FC2ブログ

記事一覧

映画『毒親<ドクチン>』過剰な愛を受けて育った娘の闇を描く韓流ミステリー 4月6日公開

【ニュース】
『オクス駅お化け』制作スタッフ&新鋭女性監督による韓流ミステリー!キム・スイン監督『毒親<ドクチン>』が4月6日(土)よりポレポレ東中野ほかにてロードショー公開することが決定した。

成績が優秀で優等生の高校生ユリ。そして、誰よりもユリを愛する母親ヘヨン。二人は誰が見ても完璧で理想の母娘と周囲では羨ましがられている。しかし、実はユリは母へヨンの度を過ぎた教育と執着に長年悩まされていた。ある模擬試験の当日、学校には登校せず姿を消したユリは、キャンプ場で遺体となって発見される。捜査に乗り出したオ刑事は、自殺の可能性が高いとみていたが、ヘヨンは頑なに認めようとしない。逆に担当教員ギボムが、ユリを呼び出していたことを知ったヘヨンは、その教員を疑い裁判を起こす。事件を探れば探るほど徐々にヘヨンの歪んだ母性愛が浮かび上がり、やがて衝撃の真実があらわになる―。


監督は、日韓合作ホラー映画『オクス駅お化け』の脚色や『覗き屋』の脚本を担当、若くして才能にあふれたキム・スインの満を持しての長編映画監督デビュー作となる。スタッフは『オクス駅お化け』の制作チームが本作の為に再結集した。母ヘヨンを演じるのは、韓国で国民的に愛された TV ドラマ『ストーリー・オブ・マーメイド』『妻の誘惑』などの主役を務めたチャン・ソヒ。数々のドラマに出演しているが、本作で6年ぶりのスクリーン復帰を果たした。娘ユリは、モデルとして活躍した後、ネットフリックスドラマ『ペーパー・ハウス・コリア: 統一通貨を奪え』で注目を集めたカン・アンナ。多感で複雑なユリというキャラクターを見事に演じてみせた。

日本では「モンスターペアレント」という言葉で広く認知されたが、韓国では現在、子供への過剰な教育や躾(しつけ)を強いる親の存在が、大きな社会問題となっている。

本作はその名の通り子供にとって<毒なる親>というべき存在を、母親、娘、周囲の人間それぞれの視点で描きながら、息つく間もない展開で観るものを釘付けにする韓流ミステリーの傑作がここに誕生した。

解禁されたメインビジュアルには、ユリ(カン・アンナ)が、学園内で同級生の友人イェナ(チェ・ソユン)に後ろから何かをささやかれている姿が採用され「あまりにも強すぎる母の愛が、彼女を壊していく―」というキャッチコピーが添えられている。不安気な表情をみせるユリが、一体どんな秘密を抱えて生きているのか―それは是非、本編をご覧頂きたい。


監督・脚本:キム・スイン 
出演:チャン・ソヒ、カン・アンナ、チェ・ソユン、ユン・ジュンウォン、オ・テギョン、チョ・ヒョンギュン
製作:ミステリーピクチャーズ、ZOA FILMS 配給:ミステリーピクチャーズ、シグロ 
宣伝:ブライトホース・フィルム
韓国/104 分/DCP R15+ ©2023, MYSTERY PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED
第 27 回富川国際ファンタスティック
映画祭公式招待作品
第 28 回愛知国際女性映画祭
公式招待作品
4 月 6 日(土)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ