FC2ブログ

映画『初恋ロスタイム』初日舞台挨拶 板垣瑞生 吉柳咲良 竹内涼真 河合勇人監督が“ロスタイム"現象を舞台挨拶で再現!?

【イベント】
9月20日、映画『初恋ロスタイム』が全国公開となり、東京・新宿バルト9にて初日舞台挨拶を実施。本作が初主演となる板垣瑞生、初映像作品となる吉柳咲良、そして2人を支える竹内涼真、河合勇人監督が登壇した。会場から大きな拍手が巻き起こり登場したキャスト陣!しかし、登場途中にピタリと4名が突然揃って静止<ロスタイム>の発生に観客から大歓声が上がった。これは、劇中に登場する世界のあらゆるものが静止する現象=”ロスタイム現象“を舞台挨拶で再現した演出。4人が息の揃えて動かない様子を見た観客からは、さらに大きな歓声が上がった。
 

 

 


 


板垣は、「今日この日を迎えられて本当に幸せに思っています。楽しい時間にしましょう!」と挨拶。続けて吉柳は「待ち望んでいた初日をこうして皆様と一緒に迎えることが出来て幸せです。」とコメント。竹内は「板垣くんの初主演映画、吉柳さんの初映像作品と、2人の”初めて“に立ち会えて幸せな気持ちです」と幸せそうに答えると、河合監督は「ようやくこの初日を迎えることができました。たくさんの人に見てもらえて感無量です」と思いを語った。
 
初日を迎え板垣は、「素敵な共演者の方々とご一緒出来て、あらためて良かったと思えました。色んな経験をさせて頂けましたし、(本作を見て)少しでも日常生活が楽しくなったなと思って頂ければ嬉しいです!」と笑顔をみせた。
吉柳は「撮影初日の時は、自分にできるのだろうかという緊張と、これからどうなっていくんだろうという不安もあったのですが、時音が前向きで明るくて自分の意思をちゃんと持っている子だったので、時音に背中を押してもらいながら前向きに取り組めました」と、15歳とは思えない、しっかりとしたコメント披露すると、板垣と竹内も感心しきり。そして、板垣と吉柳との共演について聞かれた竹内は、「吉柳さんは初映像作品ですよね?僕が初映像作品に出た時はもっとヤバかったですよ!ドラマ『仮面ライダードライブ』の変身のシーンで力入れすぎて、体を反っちゃってたんですよ!」と衝撃の撮影秘話を披露し、会場を笑いに包み込むと、続けて、「でも吉柳さんは現場ではすごく堂々としていたし、撮影の合間で宿題をやっていて尊敬しました」と吉柳の仕事への姿勢を褒め称えた。
MCから、やり直したいことがあるかと聞かれた板垣は、「全くありませんでした。後悔したくないし、1カット1シーンが挑戦でした。河合監督は、初めから僕のやりたいと思ったことに対して、好きなようにやらせて下さりました」と監督へ感謝。吉柳に向けても「すべてにおいて初めてなはずなのに、映像を見た時、本当に初めてなのかな?と思うくらい堂々としていて。それが凄く素敵になった映画なので、吉柳さんが初めてだからこそ意味のある作品になったと思います。」と共演の喜びを語った。
フレッシュな2人の演技について河合監督は「眩しくて眩しくて…。よくキラキラしている作品は撮るんですけど。いつも照明さんに助けて頂きながら撮影しているのですが、二人はそんな助け要らずで、眩しいくらいのキラキラを発してくれていました。」と2人の演技を絶賛。さらに、印象に残ったシーンを聞かれた竹内は板垣に対して「映画初出演で初キスシーンってやっぱり緊張した?」と興味深々の様子で質問すると、板垣は「歯磨きは買いましたね!」と笑顔で回答。すると竹内も「俺はちなみに初キスシーンはめっちゃ歯磨いたの!」と返すと、吉柳は「そんなに覚えていないんです…頭まっしろでした」と照れながら撮影を振り返った。
 

 
竹内は、「今年初めて映像作品になるんですが、板垣さんと吉柳さんとも共演出来てうれしかったです」とコメント。吉柳は「私はこの映画を通して、人が誰かのため頑張る姿って、こんなに素敵なことなんだと感じてほしいと思っています。母から反省はして良いけど、後悔はしてほしくないと言われていて、それは結構難しいのですが、だからこそ、そんな時には1歩踏み出す勇気というものが凄く大切だと思います。見てくださった方の背中を押してくれるような作品になればいいなと思います。」と作品に対しての熱い思いを語った。
 
最後に板垣は「この映画は本当にたくさんの人に愛してもらっていて、色んな人のスタートになる映画かなと感じました。吉柳さんが初めての映画で、僕も初めて恋愛モノをやったので、これから見てくださるみんなが好きになるような映画になったら嬉しいです。」と語り、会場は大きな拍手に包まれながらイベントを終えた。
(オフィシャルレポート&スチール〕
 
配給:KADOKAWA
©2019「初恋ロスタイム」製作委員会
公式サイト https://hatsukoi.jp/
 
大ヒット公開中
 

映画『初恋ロスタイム』完成披露舞台挨拶後輩女優の吉柳咲良との初共演に竹内涼真「こんなに早く同じ舞台に立てるとは」

【イベント】
9月2日、仁科裕貴 原作の「初恋ロスタイム」(メディアワークス文庫/KADOKAWA 刊)を映画化した『初恋ロスタイム』の完成を記念して、完成披露上映会を東京・新宿バルト9にて実施。舞台挨拶には板垣瑞生、吉柳咲良、竹内涼真、石橋杏奈、河合勇人監督が登壇した。映画初主演の板垣、映画初出演にして初主演の吉柳という主演コンビの“初”づくしのイベントとなった。
 

     


 

 
幼い頃母親を病で亡くした経験から諦め癖のついた浪人生・相葉考司役の板垣は「完成披露上映会ということで今日は女性が多いんですね。日本て女性が支えているんですね!実感してます!」と、女性が大半を占める客席。そして満席という喜びでいっぱいの様子。続いてロスタイム中に動く事が出来る少女・篠宮時音役の吉柳は「皆さんに観て頂くこの日を楽しみにしてたので、凄く嬉しく、そして緊張してます」と喜びの笑顔をみせた。
 

 
”ロスタイム“という現象を過去に経験し、この現象の真実を知る重要なカギを握る、本作のもうひとりの主人公とも言える青年医師役の竹内。そして本作で2人を優しく見守り導く役柄であり、現場でも板垣、吉柳が絶大な信頼を置いていたと語る先輩俳優の竹内は「咲ちゃんは、小学校6年生の時にホリプロに入って。実はスカウトキャラバンの最終オーディションを観に行ってて、『咲良ちゃんいいね!』って言ってたのがこんなに早く一緒の舞台に立てるとは思ってなくて、ちょっと感動してます」と感慨深げ。
 
本作が初の映像作品となった吉柳は「映像作品の作り方も分からなかったので、撮影初日から緊張や不安もあったんですが、板垣さんをはじめたくさんの方に助けて頂いて、100%の力を出し切ることが出来たと思うので、こうやって皆さんにこの映画をお見せできるのが嬉しいなって思います」とコメント。
 

 
再び吉柳との出会いを振り返り、竹内は「たまたまオーディションを見ていたんですが、物怖じしない感じがかっこいいなと思っていたらグランプリになって。共演したい人を聞かれて“竹内涼真くん”と言ってくれていたのも聞いていてすご く嬉しかったので、こんなに早く共演が実現して本当に嬉しかったです」と、本人から共演希望に喜び。
 
また板垣との共演についても「映画の中で一番絡んでいる時間が長くて、一緒に話し合いながら一つのシーンを作り上げられたのが楽しかったです。歳は離れているんですが、意見交換しながら出来たので、いい撮影期間だったなと思います」と、一緒の撮影を振り返り、板垣も「アドリブで動きたい時に相談したら、監督も含めて段取りをやってくれたり、カメラワークを変えてくれたり本当に助けられました」と先輩であり、頼れる先輩俳優の竹内との共演を嬉しそうに語っていた。
 
板垣、吉柳の2人を見てきた河合監督は「吉柳さんはオーディションの頃から見ていましたので、日々成長していく姿が楽しくて、感慨深いものがありました。竹内さんがいらっしゃると吉柳さんがそわそわしたりして、そんな姿も見れて可愛らしかったですね。板垣さんは最初吉柳さんとぶつかり合う芝居が多かったのでドキドキしながら見ていたんですが、芝居をしていく中でお互い意見を出したりして芝居が面白くなっていったなと思います」とコメントした。
 
竹内について板垣は「凄く優しくて、本当に支えられました」、竹内も「あなたも凄かったですよ」褒め合い「18歳とかでしょ?自分が18歳のときは学校に行くときの髪型しか考えてなかったから素晴らしいと思うよ」と板垣を称えニッコリ。さらに竹内は初共演となった吉柳について「今日も肩なんか出しちゃってびっくり」と衣装をイジると、板垣から「別に涼真くんに向かって出してるわけじゃない」とツッコまれる場面に笑いを誘っていた。
 

 

   


 


舞台挨拶も後半、若い世代を中心に“リョクシャカ”の愛称で人気沸騰中の次世代最注目バンドの緑黄色社会 も登場し、舞台上で本作の為に書き下ろされた主題歌「想い人」をアコースティックバージョンで披露した。
(編集部)
 
出演:板垣瑞生 吉柳咲良 / 石橋杏奈 甲本雅裕 / 竹内涼真
監督:河合勇人
脚本:桑村さや香
原作:仁科裕貴「初恋ロスタイム」(メディアワークス文庫/KADOKAWA 刊)
配給:KADOKAWA
© 2019「初恋ロスタイム」製作委員会
公式サイト https://hatsukoi.jp/
 
9月20日(金)全国ロードショー!
 

映画『初恋ロスタイム』特報映像解禁

【ニュース】 
仁科裕貴原作の同名小説「初恋ロスタイム」(メディアワークス文庫/ KADOKAWA 刊)を実写映画化した『初恋ロスタイム』。主人公の浪人生・相葉孝司をM!LKの板垣瑞生が演じ本作で初主演を務める。また本作が初めての映像作品への出演となる吉柳咲良がヒロイン役を務め、2人の遭遇する”ロスタイム“という現象を過去に経験し、この現象の真実を知る重要なカギを握る、本作のもうひとりの主人公とも言える医師 役を竹内涼真が演じ、「ブラックペアン」以来の青年医師役となり、これまでの爽やかイケメン俳優としてのイメージとは異なり、役柄・俳優とも にフレッシュな若手キャストが等身大で演じる“ラブストーリー“を支えている。

 



 


この度、板垣と吉柳が演じる孝司と時音が遭遇する “ロスタイム”現象と2人の切ない恋を予感させる特報映像が解禁。冒頭、竹内演じる青年医師が「昔ね、時間が止まったことがある」と、過去に自分の身に起きた、毎日決まった時刻から1時間ほどの間自分以外の世界が静止するという不思議な現象について語り始める。その時に出会った“大切な人”の存在を思い出しながら話す彼の語り口は、“ロスタイム”の間だけの恋という、本作の物語へと引き込んでくれる。
 
時間が止まり2人しか動くことのできない1時間の“ロスタイム”を一緒に過ごす度に、2人の距離は徐々に近づいていき、今回の特報では2人が顔を寄せ合うキス寸前のシーンもお披露目。その不思議な現象を“神様がくれた時間”と言う孝司は、「ロスタイムじゃないときも会いたい」と時音に思いをぶつけるも、「もう孝司には会えない」と断られてしまう。思いつめた表情で突然別れを告げる時音に何が起きたのか。
 
そして時折カットバックされる暗い病室の中切ない表情で花火を見つめる青年医師の姿や、“静止する時間に隠された、切ない真実― ―”という言葉、必死に自転車を漕ぐ孝司の姿など、“ロスタイム”に翻弄される2人の恋物語、青年医師が“ロスタイム”の時に出会った“大切な人”とは、孝司と時音の2人の恋の行方は...、期待が高まる。
 
出演:板垣瑞生 吉柳咲良 / 石橋杏奈 甲本雅裕 / 竹内涼真
監督:河合勇人
脚本:桑村さや香
原作:仁科裕貴「初恋ロスタイム」(メディアワークス文庫/KADOKAWA 刊)
配給:KADOKAWA
© 2019「初恋ロスタイム」製作委員会
公式サイト https://hatsukoi.jp/
 
2019年9月 全国ロードショー!
 

M!LK 板垣瑞生初主演『初恋ロスタイム』映画化決定!!吉柳咲良、竹内涼真らキャストも解禁!!

【ニュース】
2016 年に刊行された仁科裕貴による同名小説「初恋ロスタイム」(メディアワークス文庫/ KADOKAWA 刊)が実写映画化!KADOKAWA配給にて今秋9月に公開されることが明らかとなった。
主人公の浪人生・相葉孝司は、ある日<世界の人、モノ、車...あらゆるものが突然静止する>という不思議な現象に遭遇する。 時刻は12時15分。授業中だった孝司だけがなぜか動くことができ、彼は学校を出て街に繰り出すと、自分の他にもう一人動くことのできる少女・篠宮時音に出会う。やがて2人は、毎日12時15分に1時間だけ起きる、その不思議な時間を“ロスタイム”と名付け、楽しむようになっていく。しかし、その“ロスタイム”には、ある<秘密>が隠されていたのだった―。
 
幼い頃母親を病で亡くした経験から「世の中には頑張っても無駄なことがある」ことを早くに知ってしまい、諦め癖のついた無気力な日々 を送る浪人生・相葉考司を演じるのは、絶大な人気を誇るボーカルダンスグループM!LKのメンバーで注目の若手俳優の板垣瑞生が映画初主演を務める。
ロスタイム中に動く事が出来る少女・篠宮時音には、第41回ホリプロタレントスカウトキャラバン「PURE GIRL 2016」歴代最年少グランプリを受賞後し最年少記録でミュージカル「ピーターパン」10代目主演に大抜擢された吉柳咲良。本作で映画デビューを飾る。
さらに2人に遭遇する”ロスタイム“という現象を過去に経験し、この現象の真実を知る重要なカギを握る医師・浅見一生役を竹内涼真が演じ、竹内は、ドラマ「ブラックペアン」以来の医師役となる。
『俺物語!!』(15)や『チア☆ダン女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』(17)といった青春映画を数々手掛けてきた実力派で知られる河合勇人が監督を務める。
【キャストコメント】
板垣瑞生
今の時代、好きなものに全力になったり、必死になることってダサいな、だから頑張っても...そんな風に思って頑張る勇気が出ない人がたくさんいると思います。でもこの映画を見て、少しでも今この現実に向き合おうなど...元気が出てもらえればと思います!!そして、新しい恋愛作品にもなってます!時間が止まる中での恋愛ーこれだけ聞いてもさっぱりかもしれませんが、時間が止まる世界って結構夢だったので、映画を通してその世界を追体験してもらえると嬉しいです。
吉柳咲良
お話をいただいた時、恋する女の子を演じるのは初めてだったのでとてもドキドキでしたが、初めて映画に出演させていただいて、新鮮な気持ちで楽しんで撮影に取り組めました。 現実世界と時間が止まった世界の中で色々な感情が交差するとても素敵な作品です!! 是非ご覧ください!
竹内涼真
短い日数ではありましたが、フレッシュな 2 人と刺激のある撮影をすることができました。今回の作品は、"もしも高校時代に時間が止まって、止まった世界で運命の人と出会ったとしたらどうなるんだろう?と想像しながら見て頂くとすごく感情移入できるかなと思います。 僕が演じる浅見は「ロスタイム現象」を過去に経験したことがある人物です。 どんな風に主人公たちと関わっていくのか、そして等身大の彼らにも注目していただければと思います。 ぜひ楽しみに公開までお待ちください。
河合勇人監督
青春が嫌いだった。鬱屈した浪人時代を思い出すからだ。「初恋ロスタイム」を板垣瑞生さんと吉柳咲良さんふたりの若い俳優ともう一度青春をやり直すつもりで取り組んだ。 正統派で爽やかすぎる笑顔で真っ直ぐに演じてくれた板垣さん。 はちきれんばかりの若さと初々しさで全力でぶつかってきてくれた吉柳さん。 ふたりをしっかりと支えて重しとなってくれた竹内涼真さん。
おかげでようやく素直に青春っていいもんだなと心から若さを祝福できた。みなさん、ありがとうございます。
 
出演:板垣瑞生 吉柳咲良 / 石橋杏奈 甲本雅裕 / 竹内涼真
監督:河合勇人 脚本:桑村さや香
原作:仁科裕貴「初恋ロスタイム」(メディアワークス文庫/KADOKAWA 刊)
配給:KADOKAWA
© 2019「初恋ロスタイム」製作委員会
2019年9月 全国ロードショー!

プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR