FC2ブログ

映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』トラ泣き感謝!御礼舞台挨拶

【ニュース】
映画初出演にして、初主演、そして猫役を演じたKis-My-Ft2の北山宏光と多部未華子、筧昌也監督が東京・TOHOシネマズ日比谷にて行われた、【トラ泣き感謝!御礼舞台挨拶】に登壇した。公開を迎え、SNSでは、「想像をはるかに超える感動作。」「まさかの猫スーツにこんなに泣かされるとは。」「新しい感動のパターン。」「最後の結末が悲しいだけで終わらない。」「何度も観たくなる」「久々に親を映画に誘いたくなった」などの声が続々とあがっており、北山扮するキュートなトラさんの姿に加え、多部未華子の母親役好演、温かくも切ない物語、そしてファンタジーな世界観、筧昌也監督のセンスが光る演出が大反響を呼んでいる。
 

この日、約500名の観客で満席状態となった会場に加え、47都道府県を含む全国70の劇場にて生中継された本日の舞台挨拶。熱気に包まれた場内に北山らが登場すると、各劇場からは割れんばかりの拍手と黄色い歓声が送られ、登場した北山は、報道陣からの大量のフラッシュを浴びながら、全国の劇場に集まった観客に対して手を振り笑顔で挨拶。続く多部、筧監督も、「今日は楽しんでいってください!」と喜びのコメント。
 
初めにMCから、本作が映画サイトやSNS上で高い鑑賞満足度を記録し、多くのリピーターが劇場に足を運んでいる現状が伝えられた北山は、「もちろん(反響の声は)届いてます!先日も、ムキムキの元マネージャーさんから「泣いた!」と連絡いただいて。普段、泣きそうじゃない方からも泣いたという声をいただけるのは、嬉しいです」と感謝の気持ちを告白。続く多部も、「親友がこれから観に行くと言っていたので、感想はこれからですが、楽しみです」と期待を寄せる中、筧監督が「『ハリウッドリメイクしたら?』って勧められたりもしました。こんなに大胆な猫表現は世界中探しても中々無いから、意外といけるんじゃないかなって(笑)」と豪語すると、北山もすかさず「What‘s!?」とハリウッド化を意識したジョークを飛ばし、笑いを誘った。
 
北山は改めて、各界から“ハマリ役”と評判だった<トラさん=猫役>への挑戦について、「斬新だったので、1シーン1シーン楽しみながらやらせていただきました。猫の動画を見て研究したりはもちろん、猫すぎず、猫と人間のバランスを取っていくのが難しかったかなと思います」としみじみ述懐。一方、北山演じる寿々男を支える妻・奈津子役で本格的な母親役に初挑戦した多部は、和やかな現場の様子を明かしつつ、猫姿の北山に向かって演技することについては、「寿々男として一緒に居る方が違和感があるくらい、北山さんの猫姿がすごく馴染んでいた」と飄々とコメント。多部の発言に、「寿々男としては違和感あったの!?」とツッコミ、「本当に猫スーツを着ている方が、みんな優しくて。それ以外はあんまり構ってくれなかった(笑)」と嘆く北山に対し、「いつも現場を盛り上げようとしてくださっていたので、私もこーちゃん(平澤)もすごく楽しかったです!こうして楽しい撮影を経て、映画が公開を迎えることができたのも、北山さんのおかげです!!」と焦った多部がフォローを入れると、会場は再び笑いに包まれました。
  
トーク中には、作品公式twitterにて一般応募された、鑑賞者の「#トラさんイチオシシーン」を発表する企画も行われ、最も反響の大きかったという【寿々男と奈津子が最後に笑い合うシーン】に話が及ぶと、北山は「僕の感覚ですけど、寿々男と奈津子のどっちが先に笑い出すか、という“かけひき”みたいな空気が実は撮影中には漂っていて。多部さんから先に笑い出してくれたんです。大事なシーンだったのでよく覚えています」とエピソードを披露。一方の多部は、「私はそのかけひきが記憶にないのですが…(笑)」と申し訳なさそうに笑いつつ、「でお、あのシーンは台本を読んだ時に、『なんで二人は笑い合うんだろう』と、結構考えを巡らせたシーンでした」と、感慨深い様子で語った。
 
次に反響の高かった【トラさんが、スーパーに向かう途中で歌う、“アブリサーモンの唄”】ついては、監督が「僕が前半部分にラップを入れようと北山くんに提唱して、後半は北山さんが考えてくださっったので、まさに二人の共作で生まれました」と誕生秘話を明かした。

またイベントでは特製“トラ猫”ケーキのお披露目も行われ、ケーキが壇上に運ばれるとひと際大きな歓声が!キュートなトラさんが寝そべる特製ケーキに、北山や多部も揃って「可愛いし、美味しそうですね!」と笑顔を見せていた。
 
さらに、イベントの後半には、北山への“スペシャルサプライズ”を実行!!今回、番組出演や取材等で100媒体を超えるメディアに出演、公開後には、筧監督とともに2日間で2,372kmもの距離を横断し、全国5カ所計10回の舞台挨拶に登壇した<座長・北山>に対し、筧監督がサプライズで手紙を披露。
 
北山君へ
 
北山君、この度は「トラさん」の主演を担ってくれて、ありがとう。
映画初出演にして、初主演、そして初猫。オファーが来たら、誰もが何度も聞き返すであろう、この斬新すぎる企画。最初から最後まで前向きに取り組んでくれたこと、本当に感謝しています。また、撮影している間も、多部さんや宏々路ちゃんと本物の家族をつくるべく取り組んでくれたのは、本当にありがたかったです。
つまり、北山君は、自分の頭に演出家を持っている俳優さんです。良い俳優さんは、皆頭の中に小さい演出家を抱えています。つまり、“リトルみっくん”です。その、“リトルみっくん”をこれからも大切に育てていってください。ちなみに僕も“リトルまーくん”を大切にしていきます(笑)
数多くの宣伝取材や収録も本当にお疲れ様でした。全11回に及ぶ舞台挨拶ツアーも楽しかったです。
舞台上で2人で話していく内に、次第に息もあってきて、僕等は来年あたりM-1も出られるんじゃないかなと思っています。
 
「トラさん」は、沢山の方に観ていただき、熱い感想や映画的な評価をいただいています。それは、多部さんを含め、出演者のみんな、スタッフの力でもあるけれど、最も大きかったのはやはり、北山くんの存在です。北山宏光という新鮮な存在に、皆さん驚き、感動を覚えているようです。それは、寿々男、そしてトラさんを真摯に生きてくれたからだと思っています。数年前、僕らに映画人としての期待を寄せた人はほとんどいなかったと思います。しかし、この映画で新しいスタート地点に立てたのではないかと思います。
 
またいつか共に作品を作れることを楽しみにしつつ、今後の役者・北山宏光の活躍に期待しています。
 
2019年3月5日 筧昌也
 
読み上げられた手紙に北山は「手紙はちょっとずるいですよ…!」と驚きつつ、映画初出演ながら真摯に役に向き合った北山に対し、筧監督の口から手紙を通して感謝の言葉が送られると、感激した様子で「『監督がどう思ってるのかな』って日々思いながら、撮影中はコミュニケーションを取らせていただいていたところもあって…。こんなにありがたいお手紙をいただけて、嬉しいです。映画って本当にみんなで作るものなんだなって、改めて感じました」とコメント。

手紙とともに、監督自らが書き下ろした、トラさん姿の寿々男(北山)、奈津子(多部)、娘の実優(平澤)ら“高畑家”が描かれた、温かなタッチのイラストがプレゼントされると、「可愛い!これは家のリビングで飾ります」と目を輝かせた。
  
最後に、「すでに多くの皆さんに観ていただいて、沢山の声も届いていますし、本当に嬉しいです」と、喜びを噛みしめた北山は、「素晴らしいスタッフ・キャストの皆さんと愛情をこめて作った映画ですので、これからご覧になる方も、ぜひ劇場で楽しんでもらえると嬉しいです」と締めくくった。(オフィシャルレポート&スチール)
 
大ヒット公開中!
 

映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』スペシャルメイキング映像&家族のメイキングカットも解禁!!

【ニュース】 
北山宏光の座長っぷりが垣間見えるなど、初出しのスペシャルメイキング映像が解禁された。公開となった映像では、北山宏光、多部未華子、平澤宏々路の3人が、劇中の“高畑家”の空気感そのままに、撮影の合間も仲睦まじい様子で戯れる姿が映し出されている。

 



 

初日舞台挨拶にて、「(北山さんは)すごい人。現場で一番盛り上げてくれたし、ピリピリすることもなく和やかな楽しい空気をいつも作ってくれたので、それは北山さんの人柄の良さなのかなって思う瞬間は沢山あった」と北山の振舞いを絶賛した多部の言葉通り、映画初主演ながら、北山らしい明るい“座長っぷり”が垣間見える現場は、約1か月の撮影のあいだ、スタッフを含めて終始和気あいあいとした雰囲気で進行したという。そこで生まれた家族の温かい絆と、一体感が作品にも反映されている。

 


また、映像には、「ハマリ役」「北山くんにしかできない」とマスコミや観客から賞賛の声が相次いでいる、【北山のトラさん(トラ猫)姿】も収録。猫役を演じるにあたり、猫の動画を見て動きを研究、さらには猫が二足歩行で歩けたとしたらどうなるかイメージを膨らませるなどして、独自の役作りで挑んだ北山が魅せる、“完全憑依”した細かな猫の仕草に加え、娘の実優(平澤)に猫じゃらしで遊ばれるシーンや、飯豊まりえ演じる、トラさんのよき理解者のお嬢様猫・ホワイテストとの街中でのシーンなど、どれも微笑ましいトラさんの姿からは、見ているこちらも、思わず笑顔になってしまう。
 
また映像の最後には、「初めての主演ということで、皆さんにたくさんのご迷惑をおかけしたかもしれませんが、自分なりに精いっぱいやらせていただきました」と笑顔でクランクアップを迎える北山の姿も。本作を、“たくさんの思い出がある作品”と振り返り、北山渾身の作品となったようだ。

 

 映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』絶賛公開中!

映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』2月22日は猫の日!記念!北山宏光トラさんの超キュートな“にゃんかわ頬ずり”カット初解禁!!

【ニュース】
公開を迎え、SNSでは、「想像をはるかに超える感動作。」「まさかの猫スーツにこんなに泣かされるとは。」「新しい感動のパターン。」「最後の結末が悲しいだけで終わらない。」「何度も観たくなる」「久々に親を映画に誘いたくなった」などの声が続々とあがり、北山扮するキュートなトラさんの姿はもちろんのこと、温かくも切ない物語、そしてファンタジーな世界観、筧昌也監督のセンスが光る演出が大反響を呼んでいる本作。
本日2月22日の<猫の日>を記念し、超キュート!な新カットが解禁された。今回解禁となった画像は、北山扮するトラさんが、娘の実優と頬ずりする、にゃんとも可愛い姿をシーンを捉えたもの。場面は、寿々男の葬式が執り行われた日の夜。トラ猫の姿で現世に戻った寿々男が娘の実優に拾われ、“トラさん”と名付けられる、トラさん誕生の瞬間の場面である。
 
前世ではイヤがられていた実優から積極的に近づいてきてくれることに、「こんなの何年ぶりだー!」と喜ぶ寿々男は、しばらく猫としての気楽な生活を満喫するが、やがて愛する奈津子や実優のために、いまの自分(=猫の姿)では何もしてあげられないことに気付いていく・・・。
 
寿々男の葬式での実優や奈津子とトラさんのやりとりは、鑑賞者の間でも反響が高く、本シーン以外にも、実優からマグロを食べさせてもらうトラさんが自然とガリに手を伸ばすシーンや、「トラさんを飼いたい」と実優にせがまれた奈津子がオスかメスかを確かめるべくトラさんの股を大きく開くシーンなど、コミカルなシーンがてんこ盛り!悲しいシーンのはずなのに笑えるかわいさが満載!特に、「台本に書かれていない余白の部分でどれだけ監督をクスリとさせられるか、台本を読みながらいつも考えていた」という北山のアドリブから生まれたという“ガリを食べる”シーンは必見!通常、猫としては考えられない行為だが、メガホンをとった筧監督が「形態模写をし過ぎると擬人化している意味がなく、実写映画=俳優の魅力を出すことの意味を熟考し、その塩梅は常に意識した」と語る通り、北山、多部、平澤の自然体な演技合戦によって、全く違和感のない世界感が作り上げられている。
 
3月5日(火)には、北山、多部、筧監督の3名が登壇する大ヒット御礼舞台挨拶の実施が決定!全国からの熱いリクエストを受け、47都道府県含む70劇場にて、舞台挨拶を生中継。3人のトークを聞いて映画を観ればさらに楽しめるだろう。
 
『トラさん~僕が猫になったワケ~』は、絶賛公開中!

映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』初日舞台挨拶 北山宏光、多部未華子、平澤宏々路、観客全員の猫姿のサプライズにびっくり!!

ムービーコア
 
【イベント】
北山宏光(Kis-My-Ft2)が映画初出演にして映画初主演、そして初の猫役の映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』が公開初日を迎え、東京・TOHOシネマズ 新宿にて初日舞台挨拶が行われ、主演の北山宏光、多部未華子、平澤宏々路、筧昌也監督が大きな拍手と大歓声で迎えられ登壇した。
450人の観客全員が猫耳を付け猫姿というサプライズに北山、多部、平澤もびっくり!?「本当だ!あれ!男の子も猫になってる!」と驚き目を丸くし、「可愛いですよ!」とニッコリ。

公開初日を迎え、映画初主演の北山は「待ちに待った初日。撮影から1年ぐらい準備期間があって、やっと皆様に観てもらえるので嬉しく思ってます」と喜びのコメント。
筧監督は「世界初の猫スーツ監督です!」と挨拶し、「撮影から1年。この作品は公開まで4年ぐらいかかりました。脚本を作っていることが僕の日常となっていたので、完成してから寂しくて、でも皆さんにこうして観ていただいてこそ映画は完成すると思うので、とても嬉しいです」と喜びを露わにした。
公開前から試写などで大きな反響があった本作。このことについて周囲からの反響を尋ねると、北山は「ヒロミさんが観てくださると言っていたので、『絶対観てくださいね!』と念を押しておきました。あと、Hey!Say!JUMPの薮(宏太)からは、『一緒に観に行こう』と誘われました。どこかで皆さんとお会いするかも…こっそりですけど」とニッコリ。
そんな北山に多部は「いつ、どこの劇場に観に行くんですか?皆んな遭遇したいでしょ」と詰め寄り、北山は「え!?、ここで俺ののスケジュールをバラすの?」とうろたえつつも多部や平澤の問いに最後には「…東京かな!」と明かし観客の笑いを誘った。
本作の反響について筧監督に尋ねると、「実は映画は11年ぶりなんです。テレビドラマとは違って映画になると宣伝期間も長いし、試写会もあるので、事前の反響の高さをとても実感しました。久々に連絡をくれた方も沢山いらっしゃったので、『映画は人と会えるなって』と思いました」としみじみ。
また北山について平澤は「撮影中、毎朝同じ飲み物を持って撮影に来るので『何を飲んでるのかな?』と思ってました」と気になってたようで、北山は「あれはタピオカミルクティーで、ちょっと大人のミルクティー」と明かし、大量に購入して冷蔵庫に入れてあるという。
北山が撮影現場に行くと多部からファッションチェックをされるといい、その日着てきた服を見て、「これ、どこで買ったの?」みたいな感じではじまり、毎回、コミュニケーションがはじまると語った。
この話に多部は「これ北山さんの私服ですか?みたいになってて、いつも不思議な…素敵な服で(笑)」と明かすと、北山は「これ、これ、これ!こんなやり取りをしてました(笑)」と述べ、さらに「北山さんは信じられないくらいポジティブで宏々路ちゃんやスタッフの方と北山さんをいっぱいいじり倒してもめげない」とすかさずいじると、「いいんですいいんです。“ダメ男”の役なのでね。尻に敷かれるくらいがちょうどいいんです」と笑いを誘い客席も大いに沸かせた。
また舞台挨拶の最後には猫の金時もサプライズ登場し、北山が金時を抱えて4人で一緒にフォトセッション。「初主演の映画で素晴らしいスタッフさんとキャストに恵まれて初日を迎えることができました。僕たちの一生懸命、愛情を込めて作った作品。多くの方に観てもらいたいです!よろしくお願いします!」とアピールし舞台挨拶を締めくくった。
(編集部)
【STORY】
売れないマンガ家の高畑寿々男(北山)は、妻・奈津子(多部)がパートで稼いだお金をギャンブルに使い、お気楽な生活を送っていたが、ある日突然、交通事故であっけなく死んでしまう。そんな寿々男に“あの世の関所”が下した判決は、「執行猶予1ヶ月、過去の愚かな人生を挽回せよ。但し、猫の姿でー」。トラ猫の姿で奈津子と娘・実優(平澤)のもとに戻った寿々男は、「トラさん」と名付けられて高畑家で飼われることに。愛する家族のために何かしたいと思うトラさん=寿々男だが、猫だから言葉さえ通じない。限られた時間の中で、トラさん=寿々男は、家族に何ができるのか―?
配給:ショウゲート
大ヒット公開中!

映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』“トラ泣き”スペシャル映像&新カットが解禁!!

【ニュース】 

北山宏光が映画初出演にして映画初主演、そして初の猫役と話題の『トラさん~僕が猫になったワケ~』が遂に本日公開。“トラ泣き”続出の本作の感動のワケを見所とともに紹介!さらに新出しシーン含むスペシャル映像も解禁された。
本作は売れないマンガ家の寿々男(北山)は、妻・奈津子(多部)がパートで稼いだお金でギャンブルをするお気楽な生活を送っていた。ある日事故であっけなく死んでしまった寿々男は、猫の姿で1カ月間、人生を挽回することに。


トラ猫の「トラさん」として家族の元に戻る寿々男だったが、奈津子が倒れた時や、実優が落ち込んでいる時、そばにいても猫の姿なので言葉も通じず、声をかけることすら出来ない…。
発表当初から話題となった北山の猫役。憑依したかのような猫の演技には「ハマリ役」「北山くんにしかできない」と公開に先駆け映画を鑑賞したマスコミからも絶賛。さらには、猫なので言葉も通じず、愛する家族のそばで何もできないもどかしさや切ない心境を、映画初出演とは思えないほどの多彩な演技で披露している。
「自分の日常生活との境界線が分からなくなることが沢山あった」と振り返る言葉からも、いかに北山が撮影に全身全霊で挑んでいたかが伺える。「ダメな夫である寿々男がどこか憎めず愛される男であること」「人間が猫を演じていても、お客さんが脳内変換して猫に見えること」を考え演じた難易度の高いこの二役。北山の役者魂に裏打ちされた圧巻の演技に注目。



一方、北山扮する寿々男の妻である奈津子役を演じる多部未華子は、これまで映画だけでなくドラマや舞台など、幅広く活躍してきたが、本格的な母親役に挑むのは今回が初。いつも元気に振る舞い、夫・寿々男が亡くなってからは女手一つで娘・実優(平澤宏々路)を育てる妻・奈津子役に対し、多部は、自身の性格とのギャップに多少の不安も抱いていたそうだが、現場で明るくコミュニケーションを取る北山に支えられ、撮影が始まるほと不安はすぐに消えたと述懐。娘役の平澤とも友達感覚で接していたという多部は、愛情の深さと、彼の亡き後も明るく家庭を支える母の強さを兼ね備えた、魅力的な母親を見事に演じている。






今回解禁された映像には、「平成最後の名曲」とも言われている藤井フミヤ作詞の楽曲、Kis-My-Ft2が歌う主題歌「君を大好きだ」にのって、猫=トラさんの姿になった寿々男(北山)が、時にコミカルでキュートに、時に切なく、本作の見所がギュッと詰まった映像になっている。

北山と多部が新境地を開いた熱演を魅せる本作に各界から絶賛の声が続々到着


吉田大八(映画監督)

猫でも幽霊でもロボットでも、そのまなざしを人っぽく感じてしまうのは僕らが人間だからに違いない。つまり、これは人間ドラマです。


鈴木おさむ(放送作家)

正直、キスマイの北山君が出ていなければ、この映画を見ていなかったと思う。だから思う。北山君。この映画に出会わせてくれてありがとう。普通って凄い。普通って奇跡。毎日の当たり前に感謝。泣いたなー。


秋山竜次(お笑い芸人)

明日から近所の猫たちに全力で話しかけると決めました。笑って感動して、まさかあのまま進んでいくとわ!最高でした。豚のお話の際は是非僕にオファーを。

emma(モデル)

何気ない毎日がどれだけ幸せかということに気づかせてくれる心温まる映画でした。観終わったあと自分の家族に「いつもありがとう」と伝えなきゃと思いました。


有村昆(映画パーソナリティ)

ズバリこの映画の成功の鍵は北山宏光さんにあり!可愛くコミカルに演じれば演じるほど、後半の切なさが際立ち号泣。やられたっ!


よゐこ 濱口優(お笑い芸人)

笑いあえる喜び、家族を持つ責任をまさか北山の作品から学ぶとは!最高でした!全力で北山猫ちゃんに頬ずりしたいです!!


爆笑問題 太田光(お笑い芸人)

お~い、北山ぁ!いい”笑い”やってるニャぁ~!


爆笑問題 田中裕二(お笑い芸人)

オイオイ北山くん、猫になって何やってんだよ」なんて笑って観てると大変です。後半かなりやられます。ご注意を!


棚橋弘至(プロレスラー)

家族の方が言えないことってたくさんあって。「トラさん」を観て決めた。朝は「愛してま~す」からはじめよう。


さらに人気イラストレーターのヒョーゴノスケ氏、かわいちひろ氏からも、感動の声と共にイラストが到着!!



小学生の娘をもつ父親としてグッとくるシーンがあったり、家族の温かさを感じる描写がたくさんあって、笑って泣いて、大切な人に会いたくなりました。



ヒョーゴノスケ(イラストレーター) https://twitter.com/hyogonosuke?lang=ja
同じ年頃の娘がいるせいか見事に大号泣でした!北山宏光さんの演技が上手すぎて北山宏光さんが本当にダメ男に見えてきた(本当は違うと思いますが…)



かわいちひろ(イラストレーター) https://twitter.com/chihikwi

のほほんとしたお話かと思ってたら予想外に何回も泣いてしまって、原作の漫画も是非読んでみたい……凄く優しく暖かい話でした、親子でも誰とでも楽しめると思います。




2月15日(金)全国ロードショー!




プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR