FC2ブログ

映画『僕に、会いたかった』公開記念舞台挨拶 EXILE TAKAHIRO 母役の松坂慶子にカーネーションの花束をサプライズプレゼント

【イベント】
5月10日、映画『僕に、会いたかった』が公開初日を迎えた。11日には公開記念舞台挨拶がTOHOシネマズ 日比谷にて行われ、主演のTAKAHIRO、共演の松坂慶子、山口まゆ、柴田杏花、秋山真太郎、錦織良成監督が登壇した。本作は12年前に起こった事故が原因で記憶を失くした元漁師の徹(TAKAHIRO)が、家族や島の人々、本島から島へやって来る留学生たちとの触れ合いの中で再生してく姿を、島根県隠岐島を舞台に描く。
 
TAKAHIROの母親役の松坂をエスコートしながら登場し「松坂さんには大女優のオーラがあり、初めて会ったときには後光が差しているような神秘を感じました。でも役に入ると“島のお母さん”として佇んでいらして」と女優としての豹変ぶりに驚き。
 
 
撮影を通してロケ地・島根県隠岐島がお気に入りになったという松坂が「日本固有種のタンポポが咲いているような素敵な島の女性を演じることができて光栄」と微笑むと、すかさずTAKAHIROは「こんな綺麗な方がお母さんなんて...タンポポにも感謝してほしいですね、逆に!」と饒舌ぶりで松坂と終始仲睦まじい様子で会場を沸かせていた。
 
撮影中のTAKAHIROは松坂の熱演に「本番前から泣けてきて、それは松坂さんの持っているパワー。自然と涙腺が緩んだ。泣きすぎて目玉がとれるかと思った。泣く必要のないシーンでも泣けてきたので、もう泣くだけ泣いて涙が出ないくらいまで泣いて本番に臨んだ」と大号泣の舞台裏を明かした。
一方の松坂は「TAKAHIROさんが現場から離れたところで孤独になって役の気持ちを作り上げている姿を見ました。 今は面白い人になっているけれど、真面目でストイックな方でした」と役への取り組みを称えていた。
 
脚本も担当した秋山は「島での撮影では、島の方々と一緒に生活させてもらった感じ。現地で完成作品の上映会を行った際には“おかえりなさい”と迎え入れてくれました」と島民の協力と温かさに感激。山口は「島の人たちはとても温かいので、役への準備をしていかなくても自然と役として受け入れてくれるような雰囲気があった。その優しさが映像にも反映されています」とアピール。
 
本作を誰と鑑賞するか?と聞かれた山口に対してTAKAHIROは「彼氏?」とツッコむも「一度紹介してくれればいい。でも隣に座ったら足をつねるかも」と親心を感じさせるコメント。柴田が「島留学を疑似体験したつもりで撮影に臨んだ」というと、TAKAHIROは柴田をくるりと回転させて「島にはここまで背中の開いた洋服を着ている子はいない!できるだけ布を使ってほしい。風邪をひかないでね」と若手キャストに親心を感じさせる一言。
 
錦織監督ば松坂へのオファーに際して、手紙をしたためたという。それに松坂は「もったいないようなお言葉で恐れ入ります」と恐縮しながら「監督の映画は俳優が自然。自分も知らない一面が引き出されるのではと思ったけれど、まさにその通り」と手腕賞嘆。それに錦織監督は「TAKAHIROさんもピュアだし、松坂さんもピュアで大らかなマインドの持ち主。イメージ通りだったし、そのピュアさが映画全体を包み込んでくれた」と改めて語った。
 

明日12日は“母の日”であることにちなんで、TAKAHIROが松坂に真っ赤なカーネーションの花束をサプライズプレゼント。「これからもお母さんと呼ばせてください」と渡すと、松坂も「喜んで」とニッコリ。花束を抱えた松坂から「アレンジが素晴らしく、まさにTAKAHIROさんからのカーネーション」とセンスを指摘されたTAKAHIROは「これからも息子でいさせてほしい!という一心です」と照れ、松坂も「嬉しいです。 感激です」と目を細めていた。
 
TAKAHIRO/山口まゆ 柴田杏花 板垣瑞生 浦上晟周 小野花梨/宮本裕子 吉野由志子 川村紗也 斉藤陽一郎 清水 宏 山下容莉枝/秋山真太郎 黒川芽以 小市慢太郎 /松坂慶子
監督/錦織良成 エグゼクティヴ・プロデューサー/EXILE HIRO 脚本/錦織良成 秋山真太郎 音楽/瀬川英史 撮影/金子正人 照明/吉角荘介 録音/西岡正巳 編集/栗谷川 純 配給/LDH PICTURE
(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会
公式サイト http://bokuai.jp
 
TOHOシネマズ 日比谷他、全国、大ヒット公開中
 

映画『僕に、会いたかった』EXILE TAKAHIRO登壇!公開記念舞台挨拶決定

【ニュース】
「EXILE」のヴォーカリストとして確固たる人気を誇り、俳優としても活躍するTAKAHIROが、長編映画で初めて単独主演する映画『僕に、会いたかった』。このたび5月10日(金)からTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショーとなる。
5月11日(土)、12日(日)キャスト・スタッフ登壇の公開記念舞台挨拶が決定いたしました。チケットは4月25日より発売。
 

記憶を失くした漁師・徹を演じるTAKAHIROのほか、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生ら旬の若手俳優たちが出演。松坂慶子、小市慢太郎ら実力派のベテランが物語を支える。監督は、何気ない日常をとらえる描写力と柔らかな映像センスに定評がある錦織良成が務める。
 
5/11(土)
会場:TOHOシネマズ 日比谷
12:10の回<上映後>および15:05の回<上映前>舞台挨拶
会場:ユナイテッド・シネマ豊洲
15:00の回<上映後>および17:45の回<上映前>舞台挨拶
会場:TOHOシネマズ 新宿
18:30の回<上映後>舞台挨拶
 
登壇者:TAKAHIRO、松坂慶子(12:10の回のみ)、山口まゆ、柴田杏花、秋山真太郎、錦織良成監督(予定)
  
5/12(日)
会場:ユナイテッド・シネマアクアシティお台場 9:30の回<上映後>および12:00の回<上映前>舞台挨拶
会場:京成ローザ⑩ 13:00の回<上映後>および15:40の回<上映前>舞台挨拶
登壇者:TAKAHIRO、秋山真太郎、錦織良成監督(予定)
※両日ともに登壇者は予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。
 
<チケット情報>
料金(税込):2,000円
※ 別途お客様手数料あり
※ユナイテッド・シネマ豊洲はプレミア・ペアシート6,400円(2名・税込)の販売あり
※TOHOシネマズ 新宿はプレミアボックスシート3,000円(税込)、プレミアラグジュアリーシート5,000円(税込)の販売あり
※ユナイテッド・シネマアクアシティお台場はペアシート4,000円(2名・税込)の販売あり
 
詳細は公式サイト http://bokuai.jp を参照。
 
TAKAHIRO /山口まゆ 柴田杏花 板垣瑞生 浦上晟周 小野花梨/宮本裕子 吉野由志子 川村紗也 斉藤陽一郎 清水 宏 山下容莉枝/秋山真太郎 黒川芽以
小市慢太郎 /松坂慶子
監督/錦織良成 エグゼクティヴ・プロデューサー/EXILE HIRO 脚本/錦織良成 秋山真太郎 音楽/瀬川英史 撮影/金子正人 照明/吉角荘介 録音/西岡正巳
編集/栗谷川 純
配給/LDH PICTURES
(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会
 
5月10日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
 

映画『僕に、会いたかった』EXILE TAKAHIROが隠岐島を凱旋訪問し上映会を実施!新規場面写真も公開

【ニュース】
映画『僕に、会いたかった』に出演のTAKAHIRO、松坂慶子、秋山真太郎、そして錦織良成監督が物語の舞台・隠岐島を訪問し、映画館がない隠岐でTAKAHIROは「撮影中から全面的に協力してくださった島の皆さんにいち早くお届けしたいと思っていた」と語り、凱旋上映会を行った。
 
本作で記憶喪失の漁師を演じたTAKAHIROは「いつか錦織監督とご一緒したいと思っていたのでとても光栄でした。台詞が少なかったので、細かい所作に “池田徹”という男の人生を感じ取ってもらえるよう気を付けました。本当に難しい役どころだったのですが、経験として何事にも代えがたいことをさせて頂い たからこそ表現者としてターニングポイントになった作品かなと思います」と語った。
 
母親役を演じた松坂は「(TAKAHIRO演じる徹は)素朴な、母親思いの心優しい息子ですね。TAKAHIROさんはとっても感受性豊かな方で、涙もろいんですよね」と打ち明けると、TAKAHIROは「松坂さんが不思議なパワーをもっていらっしゃるんです。みなさんご存じの通り大女優さんなので最初はとても緊張しながらご挨拶をさせていただいたのですが、全てを包み込むような優しさと笑顔で接してくださって。まるで何年も育ててもらっているような感覚になれる。お芝居の上でもひっぱっていただきました。短い期間ながら息子として過ごせたことを光栄に思います。松坂さんのやさしさに触れるたびに涙腺が 緩むというか。泣くべきシーンじゃないのにどうしても涙が出てしまうので、リハーサルで泣くだけ泣いて涙を枯らして本番に向かう、そんな手法を取らせていただきました(笑)」と撮影中のエピソードを明かし照れ笑いを浮かべた。
 

TAKAHIROが漁師役という普段のイメージとは真逆の設定について錦織良成監督は、「最初学校の教師というのを考えていたんですけど、漁師という役のほうが島の力強さを出せるんじゃないかと思いました。 それから島留学で来ている子供たちと記憶喪失の徹、悩んでいる・迷っているというところをリンクさせたら面白いのではと。 演じないで自然にそこにいるっていうのはとても難しいことなんですが、TAKAHIRO さんと母親役の松坂さん...最初は美男美女で出来過ぎかなと思ったんですが、島に生まれた方が自然にそこにいるんですよね。とってもいい島の親子を演じてもらったと思っています」と両者に手放しの称賛を送った。
 
また、出演とプロデュースに加え、共同脚本も務めた秋山は「ヒューマンドラマを作りたかったので、 TAKAHIROくんの役にどんどん負荷を与えていって、キャラクターが映画の中で輝けるものにしたいなという思いがずっとありました」と語った。
 
   
 
隠岐島での3週間に及ぶ撮影では「島で生活をしながら溶け込む日々が、島の漁師を演じるにあたってはとても助かりましたし、なんでもないように見えるシーンが実はとても深いところにつながっていてヒントがちりばめられているんです。僕は個人的に家の中でお母さんに作ってもらったごはんを食べるシーンが印象的ですが、不思議と松坂慶子さんにご飯を出されると何倍もおいしくなる!(笑)」(TAKAHIRO) 

「消えもの(劇中で出される食事)って普通は役者さんは残しますよね。TAKAHIROさんは完食してましたからね!」(錦織監督) 「ただのお米も松坂さんが出してくださると全部のお米が立っているんです(笑)」(TAKAHIRO)
「それはお釜の問題じゃないの?(笑)」(錦織監督) 「違うんです!普通のお味噌汁でも松坂慶子さんが出してくださると【黄金の味噌汁】になるんです!」(TAKAHIRO) 「なんていい息子なんでしょう(笑) こんな風に和やかな撮影現場でしたね 」(松坂)と抜群のチームワークを見せる一幕も。
 
舞台となった隠岐島について、TAKAHIROは「もちろん景色だったり海の透明度だったり、穏やかな雰囲気もそうですけど、生活する島民の皆さんの温かさ、オープンマインドな雰囲気がリアルに表現できたかなと思うので、作品を通して感じていただけたらと思います」。
 
松坂も「見えないものに惹かれるんですけども、奈良に行くと万葉集の1300年前の歌の同じ空気を今感じているんじゃないかなと思うことがあるんです。そんな風に隠岐諸島にいると太古の見えないものを感じる、イマジネーションを掻き立ててくれる神秘の島で、ご縁の島で、何が起こるかわからない、いればいるほど魅力を感じる島ですね」と述べた。
 
これから映画をご覧になる方へメッセージとして TAKAHIROは「先入観なく、癒されるために映画を観に来ていただければと思います。静かな映画です、人と人とのぬくもりを感じていただける映画になっています」と語り、作品への自信をのぞかせた。
(オフィシャルレポート&スチール)
 
TAKAHIRO /山口まゆ 柴田杏花 板垣瑞生 浦上晟周 小野花梨/宮本裕子 吉野由志子 川村紗也 斉藤陽一郎 清水宏 山下容莉枝/秋山真太郎 黒川芽以
小市慢太郎 /松坂慶子
監督/錦織良成 エグゼクティヴ・プロデューサー/EXILE HIRO 脚本/錦織良成 秋山真太郎 音楽/瀬川英史 撮影/金子正人 照明/吉角荘介 録音/西岡正巳 編集/栗谷川 純
PICTURES
(C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会
配給:LDHPICTURES
http://bokuai.jp
 
5月10日より TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
 

映画『僕に、会いたかった』TAKAHIRO、松坂慶子、秋山真太郎が入学式にサプライズ登場

【イベント】
4月9日、本作の舞台となった島根県隠岐の島・島前高校に主演のTAKAHIRO、松坂慶子、秋山真太郎がサプライズ登場!当日は高校の入学式でもあり、新入生や在校生、学校関係者や保護者らが参加。 映画の上映前に錦織監督から映画撮影の多大なる協力への感謝と、映画が完成したことの報告が述べられると続けて「じつは、みんなもお礼が言いたいと来てくれました!」と TAKAHIRO、松坂慶子、秋山真太郎が登壇すると場内は大歓声に包まれた。
 
TAKAHIROは「忘れもしない、クランクインがこの島前高校だったんです。戻ってくることができ、うれしく思います」と笑顔で挨拶。 錦織監督から「脚本を書いた時に思い浮かべたのが松坂さん」というラブコールを受け、出演が決まった松坂も「今日は入学式だったんですって?おめでとうございます。隠岐の島は本当に美しいところで、わたしにとっては神秘的で世界とのつながりを感じる場所です。こういう場所だから、みんなが素直な優しい人に育つのかな。良いところに住まれて、いいですね」と目の前の新入生たちに優しく語りかけた。
 
秋山は、「島前高校の桜並木で、僕が坂道の上から自転車で駆け下りてくるという松坂さんとの共演シーンがクランクインでした」と振り返り、松坂から 「すごい運動神経で、毎回ぴったりの位置に止まるのよね」と言われると場内からは笑いも。
 
松坂は撮影以外でも部屋にこもったりするのではなく、島を散策していたそうで、TAKAHIROは「ロケ中、車で移動するときに道で松坂さんをお見掛けするんですよ。「すごい!松坂さん、1人でお散歩されてる!」と驚きました!」と語っていた。また、「運動場も広いし、鉄棒使ってロケの空き時間などに筋トレしたりしていたんです。あと(島留学の生徒が住む)寮の食堂でカレー食べたりしましたね」と明かすと、生徒たちからは大きな驚きの声が上がり、急遽、生徒からの質問に答えるQ&Aを開催することに。
 
男子生徒から「TAKAHIROさんはなぜそんなにかっこいいんですか?」と問われ、TAKAHIROは 「俺にもわかんないんだよね~(笑)」と答え、場内の笑いを誘い 「男っていうのは、生き様が出るのかなと。生き様が男をかっこよくすると思う。そしてこれからたくさん恋をすると思うけど・・・彼女はいるの?」と逆質問。 「(同じ学校に)彼女いまーす!」と男子生徒が元気よく答えると「早いな!」と焦り気味。秋山とともに「俺たちが同じ年ごろのころは恥ずかしくて言えな かったな...」としみじみと語っていた。
 
最後にTAKAHIROは「島民の皆さんのご協力あってこそ出来上がった映画です。隠岐の島のすばらしさを日本全国の皆さんにお伝えできるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」と語り、たくさんの笑顔に包まれた舞台挨拶が終了した。
(オフィシャルレポート&スチール)
 
TAKAHIRO /山口まゆ 柴田杏花 板垣瑞生 浦上晟周 小野花梨/宮本裕子 吉野由志子 川村紗也 斉藤陽一郎 清水 宏 山下容莉枝/秋山真太郎 黒川芽以 小市慢太郎 /松坂慶子
監督/錦織良成 エグゼクティヴ・プロデューサー/EXILE HIRO 脚本/錦織良成 秋山真太郎 音楽/瀬川英史 撮影/金子正人 照明/吉角荘介 録音/西岡正巳 編集/栗谷川 純 配給/LDH PICTURES (C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会
 
5月10日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー!
 

映画『僕に、会いたかった』完成披露舞台挨拶

【イベント】
TAKAHIROが映画単独初主演の『僕に、会いたかった』完成披露試写会が、4月3日、東京・TOHOシネマズ 日比谷にて行われた。舞台挨拶には、TAKAHIROをはじめ、山口まゆ、柴田杏花、板垣瑞生、秋山真太郎、小市慢太郎、錦織良成監督が出席。舞台挨拶ではTAKAHIROと板垣がコンビ芸人のように絡み合っていて大盛り上がりとなっていた。
 

映画の完成にTAKAHIROは「足を運んで頂き、本当に嬉しく、有り難く思っています。記憶をなくした男を演じさせていただいているんですけど、是非、みなさんとは記憶に残るひとときを過ごしたいと思ってます」と挨拶すると、TAKAHIROは板垣に「うまい!とか言わないと」と逆ツッコミを入れられる結果に。板垣も「マイクなしでは言ってましたよ」と、最初から妙な掛け合いを見せ、板垣の挨拶になると板垣が笑ってしまい「みなさんに心の温かさが伝わればいいなと思います」とニヤけながらのコメントとなっていた。
 

本作はTAKAHIROがこれまでに演じた雰囲気とは違う、無精髭に寡黙で記憶喪失、初挑戦することも多く、新境地をみせている。監督とも相談し、「大船に乗った気持ちで演じ、安心して観て頂けたらと思います」とコメント。TAKAHIRO自身、本作を鑑賞した後に真っ先に錦織監督に「いい映画でした!」と伝えたと話している。
 


また撮影の時には板垣が女の子のことばかり話していたとTAKAHIROが言い出し、思わず板垣も「してないよー!やめてくださいよー」と反論。「してなかったっけ?」とボケてみるTAKAHIRO。さらに「会ったばかりだと緊張すると思うんですよ。でも現場に入ったら社長でもそんな座り方しない座り方をソファーでしてて、こういう子なんだと思った」と話すと、板垣は「もっと良いエピソードを話してください!」といい、「イケメンだからね」と掛け合い出すと、板垣も思わず反応し「そうですよね」と答え、TAKAHIROからは「こういうところ」とツッコミを入れ、さらに2人で釣りをしてるシーンでは「ずっと女釣りたいな」と言っていたとTAKAHIRO。もう板垣は戸惑ってばかりで、嘘なのか本当なのか分からない2人の謎の掛け合いで会場を沸かせていた。
(編集部)
 



TAKAHIRO /山口まゆ 柴田杏花 板垣瑞生 浦上晟周 小野花梨/宮本裕子 吉野由志子 川村紗也 斉藤陽一郎 清水 宏 山下容莉枝/秋山真太郎 黒川芽以 小市慢太郎 /松坂慶子
監督/錦織良成 エグゼクティヴ・プロデューサー/EXILE HIRO 脚本/錦織良成 秋山真太郎 音楽/瀬川英史 撮影/金子正人 照明/吉角荘介 録音/西岡正巳 編集/栗谷川 純
配給/LDH PICTURES (C)2019「僕に、会いたかった」製作委員会 
 
公式サイト http://bokuai.jp
 
5月10日(金)TOHOシネマズ 日比谷 ほか 全国ロードショー!
 

プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR