FC2ブログ

『フラ・フラダンス』「めざましテレビ」紙兎ロペに福原遥&山田裕貴&ディーン・フジオカがゲスト出演! フィロソフィーのダンスによる主題歌、アニメ版MVも公開!!

【ニュース】
『フラ・フラダンス』より、フィロソフィーのダンスが歌う主題歌「サンフラワー」のアニメ版 MV が公開された! 公開された映像では、フィラデルフィア・ソウルの香りを纏ったサウンドと明るく軽快なリズムにのせて、日羽をはじめとする 新人フラガール達の成長を祝福するかのようなフィロソフィーのダンスの力強い歌声を、初公開となる盛り沢山の本編映像と共に楽しむことができる映像だ。



総監督を務める水島精二自らが監修した本映像。先日実施された本作の公開直前イベントでも水島総監督は「こうやってフィロソフィーのダンスとお仕事できるのはすごく嬉しいですして、提供してくださった曲が歌詞から曲からパーフェクトで、幸せなコラボができるとは“監督冥利”に尽きます。作詞も素晴らしいし、歌唱もみなさんの力を感じて、最高でした!一億点越えです!」と絶賛。映画の世界観をさらに盛り上げる映像に仕上がっている!

公開直前イベントでは、上映終了間際にフィロソフィーのダンスがサプライズ登場し、エンドロール生歌唱をサプライズで披露!こちらの様子が本日配信された公開直前「フラガール全員集合スペシャル」番組内(アニプレックス公式 YouTube チャンネル: https://www.youtube.com/c/aniplex)で紹介となったので、要チェック!!




さらに、12 月 2 日 OA の「めざましテレビ」内にて紙兎ロペと『フラ・フラダンス』がコラボすることが決定! 福原遥、山田裕貴、ディーン・フジオカがアフレコ収録し、ロペの世界に潜入! それぞれが『フラ・フラダンス』にて声を当てたキャラクターがロペの世界にそのまま入り込んでいる。さらにはロペとアキラがフラダンスに挑戦!?当日の OA を是非チェック!!



そして、来場者特典も解禁!中に紙を入れると 5 人のキャ ラクターの絵が浮き出る「マジッククリアファイル」が 12 月 3 日(金)より全国映画館にて配布される。


総監督:水島精二「鋼の錬金術師」「機動戦士ガンダム 00」
監督:綿田慎也『劇場版 アイカツスターズ!』「ガンダムビルドダイバーズ」 
脚本:吉田玲子「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」『きみと、波にのれたら』 
キャラクターデザイン:やぐちひろこ「アイカツ!」「UN-GO」
美術監督:日野香諸里『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』『ひるね姫 知らないワタシの物語』 色彩設計:大塚眞純「アイカツ!」『サイダーのように言葉が湧き上がる』
撮影監督:大神洋一「アイカツ!」「COWBOY BEBOP 天国の扉」
編集:坂本久美子「アイカツフレンズ!」「おそ松さん」 
音響監督:木村絵理子『ペンギン・ハイウェイ』「機動戦士ガンダム UC」 
音楽:大島ミチル「鋼の錬金術師」「のだめカンタービレ」
主題歌:フィロソフィーのダンス「サンフラワー」
制作:BN Pictures「アイカツ!」「銀魂」
配給:アニプレックス
12月3日より全国ロードショー

『バズ・ライトイヤー』ティザービジュアル・特報が解禁! 2022年7月、日本公開決定!!


【ニュース】
“もしもアンディが夢中になったバズ・ライトイヤーの物語の世界が実在したら?” そんなワクワクする世界観を舞台に繰り広げられる本作の特報とティザービジュアルが解禁!!

おもちゃたちの世界を舞台に、人とおもちゃの絆をドラマティックに描き、世界中の観客を感動の渦で包み込んだディズ ニー&ピクサーの大傑作「トイ・ストーリー」シリーズ。 『トイ・ストーリー』(95)の1作目から、おもちゃにとって一番大切なこ とは“いつも子供のそばにいること”と信じるウッディとバズ・ライトイヤーの友情、そしておもちゃの持ち主アンディとの絆を描き、『トイ・ストーリー3』(10)では、大学生になったアンディとバズらおもちゃたちの切なくも前向きな別れは「映画史に残る完璧なラスト」とも呼ばれ、世界中で共感の涙を誘った。続く『トイ・ストーリー4』(19)では、お互いに想い合うおもちゃたちの姿と、必死に仲間を守ろうとするバズ、そして結末でおもちゃたちが下す意外な決断は、米批評家から「3つの続編の中で最も素晴らしい」など、そのドラマティックな展開と相まって全世界で大絶賛となった。



無限の彼方へ、さぁ・・・
解禁された特報では、おもちゃのバズ・ライトイヤー・・・ではなく、「トイ・ストーリー」の世界で、アンディが夢中になったで あろう[スペース・レンジャー“バズ・ライトイヤー”]の世界が広がる。ピクサーが「『バズ・ライトイヤー』は、若きテスト・パイ ロットが、みんなの知っているスペース・レンジャーになる原点の物語」と明かす通り、映像では誰も見たことない壮大な宇宙を舞台に、バズがテスト・パイロットに挑む様子や彼がおなじみのコスチューム(宇宙服)を初めて目にする瞬間が描き 出される。そして誰もが知っているバズ・ライトイヤーの有名な決め台詞「無限の彼方へ、さぁ─」と、まさに言い終えようとしたところで特報はエンディングを迎える─。US で特報が公開されるや『トイ・ストーリー4』(62M)の 24 時間の再生数 の記録を軽々と上回る約 8,300 万回の再生数を記録するなどダントツの注目を集めている。

まだ物語の詳細は明かされていないが、「トイ・ストーリー」のアンディを筆頭に、全世界の観客を魅了し続けるバズ・ライトイヤーのルーツ、あの名台詞が生まれる瞬間を目撃することができるのか? バズとウッディたちの絆が世界中を感動の渦に巻き込んだように、本作でもスペース・レンジャー“バズ”と新たな仲間たちとの絆がどんなドラマを生み出すのか..?ディズニー&ピクサーは、予想もできない驚きの物語で世界中の観客に新しい感動を届けることになる。

監督は、『ファインディング・ドリー』でアンドリュー・スタントンと共に共同監督を務め、「トイ・ストーリー」シリーズの短編 『ニセものバズがやって来た』で監督を、『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』では脚本・監督を務めるなどキャラクターを熟 知したアンガス・マクレーン。バズ・ライトイヤーの声優は「アベンジャーズ」シリーズなどでキャプテン・アメリカを演じたクリ ス・エヴァンスが担当する。

来年、ディズニー&ピクサーは、3 月 11 日(金)に、“ときどきレッサーパンダになってしまう女の子”を描く『私ときどきレッサーパンダ』を、そして 7 月には本作『バズ・ライトイヤー』と、2つのイマジネーションあふれるユニークな“もしも”の世界を描き、2022 年ピクサーは驚きと感動で全世界を魅了する!

監督:アンガス・マクレーン 
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン ©2021 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
2022年7月 全国ロードショー


『フラ・フラダンス』公開直前イベントに前田佳織里 陶山恵実里が登壇!フィロソフィーのダンス、生歌サプライズ!!ディーン・フジオカ新PV解禁

【イベント】
11月22日、都内にて声優・監督登壇による公開直前イベントの実施。イベントには、本作でフラガールとして声優を務めた前田佳織里、陶山恵実里。そして総監督の水島精二が登壇し本作の公開を目前に控えた気持ちなど、トークを展開。さらに、本編上映後には本作の主題歌を担当する人気沸騰中のグループ「フィロソフィーのダンス」がサプライズ!! 主題歌「サンフラワー」を披露した。

観客のあたたかな拍手に迎えられ登壇した前田佳織里、陶山恵実里、そして総監督の水島精二。



前田が「みなさん、アロ~ハ~!電車に乗っていると、広告をたくさん見かけたり、Twitter で感想を見たりして、フラの輪が広がっ ているのを感じています。公開までもっと盛り上げられるように頑張っていきます!」と、陶山が「みなさん、アロ~ハ~!色々なとこ ろで CM を拝見して、公開されるんだ、と感慨深い気持です。今日は生憎の雨ですが、この作品を見た後には心に太陽が宿ると 思いますので、楽しんでいただければと思います!」と、水島総監督が「みなさん、アロ~ハ~!私まで付き合っていただきありがとう ございます(笑)完成してから公開までがこんなに長いのは初めてで、、あと 2 週間で皆さんに見て頂けるということで本当にドキド キしています。この作品は、いわき市を舞台にしたお仕事青春ストーリーです。自画自賛ですが、よくできたと思っています!楽しん で頂けたら、温かい気持ちになって頂けたらと思います。」とそれぞれ、アロハポーズ話し、イベントはスタートした。

前田&陶山は演じたキャラクターにそっくり!?水島総監督太鼓判!
ハワイ出身でフラガールにあこがれて来日したオハナ、ダンスの腕は確かなのに笑顔が苦手なしおん、それぞれの役柄と自身との似 ているところを尋ねられると、「オハナちゃんは思い切りが良くて、いい意味でマイペースなところがあって、周りからオハナにぴったりと仰 っていただきましたね。総監督からも、オハナのグイグイ行くような、思い切りの良さが似ているって言って頂きました。オーディションの ときに“オハナの外国育ちの伸び伸びとしたところを大切に”と言われて、自分の中で最初に思い描いていたキャラクター像とは違った のですが、自分の中の最大限の自由さを全部ぶつけました!」と話す前田。「プロフィールには“おっとりした”と書いてあるのですが、それほどでもなかったね(笑)」と水島総監督も振り返ると、「おっとりというパッションですよね!」と自身のキャラクターを分析する 前田。水島監督も「オーディション時からパッションが強かったよね!」と太鼓判の前田の役づくりを明かした。

陶山も「私も完全に一致でした。台本を読んだり、キャラクターを見させていただいた時から、鏡を見ているような印象のキャラクタ ーでした。(しおん と)同じことに共感したり、私も人前でお話しすることが苦手なのですが、昔はもっと苦手で、本当に大変だっ たんですよね。(笑)」と話す。そんな陶山に、水島総監督は「陶山さんはずっと前から知っているので、しおんに向いていると最初 から思っていました。頑張っているところも、しおんっぽいなって思っています。演じてもらってぴったりだし、これからも楽しみな役者さん です!」と大絶賛。「演じている本人とキャラクターが似ていると思っていたのですが、この 2 人は特に似ていますね。お芝居に関しては皆さんにお任 せして、リラックスしてやってもらえればいい芝居ができる方達だったので、サクサク録れましたね。」とスムーズな舞台裏を明かす総監督。
「私も収録のときに学んだ、台本に書いてあるメモを大変な仕事の前に見返して、今でも勇気もらっています。成長させて頂けた 場でした。」と前田が話すと、「僕としてもやった甲斐がありますね。」と水島総監督。抜群のチームワークをのぞかせた。

水島総監督はハワイアンズの広報!?前田&陶山がハワイアンズでやりたいことは?
ハワイアンズやいわき市に実施に取材した水島総監督は「ご当地ものでもある作品だったので、実際に行ったことがある人が“ここ!ここ!“と思ってくれる部分が無いと、意味が無いと思っていたので、写真もたくさん撮りましたし、個人でもロケハンに行って、き ちんと再現しました。」とロケハンを振り返る。ハワイアンズで実際にやってみたいことを尋ねられると、前田が「ファイヤーダンスの写真 を見て、“熱くないかな?”と思っています(笑)直接見たいですね!」と、陶山が「ショーはもちろん見たいですし、プールやサウナ やビックアロハというスライダーに乗ってみたいなとも思っています。自分の中で色々考えたら、1週間くらい滞在したいなと思いました (笑)」とそれぞれ答えると、「1週間も!でもホテルもあるのでいいですよ!ウロウロしているだけでも楽しいですよ。ショーやってい るところが常夏で暑くて、冷たいドリンクも美味しいし、最高ですよ!」とハワイアンズ広報のように合いの手を入れる監督に会場か らは笑いが起きた。

挿入歌「ありがと FOR YOU」で“虹コン”メンバーとの再タッグに陶山「色々な思いが詰まった楽曲」
劇中に登場するアイドルグループ「いついろディライト!!」が歌う挿入歌「ありがと FOR YOU」を福原、美山、富田とともに歌 い上げた感想を尋ねられると、前田が「オハナを演じる前に、いついろディライト!!のレコーディングをやらせていただいて、仮歌をずっ と聞きながら仕事に行ったりしていましたね。」と、陶山が「すごい元気が出る楽曲だなと思って、デモテープをたくさん聞きました。玉 屋 100%さんが作曲した楽曲を自分が歌えたことが嬉しかったです。ステージのモーションキャプチャーを私が所属していた虹のコン キスタドールというアイドルグループのメンバーが担当してくれて、離れたのに、こうして一緒にやれて、“声と体で融合できた”のが個 人的にとても嬉しかったですし、色々な思いが詰まった楽曲となっています。」と話した。

さらに水島総監督も「虹コンの子達、Yumiko 先生、玉屋 2060%さん、と自分が信頼しているスタッフがやってくれて、期待通り のものをあげてくれたので、“俺得”以外の何ものでもないです!(笑)ロゴとかキャラクターの造形もアイドル好きには色々刺さるも のになっています!」とシーンを力説。

まさかの消毒違い!今日、前田が失敗したこととは...?
また、失敗続きで「残念な新人」と言われてしまった 5 人が自分たちだけにしかできないフラを目指して奮闘する物語であることか ら、最近した大きな失敗を聞かれると、「Twitter にも今日投稿したのですが、いつも持ち歩いている消毒液を今朝詰め替えたん ですが、取り出そうとしたら鞄からマキロン出てきて(笑)間違ってはないんですが、近からず遠からず、頼もしい気持ちにはなりまし た。(笑)」と前田が、「オニキスの指輪が好きなのですが、買ったのに失くしてしまったんですね。探して買ったんですが、また失くし してしまって、また買ったんですが、それも失くしてしまって、その指輪がピンポイントでなくなっちゃうんですよね。(笑)」と陶山が、 「手が乾燥する時期にハンドクリームを買うんですが、いつもは安いやつを買うのに、お高いやつを買いまして、鞄に入れて放置して いたら、クリームがぶちまけられていて、色々なものについてしまっていました。1回しか使ってなかったんですけどね。」と水島総監督 がそれぞれ答え、会場を盛り上げた。

最後に「楽しんでもらえたらと心から思っています!108 分お楽しみください!」と水島総監督が観客に話し、上映前のトークは終了した。




エンドロールにフィロソフィーのダンス、サプライズ登場! 生歌唱に観客大盛り上がり! 水島総監督「1億点越えです!」
本編上映終了後、エンドロールが流れるとサプライズで登場したフィロソフィーのダンス。主題歌「サンフラワー」を歌い上げると、観客からは盛大な拍手が起こった。「本当に素晴らしいサプライズですよね!ウルっときました。」と早速、水島総監督が話す。


       
エンドロールでのパフォーマンスを「幸せな気持ちでいっぱいです。みなさん映画を見て胸いっぱいの状態だと思うのですが、そんな 中歌わせて頂けて、私たちが一番幸せなんじゃないかという気持ちです。」と振り返る十束おとは。
舞台袖で歌唱を聴いていた陶山も「元々フィロソフィーのダンスさんがすごく好きだったので、この作品で主題歌を歌ってくださったの が嬉しかったので、試写を見終わって、「サンフラワー」が流れてきて、涙腺が決壊しました。今日、生で見ることができて、興奮しち ゃって、圧巻でした!」と気持ちが昂っている様子。水島総監督も「こうやってフィロソフィーのダンスとお仕事できるのはすごく嬉しい ですして、提供してくださった曲が歌詞から曲からパーフェクトで、幸せなコラボができるとは“監督冥利”に尽きます。1 億点で す!!」と大絶賛!そんな監督の言葉に会場からは拍手が起きる。

日向ハルが「この作品はフラガール同じ目標に向かって絆を深めていく話で、私たちフィロソフィーのダンスもバラバラの環境にいて、 オーディションで集まったので、同じ目標に向かっていくところが作品と共鳴しているんです。なので、その時の気持ちだったり、みなさ んの家族やお友達を思い浮かべた時にほっと心が温まるような、力添えができるような曲になるといいなと思って、今日披露しまし た。」と楽曲に込めた気持ちを明かすと、水島総監督も「見てくれる人に寄り添えるような映画を作りたいと思って作ったので、実際に作っている最中で、役者、フィロソフィーのダンスのみなさんに共鳴して頂けるのはよかったな、とスタッフ一同ホッとしています。タイ トル「サンフラワー」と書いてあった時点で“獲りに来てるな!”と思いましたし、作詞も素晴らしいし、歌唱も散々聴いてきたみなさん の力を感じて、最高でした!一億点越えです!」と、ここでも大絶賛の水島総監督。その言葉を聞いて、佐藤まりあ は「嬉しいで すし、監督から 1 億点の高評価をいただけて、私たちの初めての映画主題歌で、「サンフラワー」を『フラ・フラダンス』の主題歌にし ていただけて本当に嬉しいです!公開まであと少しということで、この楽曲で盛り上げていけたらなと思っています。」と、奥津マリリも 「映画の中でも“乗り越えてきたんだ”というセリフがあるように、この曲も乗り越える力に、一歩踏み出せるような力になっていたらな、 と思っています。」と、それぞれ気持ちを話した。

最後に「主題歌のサンフラワーは配信されていますので、速攻 DL してください!僕もヘビロテしています。映画も、もし良かったな と思ったら、ネタバレせずに SNS でつぶやいて応援してくださると嬉しいです。また、劇場に足を運んで頂けたら嬉しいです。ありがと うございました!」と水島総監督が話し、イベントは幕を閉じた。
(写真・オフィシャルレポート)








ディーン・フジオカ演じる鈴懸涼太の新 PV が解禁!!
解禁となったのは、ディーン・フジオカが声を担当する鈴懸涼太のキャラクター PV だ。鈴懸涼太は主人公・夏凪日羽(福原遥)が憧れるスパリゾートハワイアンズの先輩社員。公開された新 PV では、「あの 小学生が入社するくらい月日が経ったんだなぁ」と、日羽の事を昔から知っている様子。日羽の「お姉ちゃん、知ってるんですか?」 そして、「鈴懸さんもいなくなっちゃうんですか?」という言葉の意味とは―。最後には「大丈夫だよ。ここはあの時、誰もが乗り越え たんだ」と日羽が憧れる鈴懸らしい一言で映像は幕を閉じる。鈴懸のキャラクターだけでなく、今回声優初挑戦であるディーンの声 を存分に楽しむこともできる特別な映像となっている。

また、明日 23 日には山田裕貴演じる“平和人篇”、25 日にフジテレビ系で放送の「ノイタミナ」放送中の CM で“新人フラガール篇”が映画公式にて公開予定、要チェック!!


ⒸBNP, FUJITV/おしゃれサロンなつなぎ
12月3日(金)より全国ロードショー

『アイの歌声を聴かせて』より、土屋太鳳演じるシオンがゴッちゃんへ贈る楽曲シーンの映像が48時間限定で公開

【ニュース】
本作の公開3週間を記念して、口コミで泣ける!と大絶賛、土屋太鳳演じるシオンがゴッちゃん(CV:興津 和幸)とアヤ(CV:小松未可子)へ贈る楽曲シーンの本編映像が Youtube にて 48 時間限定で公開



すれ違ってばかりのゴッちゃんとアヤを前にシオンが歌う『Umbrella』について、吉浦監督は「しっとりと歌い上げるバラードに仕上げたかった」と話し、土屋太鳳や工藤阿須加は本作の劇中歌の中で一番好きな曲だとも公言。 工藤は「すっと心に入ってきたのが印象的だった」と他の曲にない安らぎを感じていたと話し、土屋もまた「寄り添っ てくれる感じがすっと入ってきてくれるんだと思います」と話します。まさにシオンという AI(愛)の歌声と共に幸せが広 がり、感動を呼んでいる。

そして、公開からちょうど3週目が経ち、レビューサイトでは、「Yahoo!映画」では平均 4.24 点、「映画 com」平均 4.1 点、「Filmarks」平均 3.9 点(11 月 18 日時点)と引き続き軒並み高評価を獲得!そんな本 作について、上田慎一郎(映画監督)、速水螺旋人(漫画家・イラストレーター)らの絶賛コメントも到着している。

朝日新聞 映画評
日本の高校生を主人公に、ディズニープリンセスもののようなミュージカルアニメーションを作れるだろうか。 本作はそんな高いハードルを軽々と超えてみせる。

梶尾真治(作家)
女子高生型 AI がクラスにやってくるベタな展開のミュージカルアニメかと思いきや、後半にいたり「おもいで」をキーワードにした予想外な逆 転劇に。立派な SF アニメになっていてうれしい驚き。おすすめします。もっと早く観ればよかった!!

上田慎一郎(映画監督)
めっちゃ面白かった!多幸感!SF×ミュージカル×青春で唯一無二の映画に。AI 観も最新版にアップデート。こういう AI 映画を見たか った!あり得る未来としてのリアリティとフィクションとしての飛躍。素晴らしい。後半サビ展開の応酬で胸がとろとろでした。幸せになりました!

速水螺旋人(漫画家・イラストレーター)
テクノロジーは人類のともだちだ。つきあいも長い。ときどきタチの悪い奴かもしれないが、いまさら別れることなんてできやしない。なら、みん なを幸せにしてくれる最高のともだちでいようじゃないか。一緒に歌だってうたえるよ、これはそういう映画です。

ゆかな(声優)
「アイの歌声を聴かせて」公開おめでとうございます!気づけばイヴの時間から 13 年...
 あの頃よりもっと具体的に想像できる現実になった世界で伝えたいこと。あの頃よりもっともっと、映像や音声があるからこそ出来る表現で。それを私がどれだけ深く受け取れたのかはわかりません。でも、「ゆかな」として「ヒト」として出かけたはずの劇場で、いつしか「アキコ」として観ていた自分に気づきました。アキコがシオンを見守っているような、羨ましがっているような、そして喜んで悲しんで支えて慈しむ...そんな気分で。上映の終わりに、自分以外の反応を感じられるのも劇場の醍醐味です。それぞれの目線それぞれの立場それぞれの感覚で 、思うところのある作品なのかもしれません。しかしそれこそがきっと、監督の触れたかったあなたの心の場所なのだと思います。ぜひ、ココロに触れて、ココロを感じてみてください。

配給:松竹 歌:土屋太鳳 ©吉浦康裕・BNArts/アイ歌製作委員会
絶賛公開中

映画 フラ・フラダンス』×『アイカツ!』星宮いちごと夏凪日羽が仲良くアローハー! 特別コラボイラスト公開!!

【ニュース】
テレビアニメ『アイカツ!』の主人公、「星宮いちご」が本作『フラ・フラダンス』の 応援大使に就任した!本作『フラ・フラダンス』と「アイカツ!シリーズ」は繋がりが深く、両作品でキャラクターデザインをやぐちひろこが務めていることから、このスペシャルコラボが実現! それを記念して、本作『フラ・フラダンス』と『アイカツ!』との特別コラボイラストが公開された! 




©BNP/BANDAI, DENTSU, TV TOKYO

公開されたイラストは、『アイカツ!』の星宮いちごと、『フラ・フラダンス』の夏凪日羽が、肩を並べ“アロハ”のポーズをとる、今回のコラボならではのイラストとなっている!
第 34 回東京国際映画祭ジャパニーズ・アニメーション部門にて、本作が上映されると、「キャラデザ、やぐちひろこさんか!めちゃ可愛かった!」や、「やぐちひろこさんキャラデザだ から、楽しみで楽しみで」「キャラ可愛いのよね。多分観にいくと思う」など、早くもアニメファン から本作のキャラクターデザインにも話題が集まっている!

ステージから笑顔を届ける仕事を選んだ新人フラガールたちの成長と友情を描いたオリジ ナルアニメ映画『フラ・フラダンス』。やぐちひろこならではのキャラクターデザインにもご期待いただきたい!


総監督:水島精二「鋼の錬金術師」「機動戦士ガンダム 00」監督:綿田慎也『劇場版 アイカツスターズ!』「ガンダムビルドダイバー ズ」
脚本:吉田玲子「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」『きみと、波にのれたら』
キャラクターデザイン:やぐちひろこ「アイカツ!」「UN-GO」
美術監督:日野香諸里『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』『ひるね姫 知らないワタシの物語』 色彩設計:大塚眞純「アイカツ!」『サイダーのように言葉が湧き上がる』 撮影監督:大神洋一「アイカツ!」「COWBOY BEBOP 天国の扉」 編集:坂本久美子「アイカツフレンズ!」「おそ松さん」 音響監督:木村絵理子『ペンギン・ハイウェイ』「機動戦士ガンダム UC」 音楽:大島ミチル「鋼の錬金術師」「のだめカンタービレ」
主題歌:フィロソフィーのダンス「サンフラワー」 挿入歌:いついろディライト!!「ありがと FOR YOU」 制作:BN Pictures「アイカツ!」「銀魂」
配給:アニプレックス
12月3日より全国ロードショー

プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR