FC2ブログ

記事一覧

アメリカ映画で初主演!井浦新がカウボーイに!? 映画『東京カウボーイ』6月7日日本公開

【ニュース】
キャリア絶好調の俳優・井浦新が ついにアメリカ映画デビュー!
喧騒の東京から、大自然が広がる米・モンタナの牧場へ…。
効率至上主義のサラリーマンがカウボーイ文化に触れて人生を見つめ直すヒューマンドラマ。
『男はつらいよ』の現場経験もあるマーク・マリオット監督のもとに藤谷文子、デイヴ・ボイル、國村隼らグローバルな才能が集結!


この度、映画『東京カウボーイ』が 6 月 7 日(金)より、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国順次公開されることが決定。 また、来月 3/1 より始まる第 19 回大阪アジアン映画祭にてクロージング上映(インターナショナルプレミア)に選出、3 月 11 日(月)は東京で舞台挨拶付き特別先行上映会を開催する。


昨年から今年 2024 年にかけて映画『福田村事件』、『アンダーカレント』、『人生に詰んだ元アイドルは、赤の他人のおっさんと住む選択をした』、『ゴールデンカムイ』、『青春ジャック 止められるか、俺たちを 2』、大河ドラマ「光る君へ」、ドラマ「おっさんずラブ -リターンズ-」と話題作への出演が相次ぎ、キャリア絶好調の俳優・井浦新がついにアメリカ映画デビュー!上昇志向の強い日本人ビジネスマンが、出張先のアメリカ・モンタナ州の牧場でカウボーイ文化に触れて変わっていく姿を繊細かつまっすぐに演じ、この度の日本劇場公開を機に、世界中の映画ファンを魅了する。


映画の舞台は、どこまでも空が続くことから「ビッグ・スカイ・カントリー」と呼ばれるモンタナ州。とある牧場の経営を立て直すためにやってきた主人公のヒデキは、壮大な計画をプレゼンするも東京の常識は通じず、すぐに行き詰まってしまう。だが、いやいやながらもスーツを脱いでカウボーイ姿に着替え、自然や動物とともに生きる人々と交流するうち、人生を変える出会いが訪れる——。

本作のマーク・マリオット監督はかつて日本の巨匠、山田洋次監督の弟子入りを志願し、山田組の海外現場(第 41 作『男はつらいよ 寅次郎心の旅路』)に参加した経歴の持ち主。その時の異国体験が作家としての原点となった。その後、モンタナの牧場で研修する日本人会社員について書かれた記事からもヒントを得て本作を企画。日本のオフィス街とは何もかもが異なるモンタナの原始的な風景を舞台に、“異邦人”が経験するさまざまな感情を普遍的なヒューマンドラマに仕立て上げた。

心の交流をテーマにした本作には、井浦のほかにも日米2カ国の文化と言語の微妙なニュアンスを表現できる多彩なスタッフとキャストが集結。脚本は、『Man from Reno』で数々の映画賞を受賞し、Netflix シリーズ「忍びの家 House of Ninjas」で脚本&監督を務めたことも話題のデイヴ・ボイルと、平成『ガメラ』シリーズ3部作のヒロインやミシェル・ゴンドリー監督『TOKYO!/インテリア・デザイン』主演などを経て、現在はアメリカを拠点に脚本家としても活躍する藤谷文子が共作。藤谷は井浦扮する主人公の上司であり恋人でもある役柄でキャストにも名を連ねている。

さらに日本を代表する国際派俳優・國村隼が和牛の専門家役としてコミカルな存在感を放つほか、ゴヤ・ロブレス、ロビン・ワイガートらアメリカのテレビドラマに欠かせない名優たちが牧場の人々として出演。プロデューサーは実写版『ジャングル・ブック』、『プーと大人になった僕』、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ、『トロン: レガシー』などハリウッド大作を多数手掛けてきたディズニー・スタジオ所属プロデューサーのブリガム・テイラー。本作が初のインディペンデント映画となる。


劇場公開決定に際し、主演の井浦新よりコメントが到着した。

井浦新 コメント

「あなたの出演している映画を観てきて、一緒に仕事がしたいとずっと想っていた」。
世界中がまだ COVID-19 の不安の中にあった頃、オンラインで初めてマーク・マリオット監督と話した時にいただいた言葉。
具体的に自分の芝居の特徴や感じたことなど、言葉でたくさん伝えてくれた。
作品への取り組み方や役へのアプローチの仕方、俳優としてどのような道を歩んできたのかなどにも興味を持ってくれていて語らい合った。
マーク監督始めプロデューサーのブリガム・テイラーと脚本チームの藤谷文子さんとデイヴ・ボイル。
そこにいるマーク組の皆さんはちゃんと観てくれていて、必要としてくれているのを感じました。とても嬉しかった。
その想いに応えたい!一緒に映画づくりがしたい!ここから私の『東京カウボーイ』が始まりました。
アメリカのモンタナ州の壮大な大自然の中と東京の街とで撮影されたハートウォーミングなこの映画が、皆さんの心に優しく響き、楽しんでいただけたら幸いです。


『東京カウボーイ』 舞台挨拶付き 特別先行上映会

日時:3 月 11 日(月) 19:00 の回(上映前舞台挨拶予定)
舞台挨拶ゲスト(予定):井浦新、藤谷文子、マーク・マリオット(監督)
会場:YEBISU GARDEN CINEMA(渋谷区恵比寿 4-20-2 恵比寿ガーデンプレイス内)
チケット料金:2,000 円均一
チケット発売:3 月 4 日(月)より劇場窓口やオンラインにて販売開始
詳しくは「YEBISU GARDEN CINEMA」HP にて https://www.unitedcinemas.jp/ygc/index.html


出演:井浦新、ゴヤ・ロブレス、藤谷文子、ロビン・ワイガート、國村隼
監督:マーク・マリオット / 脚本:デイヴ・ボイル、藤谷文子 / プロデューサー:ブリガム・テイラー
2023/アメリカ/英語、日本語/2.35:1/5.1ch/118 分/原題:TOKYO COWBOY
6 月7日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

カテゴリ