絶賛。飯豊も「やり終えたら凄い楽しかったのを覚えてます」と振り返っていた。

『シティーハンター』復活について、再び冴羽獠を演じた神谷は「オファーを頂いた時に、びっくりするのと、嬉しいのと、あと、不安が襲ってきまして、当時のように表現することができるだろうか…でも嬉しさが勝り、やることになり、1年かけて、今できる冴羽獠を作り上げました」と力を込め、「アニメーションは若い人たちが観るので、僕らが老けちゃうとダメなんです。だからお客様に引っ張られて若さを保ってます。モッコリエキスを!」と秘訣を明かした。
槇村香を演じた伊倉は「最初は心配はありました。絵は全然変わらないのに、順調に歳をとっているので大丈夫かなと、心配はありました。でもスタジオに入って、みんなの顔を見てやり出してみたら『あら?大丈夫かも』となって、久しぶりにハンマー持って思いっきり暴れさせて頂きました」と笑顔を見せていた。
野上冴子を演じた一龍斎(旧名 麻上洋子)は「私は冴子の役が大好きで、身の周りに男性がいると『ねぇへ』とこんな感じで」と艶やかな声を披露。「このキャスティングでやれたのは神谷さんが頑張ってくれたから、もうみんなで感謝です。ありがとうございます」と感謝を込めた。
神谷も「一言、みんなの声を聞いて20年前に戻りました。全然変わってなくて嬉しかったです」と喜びを露わにしていた。
美樹を演じた小山は「一足先に作品観たら、とにかくみなさんの声が変わってなくて驚いたんですよ。そうしたらその夜に『シティーハンター』が再放送してたんです。そうしたら20年前と同じ声してるんですよ」と驚いたという。

最後に神谷から「当時の『シティーハンター』がなんの違和感もなく現代にスライドしてます。それは脚本家の加藤陽一さんのお陰だと思います。シティーハンターファン、各キャラクターファン、音楽のファン、みなさん満足して頂けると信じております。20年ぶりに帰って来ることができて、こんなに嬉しいことはありません。エンディングに『Get Wild』が流れてきます。そして映像をご覧ください。そこにはこだま監督からの愛が溢れています。僕は何度も泣かされました。是非見逃さないように」と本作をアピールし舞台挨拶を締めくくった。(編集部)
2019年――アニメ放送30周年記念プロジェクトとして新作長編アニメーションがその幕を開ける!声優陣は冴羽獠役の神谷明、槇村香役の伊倉一恵をはじめ、オリジナルキャストが“奇跡”の再結集。獠に依頼をする美人モデル、進藤亜衣役に本作が声優初挑戦の飯豊まりえ、香の幼馴染で気鋭の IT企業経営者、御国真司役に山寺宏一、さらに特別出演としてチュートリアル・徳井義実がゲスト参加する。スタッフは初代監督にして今回総監督を務めるこだま兼嗣のもと、脚本の加藤陽一など、オリジナルスタッフと初参加のクリエイターを織り交ぜた布陣となっている。物語は本作の為に書き下ろされたオリジナルストーリー。20年の時を経て、伝説のアニメ『シティーハンター』の 新たなる歴史が動き出す!
原作:北条 司 総監督:こだま兼嗣(「シティーハンター」「名探偵コナン」) 脚本:加藤陽一(「妖怪ウォッチ」) キャスト:神谷 明、伊倉一恵、飯豊まりえ、山寺宏一、一龍斎春水、玄田哲章、小山茉美、大塚芳忠、徳井義実(チュートリアル) 
チーフ演出:佐藤照雄・京極尚彦 
キャラクターデザイン:高橋久美子・菱沼義仁 総作画監督:菱沼義仁 美術監督:加藤浩(ととにゃん) 色彩設計:久保木裕一 撮影監督:長田雄一郎 編集:今井大介(JAYFILM) 音楽:岩崎琢 音響監督:長崎行男 音響制作:AUDIO PLANNING U アニメーション制作:サンライズ 配給:アニプレックス
公式サイト:https://cityhunter-movie.com/
(C)北条司/NSP・「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会
2月8日(金)ロードショー!

プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR