FC2ブログ

劇場版『美少女戦士セーラームーン Eternal』2020年 前編・後編 公開決定

【ニュース】

「美少女戦士セーラームーン」が25周年を迎え、月野うさぎの誕生日である6月30日にファン待望のニュースが飛び込んできた。ファン待望のニュースが飛び込んできた。劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」が2020年に≪前編・後編≫で公開されることが決定した。これは6月30日(日)に行われたファンクラブイベント、『USAGI BIRTHDAY SPECIAL PARTY 2019』にて発表された。アニメ「美少女戦士セーラームーン Crystal」の第4期「デッド・ムーン編」が、劇場版前後編として制作。既に、4期は≪前・後編≫で公開される他、第3期「デス・バスターズ編」に引き続き、今千秋が監督を務め、キャラクターデザインを美少女戦士セーラームーン」「美少女戦士セーラームーンR」「劇場版美少女戦士セーラームーンR」と、テレビアニメ放送開始からキャラクターデザイン、作画監督を担当してきた只野和子が担当することなどが発表されていたが遂にファン待望の続報が発表となった。
 
本作の正式タイトル・公開年と共に、ティザービジュアルが解禁。正式タイトルは、劇場版『美少女戦士セーラームーン Eternal』となり、公開は2020年に≪前編・後編≫共に公開されることが発表されると共に、只野和子が手掛けたキャラクターデザインによる、ティザービジュアルと超特報映像が解禁。原作の武内直子が監修も務める本作のさらなる続報に期待は高まるばかり。








さらに同イベント内では、他にも「美少女戦士セーラームーン」の情報が続々と発表された。
 

 
● 初の電子書籍化決定!全世界で電子書籍の配信が決定。10ヶ国語で7月1日から順次スタートする。
 

 
● UT×美少女戦士セーラームーンコラボが決定!初の電子書籍化を記念して、武内直子先生の歴代イラストを使用したTシャツがユニクロから発売決定!世界26ヶ国にて8月下旬から同時展開する。その他にも、UTme(※1)での展開も予定しており詳細は、ユニクロ公式HP https://www.uniqlo.com/jp/ にて発表していく予定となっている。
※1 株式会社ユニクロが展開する、お客様がスマートフォンを使用して自由にデザインし、オリジナル Tシャツを作成できるサービスです。
 

 
● 2019年、秋にサマンサとのコラボレーションが決定!今回のコラボレーションアイテムは全国店舗、ONLINE等で展開予定。展開ブランドは過去大好評であった『Samantha Vega』『Samantha Thavasa Petit Choice』『Samantha Tiara』に加えて、今年25周年を迎えた『Samantha Thavasa』での展開を予定している。
 

 
● 『セーラームーンカフェ2019』開催決定!!大好評だった『セーラームーンカフェ 2017』が新たなコンセプトで「セーラームーンカフェ2019」になって2019年10月から開催決定。今回のコンセプトは「Girls Night Out」うさぎちゃんたちとみんなで楽しい時間を過ごしましょう!
 

 
●「美少女戦士セーラームーン」の数々の名曲を世に生み出してきた音楽家小坂明子さんの45周年を記念したイベント「小坂明子 45周年記念 美少女戦士セーラームーン Music History Supported by Pretty Guardians」の開催が決定!2019年11月9日(土)、10日(日)に原宿クエストホールにて開催。出演は小坂明子さん、ANZAさんを中心にラインナップ。1日目はピアノ演奏・トークが中心となった内容で座ってゆっくり楽しむ事ができ、2日目はバンド編成で盛り上がる事ができる。(それぞれ楽曲のアレンジも異なる内容で開催)
チケットの最速先行申し込みはオフィシャルファンクラブ”Pretty Guardians” 4年目の会員を対象に実施されます。入会・更新を お考えの方はお早めに!
https://prettyguardians.com/
 
【イベント概要】
「小坂明子 45周年記念 美少女戦士セーラームーン Music History Supported by Pretty Guardians」
開催日:2019年11月9日(土)・11月10日(日)
場所:原宿クエストホール
1日目出演者(予定): 小坂明子・ANZA・赤嶺寿乃・岩名美沙子・栗山絵美・宮澤明子・木村早苗・小野妃香里・吉岡小鼓音・望月祐多
 
2日目出演者(予定): 小坂明子・ANZA・赤嶺寿乃・岩名美沙子・栗山絵美・宮澤明子・穂坂優子・木村早苗・朝見優香・三田真央・白井珠希・望月祐多・笠原竜司・小野妃香里・奥山桃子
 

 
● 史上初!「美少女戦士セーラームーン」のアイスショー開催決定!!開催は2020年6月。出演はセーラームーン好きでも知られるエフゲニア・メドベージェワ選手が決定している。その他出演者や場所は順次発表予定。
 
【コメント映像】

 



 


劇場版『美少女戦士セーラームーン Eternal』
【原作】武内直子
【監督】今千秋
【キャラクターデザイン】只野和子
©武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーン Eternal」製作委員会
 
2020年 ≪前・後編≫ロードショー!
 

『劇場版仮面ライダージオウ』新場面写真&新映像解禁

【ニュース】
『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』の新場面写真&新映像が解禁。新場面写真では、変身ポースを決める詩島剛、そして、オーマジオウの部下カッシーンにダイナミックなキックを決める仮面ライダーマッハの姿が切り取られている。平成仮面ライ ダー最終章である本作で、そのひとりである仮面ライダーマッハが戦うその姿はまさに必見!!
 
 
 
 


さらに解禁された新映像では「追跡、撲滅、いずれも・・・マッハ!!!」と、詩島剛(演:稲葉友)が変身した仮面ライダーマッハが新たな時代に名乗りを上げる姿が映し出されている。そして本作の敵仮面ライダーのひとりである仮面ライダーザモナスとの戦いに挑む場面やスピーディーな仮面ライダーマッハの戦いっぷりがみれる。また、すでに公開となっている予告編からもわかるように「残された最後のひとつ…仮面ライダードライブ…ライドウォッチ…」と、解禁された新映像で明かされ、ゲイツ、ツクヨミの言葉とともに仮面ライダードライブのライドウォッチをめぐる物語が本作のなかで鍵となることがわかる。映像の最後には仮面ライダージオウII、仮面ライダーゲイツリバイブ剛烈、仮面ライダーウォズギンガワクセイフォームの3人が並び立つ姿に期待は高まるばかり。
 
『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』
『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』
劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会 ©石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 ©2019 テレビ朝日・東映 AG・東映
 
映画公式HP http://zi-o-ryusoul.com
 
7月26日(金) 夏休みロードショー!
 

映画『惡の華』祝!6月30日 伊藤健太郎 22歳の誕生日記念!新場面写真が解禁

【ニュース】
押見修造原作の人気コミック「惡の華」を実写映画化した『惡の華』。鬱屈とした青春と、行き場のない衝動を描き、思春期の暗黒面をえぐり出した本作で主役・春日高男を務めるのは、注目の若手俳優の伊藤健太郎。春日の中に自分と通ずる何かを見つけ、執拗につきまとう仲村役には、「ViVi」の専属モデルを卒業後、女優として大躍進を続ける玉城ティナが務める。コミック連載中にはテレビアニメ化・2016年に舞台化も果たし、原作者の逆指名により監督を務めるのは鬼才・井口昇、脚本・岡田麿里とキャスト・スタッフが顔を揃える。
本作で春日高男役を演じる伊藤健太郎が、6月30日に22歳を迎えた。この誕生日を記念して、本作の場面写真が新たに解禁。主人公の春日を捉えた写真は、段ボール をつぎはぎして建てた秘密基地の中で、取り憑かれたような表情で本を燃やす姿、そして背後にはなぜか女性用の下着も吊られているというカオスな状況が映し出され、これまでの作品で見せたことのない狂気を感じさせる表情はもちろん、段ボールとパンツに囲まれた空間で本を燃やすという異質な雰囲気から、この先のシーンが気になりすぎる1枚となっている。
 
伊藤は「正直なこと言うときついこともたくさんあったけど、“春日高男”が好き で、“惡の華”という作品が物凄く大好きで、最後の方には終わりたくないという気持ちが強くなっていました」と振り返っている本作。本編では、今回解禁された写真以上にハードなシーンの連続で、約一ヶ月間の撮影期間をまさに全力で駆け抜け、演じ切ったという。22歳を迎え、出演作も多く控え、若手俳優の中で最も注目を集める伊藤健太郎が挑んだ『悪の華』に期待を高めている。
 
出演:伊藤健太郎 玉城ティナ 秋田汐梨 / 飯豊まりえ 北川美穂 佐久本宝 田中偉登 松本若菜 黒沢あすか 高橋和也 佐々木すみ江 坂井真紀 鶴見辰吾
原作:押見修造「惡の華」(講談社『別冊少年マガジン』所載) 監督:井口昇 脚本:岡田麿里 製作:『惡の華』製作委員会(ハピネット ひかりTV ファントム・フィルム 角川大映スタジオ 日活) 
配給・宣伝:ファントム・フィルム
©押見修造/講談社 ©2019映画『惡の華』製作委員会
 
公式サイト:http://akunohana-movie.jp 
 
9月27日(金)、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
 

渡邊圭祐 1st写真集『その節は。』発売記念イベント開催 ジオウ出演で「度胸がついた」あなたが好きなのは白ウォズ?黒ウォズ?

【イベント】
テレビ朝日系で放送中の『仮面ライダージオウ』(毎週日曜 前9:00)にて、ウォズ/仮面ライダーウォズ役で出演する渡邊圭祐が、6月26日に1st写真集『その節は。』(東京ニュース通信社)を発売。すでに3.000部を完売!これを記念して、6月29日、東京・福家書店新宿サブナード店にて発売記念イベントを実施。渡邊は『仮面ライダージオウ』が初オーディションで初演技にもかかわらず、仮面ライダーウォズ役、さらに1人2役に挑戦し、「黒ウォズ」、「白ウォズ」がSNSではトレンドワードに。『祝え!新たなる王の誕生を』、『我が魔王』など、本編でのインパクトあるセリフも話題になり、初演技ながら高い演技力と謎めいた雰囲気で注目を集めている。
 
そんな彼が『仮面ライダージオウ』出演のために、地元の宮城・仙台から上京したのが昨年の6月26日。そこからちょうど1年、記念すべき日に待望の1st写真集を発売。
 
     
 
    
 

 
ーデビューから1年が経ち、写真集の発売記念イベントを迎えた心境は?
 
渡邉は「まさか1年後に写真集を出しているとは思いませんでした。すごく嬉しいです」と喜び。また、自身の変わったことについて尋ねると「本質的には何も変わってないし変わりたくないのもあります。何にも動じなくなったというか、撮影では生瀬勝久さんやレジェンドライダーの方たちと共演することが多いので、度胸がつきました」と、この1年を振り返った。
 
ー完成した写真集を見た感想は?
 
渡邉は「今回のテーマが25年間生きてきて、僕がどんな生活をしてきたか謎しかないのでそれを表現できたらと、本当にいい写真を撮っていただいたなと、すごくいいものができたと思います」と自信をのぞかせていた。この写真集のテーマ「素、自然体、等身大」。撮影の地として選んだのは、生まれ育った仙台。上京1年の節目に、改めて自分のルーツをたどる旅に。母校、働いていた古着店、かつてよく通っていたという河川敷など、思い出の場所を訪れると、自然に笑みがこぼれ、ナチュラルな表情に。古着店ではセルフスタイリングにも挑戦している。
 

 
またお気に入りのカットはビールを飲む姿といい、ビールジョッキを手に目をくりっとさせて、美味しそうに飲むカットが多く掲載され、「お酒は大好き!」と話し、「2日目の1番最後の写真だったんです。1番最後で1番いい顔をした。2日間を全部、否定されたような」と顔を綻ばせていた。また母校である高校での撮影は「やっぱり青春時代を過ごした場所で、何よりも思い出深い場所。当時のことが甦ってきて、この1年間でマネージャーさんにも見せたことのない顔が写真集で見れると思います」とアピール。
 
ーデビュー作となる『仮面ライダージオウ』も放送終盤に差し掛かり今後はどの様な役者になりたいか?
 
渡邉は「この1年間で学べたことがすごく多いので、それをひとつひとつ吸収するつもりで忘れずに、目の前の仕事を丁寧にこなしていくことですね。いずれはいろいろなところで求められるような役者になりたいです」と語り、今度は「感情が出る人間味が溢れる普通の役。現代人や任侠ものなどやりたい」と目標を打ち出していた。
 
『仮面ライダージオウ』にウォズ/仮面ライダーウォズ役で出演するようになって反響を尋ねると、「公園が大好きで遊びに行くと子供たちがいっぱいいて、子供たちは気がつかないんですけど、お母さんたちが気がついて、『もしかして』と声をかけられます。子供たちもなんとなく握手して、ウォズと後から分かってくる感じですね」と答え、これまでウォズ役しか経験のない渡邉にとって、ウォズ/仮面ライダーウォズという役がこんなにもフューチャーされるとは思ってもみなかったようで、白ウォズ、黒ウォズも含め、「とても愛されるキャラクターを作れたのかな」と嬉しさを噛み締めていた。
 
この写真集の中には、今の「渡邊圭祐」を語りつくすロングインタビューも掲載。魅力がぎゅっと詰まった見どころ満載の1冊となっている。 発売記念イベントではファンとのふれあいもあり、握手とツーショット撮影会も行われ、購入部数により、白ウォズと黒ウォズどちらかのポーズでのツーショット撮影サービスも特典として用意されている。
(編集部)
  
  
 
渡邉圭祐 1st写真集『その節は。』(東京ニュース通信社)
 

劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』2019年12月公開決定!特報&ティザービジュアルも解禁

©プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・The Movie 2019
【ニュース】
TBS系全国28局ネットで放送されてきたテレビアニメ 『新幹線変形ロボ シンカリオン』。6月29日(土)の放送で最終回を迎え、ヒトの「協力」により、長かったキトラルザスとの闘いにも決着がつき、運転士たちもそれぞれの道を歩み始めるなど、大団円で終着駅へとたどり着いたシンカリ オン。感動の最終回を迎えたのもつかの間新たなニュースが飛び込んできた。2019年12月映画化決定!タイトルを、劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X』。さらに特報&ティザービジュアルが解禁された。
 

 
次世代新幹線開発を進めるためのJR東日本の試験車両「ALFA-X(アルファエックス)」は、今回解禁された特報映像やティザービジュアルにも登場。まだまだベールに包まれているALFA-Xが一足先に「シンカリオン」に登場することが明らかに。
 
テレビ版に引き続き劇場版も手掛ける監督・池添隆博からは「劇場版に携わることは以前からの目標でしたので、とても嬉しく、ワクワクしています。スクリーンで進化したハヤトたちやシンカリオンの活躍、新たなシンカリオン、ALFA-Xの登場、そして皆さんにも喜んでもらえるような仕掛けもありますので、ぜひご期待ください!」とコメント。
 
主人公ハヤトの声を務める声優・佐倉綾音からは「私も小さいころ、子どもたちに夢をそそぐ作品に胸をときめかせて映画館に足を運んでいました。今度は大きくなった私たち大人がスクリーンで夢をそそぐ番なのだと、心持ちを新たにしています。」と劇場版への意気込みをみせた。
 
ALFA-Xはなぜシンカリオンになったのか!そして、新たなキャラクターの登場も明らかに!この少年はいったい何者なのか?シンカリオン初の劇場版の続報に期待が高まる。
 
なお映画化決定を記念して、7月1日(月)AM7時からBS-TBSにて、7月7日(日)AM10時30分からTOKYO-MXにて放送が決定!これまで『シンカリオン』を観たことがなかった方も劇場版に向けて作品
を楽しむことができる。加えて「てれびくん」での劇場版『シンカリオン』の漫画連載も決定!連載開始は7/1発売の「てれびくん」8月号から。一足早く劇場版の世界に触れることもできる。
 
監督/池添隆博 脚本/下山健人 キャラクターデザイン/あおのゆか
メカニックデザイン/服部恵大 音楽/渡辺俊幸 音響監督/三間雅文
【アニメーション制作】OLM
【アニメーション制作協力】SynergySP
【CGアニメーション制作】SMDE
【制作】小学館集英社プロダクション
【製作】超進化研究所
【配給】東宝映像事業部
【映画公式サイト】http://www.shinkalion.com
【映画公式twitter】@shinkalion
©プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・The Movie 2019
 
12月全国ロードショー!
 

映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』初日舞台挨拶

【イベント】
6月28日に封切られた映画『ホットギミック ガールミーツボーイ』の初日舞台挨拶が都内にて行われ、主演の堀未央奈をはじめ、清水尋也、板垣瑞生、間宮祥太朗、桜田ひより、上村海成、山戸結希監督が舞台挨拶に登壇。この舞台挨拶の会場は映画のロケ地でもある豊洲。映画の撮影以来、豊洲での舞台挨拶に凱旋できた感想を堀に聞くと「初(はつみ)自身そして私自身としても思い出の場所。良かった」と語った。主演の堀未央奈が“初出演”で“初主演”、さらには演じた役の名前が“初(はつみ)”と“初”尽くしである本作にちなんで、“新時代の青春恋愛映画”と銘打たれた本作の封切を祝し、めでたく【一文字・書初め】で映画の魅力を表現。作品に込めた想いや本作の魅力を語った。
 

 
【堀未央奈】
『叫』:この映画中では様々なキャラクターの心の叫びが一瞬一瞬、描かれた作品。毎日いろんな悩みで苦し んでいる方を後押しできるのではないかと思って演じていたので、その叫びがたくさんの人に届いたらいいなと感じてこの言葉を選びました。」
 
【清水尋也】
『創』:この作品がこの先、日本の映画界においてどんな存在になっているかを考えた時に、この映画が新しい 恋愛映画の元祖になっていてほしいと思うし、そういった道筋を作ったと思っているので願いをこめてこの 字にしました。」
【板垣瑞生】
『光』:作品の中で様々な光がある作品なんです。今たくさんの方々がいろんな悩みをかかえている時代、それ ぞれの人にとってこの映画が光になるような作品になればいいなという思いでこの言葉を選びました。
【間宮祥太朗】
『瞳』:一瞬一瞬、撮影を重ねるごとにかわっていく。そんな体験をこの映画でしました。言葉が多くない分、山戸監督から瞳に対しての演出が多かったので瞳にしました。瞳の中の色や温度が全然違うので魅力を感 じておりました。
 
【桜田ひより】
『瞬』:この映画は毎回撮るたびに表情が変わったり瞬間を切り取ったような作品になっています。見てくださった人にもそこを見てほしいと思っています。そして見てくださった方にも自分自身で考えてみてもらえたら 嬉しいです。
【上村海成】
『溶』:役者として、山戸監督の世界観に溶け込んでいけるような気持ちでした。改めてこの作品でみなさんの世界でも溶け込めるような作品になるといいなと感じてこの言葉を選びました。
 
【山戸結希監督】
『色』:古代のアリストテレスの言葉で、昔は「青」という色が認識されていない時代がありました。この作品はいろいろな色が出てくるんですが、みなさんにとってこの作品はどんな色だったのか思い出してもらえたら、うれしいです。
最後に、山戸監督は「本当に『ホットギミック ガールミーツボーイ』のような映画を撮る機会をいただけていることが光栄です。 『女の子のために、ティーンズムービーを撮られてるんですね』と驚かれることがあるのですが、女の子向けの映画を女の子のために撮らないなんてこの世にありえていいのかなと驚いていました」と語り、「たった一人の女の子に向けた映画がたくさんの人に届いたらすごくうれしいです。その最初の日にお越しくださり、ありがとうございました」と感謝。
 

 
堀は「映画が無事公開され、うれしく思います。これからたくさんの女の子や男の子が見てくださると思いますが私自身、この映画と10代の時に出会っていたかったなと演じながら思っていました・・・」と涙を浮かべ「山戸監督がたくさんの愛を作ってくださって、スタッフ、キャスト共に、この映画をたくさんの人に届けたいという思いで、一生懸命一分一秒愛を込めて、演じたということよりも心の底からセリフを言って作品を作っていったので、10代、20代の方はもちろん大人の方にもこの映画を見てすごくよかったなと思ってもらえたらいいなと思っています。是非最後まで見てください」と涙ながらに、本作にこめた精一杯の想いを観客に伝え、初日舞台挨拶締めくくった。
(オフィシャルレポート・スチール)
 
大ヒット上映中!
 

映画『今日も嫌がらせ弁当』初日舞台挨拶

【イベント】
6月28日、映画『今日も嫌がらせ弁当』が公開初日を迎え、都内にて舞台挨拶を実施。篠原涼子、芳根京子、佐藤隆太、松井玲奈、佐藤寛太らキャスト陣に加え、主題歌を務めたフレンズ、塚本監督が舞台挨拶に登壇した。初日を迎えた心境や撮影時を振り返った。
 
まず、「本当に昨日の夜は眠れないほど緊張しちゃったんですが、今日皆さんと会えると思うと元気が出てきて、本当に元気をくれる作品だと思います!」と心から喜びを露わにした篠原。kaori(ttkk)さんのすごいと思うところを聞かれると「やっぱり3年間毎日、キャラクターとユニークなメッセージ入りのお弁当を作っていたことですね。他の仕事をしながらやっていた忍耐力に、同じ母としても尊敬します。とくに貞子弁当とか。あのお弁当が一番好きなんです」と振り返った。反抗期の娘・双葉を演じた芳根は、実際には反抗期がなかったそうですが「私の兄に反抗期があったと聞いたので、 役作りのために、母にインタビューしました。意思疎通ができないのが一番辛かったと言っていたのですが、この映画ではお弁当を通して意思疎通が出来ていたので、より一層素敵だなと感じました」と役作りの裏話も。また、「憧れの篠原さんとついに連絡先を交換し、お食事に行けました!」と報告し満面の笑み。
 
シングルファーザー役を演じた佐藤隆太は、「篠原さん、芳根さん、松井さんの演じる家族の雰囲気が良くて、僕が出てく ると、出なくていいよ~(笑)!って思っちゃうくらいずっと見ていたい家族で。でも僕が出ることで、少しでも世の中の男性が共 感できる部分を作れているのであればうれしいですね」と思いを語った。また、撮影中のエピソードを聞かれると、「息子役のお子さんと上手くやれるか不安だったのですが、メイク中からやたらめったらちょっかいをかけてくる子で(笑)。彼のおかげで初日から家族という関係を作れたと思います!」と裏話も。
 
芳根演じる双葉の姉・若葉を演じた松井玲奈は、映画の中で共感したポイントについて、「母に観てもらいたいと思った作品です。お弁当に関する小さい喧嘩はよく母ともあったので共感できます。【プチトマト戦争】というのがあって(笑)。プチトマト を温かいものの横に入れないで!と言ってるのに、絶対に母は入れてくるんですよ。でも(この作品に出たことで)そんな思い出話もできて、母に感謝の気持ちを伝えられました」と、心温まるエピソードを披露した。
 
本作で八丈太鼓を披露した佐藤寛太は、「和太鼓は経験していたんですが、八丈太鼓は叩き方もリズムも全然違って。アドリブのようなところがあって、叩き慣れていないとなかなかうまく叩けないんですよ。八丈島の海沿いで島の皆さんと一緒に太鼓を並べてたくさん練習しました」と、苦労とともに八丈島の思い出も。
 
また、本作で初の主題歌を担当したフレンズのひろせひろせは「主題歌作りは監督と何度もやり取りして大変だよ、と先輩からは聞いていたんですが、なんと一発OKでして」と話すと会場からは大きな拍手。作詞を担当したえみそんからは実は主題歌の中に塚本監督のお子さんたちの名前がこっそり入っていることも明かされた。
 
塚本監督は本作が生まれた経緯について、「本屋さんでこれを立ち読みした後にもう声を出して笑っちゃって。本を買った後に、最後まで読んだら泣いてしまい。これを自分で映画にして、皆さんにもこの面白さや感動を届けたいと思いました。それが本当に叶って今日はとても嬉しいです!」と喜び。
 

 

 
ここで、サプライズゲストとして本作の原作者・kaori(ttkk)さんが登場。この日のために、作品作りに関わった皆さんへの感謝の思いを込めた“感謝状弁当”が登場!あまりの大きさに、キャスト陣も驚き、佐藤隆太、佐藤寛太がステージ中央でふたを開けると、そこには『沢山の感謝。たいせつな家族。たくさんの想い出。 いっぱいの愛。すてきな映画をありがとう』とメッセージ入り。これを見た篠原は興奮して「すごーい!唐揚げおいしそう!」と会場の笑いを誘い微笑ましい雰囲気に包まれ、芳根も感極まり、目を潤ませた。
 
最後に篠原より、「この作品は監督・スタッフの方が4年間温めた作品です。ひとりでも多くの方にこの作品の愛が伝わればいいなと思います。愛してるよーー!!」と、メッセージで舞台挨拶を締めくくった。
(オフィシャルレポート・スチール)
 
映画『今日も嫌がらせ弁当』絶賛公開中
 

映画『見えない目撃者』特報映像解禁

【ニュース】
吉岡里帆主演のノンストップ・スリラー作品『見えない目撃者』の特報映像が解禁。ある日、車の接触事故に遭遇、その事故現場で車の中から聞こえた女性の声から誘拐事件が起きていると考え、聴覚、触覚、嗅覚などで感じた手がかりを駆使して事件を追う。やがてそれは「女子高生連続殺人事件」に発展、猟奇殺人犯は真相に近づこうとするなつめの身にも迫っていく...。
主演は吉岡里帆。悲しい過去を抱え葛藤しながらも、立ちはだかる障害や迫りくる危機に果敢に 立ち向かう難役に挑み、俳優としての新境地を見せる。共演には高杉真宙。なつめの「人を救いたい」という熱意に感化され、彼女の“もう一つの目”となり事件に立ち向かっていく一人の少年を静かに熱演している。監督は森淳一。
 

 
特報映像では暗闇に響き渡る「助けて!」という叫び声、何者かに引きずられていく少女 の姿、そして猛スピードで迫り来る車といった事件のパーツを、まるで吉岡里 帆演じる目の見えない元・女性警察官なつめの視点を体感させるかのように、断片的かつ緊張感たっぷりに映し出していく本映像。「わたしは確かに女性の声を聞いたんです」と、事件を”目撃”したことを目が見えないながらに力強く訴えるなつめと、そんなひたむきな姿に感化され、事件解決に協力する高杉真宙演じるスケボー少年の春馬。最後は、目の見えないなつめに代わり、背後に迫る猟奇殺人犯の存在に気付いた春馬が「危ない!」と叫ぶシーンで締められ、その先の展開に目が離せない。
 
目の見えない元警察官という難役に挑戦、笑顔を封印し今まで誰も見たことがないシリアスな吉岡と、若手実力派俳優・高杉との共演。本作を強烈な戦慄を覚える究極のノンストップ・スリラーへと昇華し、その表現からR15指定が確定。五感に訴えかける究極のノンストップ・スリラーとなっている。
 
【ストーリー】
警察学校卒業式の夜、自らの過失で弟を事故死させてしまった浜中なつめ(吉岡里帆)。 そのときの事故が原因で失明し、警察官を諦めた彼女は、弟の死を乗り越えることができずに3年経った今も失意の中にいた。 そんなある日、なつめは車の接触事故に遭遇する。その事故現場で車中から聞こえた、助けを求める少女の声から誘拐事件の可能性があると訴えるなつめ。視覚以外の感覚から感じ取った『目撃』情報を警察に提示するも、警察は目の見えないなつめを 『目撃者』足り得ないと考え、捜査を打ち切ってしまう。それでも、少女を救いたいと考えるなつめは、事故現場で車に接触したスケボー少年・国崎春馬(高杉真宙)を探し出す。やがて、彼らの必死の捜査により女子高生失踪が関連づけられてゆくのだが、 猟奇殺人犯の魔の手は彼らにも迫ってくるーーー
 
出演:吉岡里帆 高杉真宙
監督:森淳一 脚本:藤井清美 森淳一
Based on the movie ‘BLIND’ produced by MoonWatcher 企画・制作プロダクション:ROBOT・MoonWatcher
幹事・配給:東映
(C)2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ (C)MoonWatcherandN.E.W.
公式サイト http://www.mienaimokugekisha.jp
 
9月20日全国公開
 

映画『牙狼〈GARO〉 -月虹ノ旅人-』ファンタジア国際映画祭に正式出品決定

【ニュース】
TVシリーズ「牙狼〈GARO〉-魔戒ノ花-」に続く、冴島雷牙シリーズ待望の最新作『牙狼〈GARO〉 -月虹ノ旅人-』が、北米最大のジャンル映画の祭典である2019年ファンタジア国際映画祭のアジアン・セレクションに正式出品されることが決定した。日本映画が数多く上映されるファンタジア国際映画祭は、1996年から開催され、毎年30作品近い日本映画が上映されている。
 
このファンタジア国際映画祭では、2010年に石田裕也監督の『川の底からこんにちは』、2015年には園子温監督の『リアル鬼ごっこ』が作品賞受賞。昨年は石田祐康監督の『ペンギン・ハイウェイ』、上田慎一郎監督の『カメラを止めるな!』、福士蒼汰主演のアクション大作『BLEACH』など日本の話題作が上映されることでも知られている。今回牙狼〈GARO〉シリーズ、初の海外国際映画祭での上映となる。
 

 
また本作を手掛けた雨宮慶太監督によるワークショップも開催。映画祭上映日翌日の7月31日に映画祭側からの熱い要望で雨宮監督による 60~70分のワークショップが開催される。雨宮監督自身が1980年以降に手掛けたキャラクターやモンスターの写真を、スライド形式で詳しく紹介・説明をしていくというもの。これまで、フランスのジャパンエキスポや台湾のコミックフェアイベント国際動漫節などに招待され、世界のファンも魅了する映像クリエイターである雨宮監督だが、ついにファンタジア映画祭に降臨!雨宮監督からコメントも到着している。
 
【雨宮慶太監督コメント】
2005年に誕生した牙狼。私の創作活動は牙狼と共に過ごした14年でした。本作<月虹ノ旅人>は今まで製作した多数の牙狼シリーズを愛し応援してくれた人たちへの感謝の気持ちで溢れた映画になりました。しかし、まだ牙狼を見ていない人でもこの不思議な列車の乗客となり牙狼の世界を楽しんでもらえると思います。そして海外の人達にとって本作がさらにまだ見ぬ牙狼世界に旅立つ切符であれば幸いです。
 
―雨宮慶太(原作・脚本・監督)
 
上映会後にはQ&Aも行われるとのことで、多くのファンが集結することは間違いないだろう。
 
原作・脚本・監督:雨宮慶太
エグゼクティブ・プロデューサー:二宮清隆 アクション監督:横山誠
出演:中山麻聖、石橋菜津美、水石亜飛夢、螢雪次朗
江田友莉亜 倉持由香 川瀬陽太 つぶやきシロー / 下條アトム / 松田悟志
特別協力:サンセイアールアンドディ
製作・配給・制作:東北新社
エンディング主題曲:JAM Project 「雷牙−月虹ノ旅人−」
©2019「月虹ノ旅人」雨宮慶太/東北新社
 
公式サイトhttp://garo-project.jp/GEKKOU/
 
『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』は 7月25日(木)に東京・神奈川・大阪・名古屋・博多・札幌にて特別先行上映が行われ、10月4日(金) より新宿バルト9 ほかにて全国ロードショー!
 

映画『殺カレ死カノ』特報・ティザービジュアル・場面写真一挙解禁

【ニュース】
漫画家・ 世紀末の処女作にして代表作「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)を、間宮祥太朗・桜井日奈子のW主演で実写映画化。今回、特報・ティザービジュアル・場面写真が解禁された。特報映像では、四コマ漫画への読者からの絶賛コメントが並び、生徒たちの喧騒から離れて、教室で殺されたハチを埋葬している鹿野なな(桜井日奈子)が映し出される。
 

 
「死にたい」が口癖でリストカット常習者の鹿野は、ネガティブな言動で変わり者として周囲から孤立していたが、虫の命を大切に扱う心優しい少女。一方、何にも興味を持てず退屈な日々を送っているクラスメイトの小坂れい(間宮祥太朗)は、そんな鹿野の姿に思わず興味を抱く。そして<ハチの埋葬>をきっかけに、いつの間にか一緒に過ごすようになる二人だが、今回の映像では学校の屋上から飛び降りようとする鹿野をあわてて小坂が止めるドラマティックなシーン、⻭に衣を着せぬ不器用で不愛想な会話が交わされる日常の様子、鹿野が叫んで走り出したり、小坂の背後に激突するコミカルな一幕、眠る鹿野に小坂がそっと顔を近付けるドキッとするカットなど、さまざまな場面を通じて二人のキャラクターと、友人とも恋人ともつかない絶妙な距離感が描かれている。
 
鹿野「スマホと私どっちが大事なんだよ」 小坂「スマホ」
小坂「お前って自分以外みんな嫌いとか?」
鹿野「私が一番嫌いなのは私自身だよ」
鹿野「今日も死ねなかったか...」 小坂「死ぬ気が足りねーんだよ。本気出せ」
 
そしてラストでは、一見衝撃的で物語を想像できない謎めいた本作のタイトルについて、「ふたりの結末を見届けたとき、タイトルの本当の意味に涙する」というメッセージがスマホとともに投げかけられる。
 
   
また、ティザービジュアルは、糸電話を耳にあてている小坂と鹿野の 意味深なカット。<君の隣で、世界は変わる。>というコピーも、出会 いによって大きく変わっていく二人のドラマを予感させる。
 
場面写真では、ティザービジュアルの使用カットほか、<スマホ依存症>と<リストカット常習者>という二人のキャラクターを示すような小坂と鹿野のソロカット、高校の屋上で二人で過ごす小坂と鹿野 のツーショット、そして屋上から飛び降りようとする鹿野を止める小坂を切りとった場面写真の4点となっている。
 
間宮祥太朗 桜井日奈子
恒松祐里 堀田真由 箭内夢菜 ゆうたろう
金子大地 中尾暢樹/佐藤玲 佐津川愛美/森口瑤子
監督・脚本:小林啓一 原作:世紀末「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA 刊)
製作:「殺さない彼と死なない彼女」製作委員会 制作プロダクション:マイケルギオン
配給:KADOKAWA/ポニーキャニオン
©2019 映画『殺さない彼と死なない彼女』製作委員会
 
11月15日(金) 新宿バルト9ほか全国ロードショー
 

プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR