FC2ブログ

記事一覧

主演 笑福亭鶴瓶×原田知世 読み書きのできない夫が35年間連れ添った妻に向けて書いた一通のラブレター 映画『35年目のラブレター』2025年3月7日公開

【ニュース】
読み書きのできない夫が
35年間連れ添った妻に向けて書いた一通のラブレター
主演 笑福亭鶴瓶 初共演の原田知世と夫婦役に!人々の心に感動を残した本当にあった話を映画化『35年目のラブレター』2025年3月7日(金)公開

「僕は君に、以前ラブレターを書く約束をしましたね」
字が書けない夫が結婚 35 年の節目に妻へ宛てた一通のラブレター。
たどたどしくも精一杯の気持ちをこめて一字また一字……。
戦時中に生まれた西畑保さんは十分な教育を受けることができず、読み書きができないまま大人に。保さんは自分を支え続けてくれた最愛の妻・皎子さんへの感謝を自身で書いた手紙で伝えようと、夜間中学に通い始める。一から文字を習い、妻へのラブレターを書こうと奮闘するのだが…。この夫婦のエピソードは 2003 年に朝日新聞で紹介されるとテレビや雑誌で取り上げられ、さらには創作落語になるなど様々な形式で広まり多くの感動を呼んだ。

そして、この実話をもとにした映画の製作が決定!主人公の西畑保役は、落語家・タレントとして笑顔を届け続ける傍ら、『ディア・ドクター』(2009)『閉鎖病棟-それぞれの朝-』(2019)「しずかちゃんとパパ」(NHK)など俳優としても活躍を重ねる笑福亭鶴瓶。その妻・西畑皎子役には、2022 年にデビュー40 周年を迎え、歌手活動と共に『星の子』(2020)「あなたの番です」シリーズなど話題作に出演し続ける原田知世を迎える。

芸能界の前線で活躍するベテラン俳優の 2名が初共演、明るく愛に満ちた夫婦像を二人三脚で作り上げていく。監督・脚本は『ぼくたちと駐在さんの 700 日戦争』(2008)『今日も嫌がらせ弁当』(2019)「舟を編む ~わた
し、辞書つくります~」(NHK)などユーモアに富んだヒューマンドラマを手掛ける塚本連平が務め、涙と笑いの物語が誕生する。


映画は 2024 年 3 月現在、鋭意撮影中。西畑夫婦を演じる鶴瓶と原田のにぎやかな掛け合いが飛び交う撮影現場からはキャスト2名のコメントが到着。塚本連平監督、そして物語のモデルとなった西畑保さんからもメッセージが届き、それぞれの作品への想いが収められている。



笑福亭鶴瓶:西畑 保(にしはた たもつ)役

西畑保さんのことは弟子のノンフィクション落語で字が書けない話だと大まかには知っていましたが、オファーをいただいて映画の脚本を読んで面白そうと思いましたし、その後原田さんが妻役だと聞いて「ぜひ!」とお伝えしまし
た。原田さんには僕が旦那で気の毒ですけど…(笑)。全然喋らなくてもいいなって思える空気で、完全に夫婦になってます。
先日、西畑保さんに実際にお会いしました。歳を重ねてから何かいいものを手に入れた人って、なんか嬉しそうなんです。そこが一番大事です。嬉しそうなんですね。「字」を書いたことで人生が豊かになって、それだけ努力もされ
て…凄く素敵な方でした。
粛々と気張る必要なく淡々と過ごしていった結果に、幸せがある。そう思って撮影に臨んでます。何度も言いますが、原田さんと一緒に演技できるのが嬉しいですね(笑)。



原田知世:西畑皎子(にしはた きょうこ)役

脚本を読んで本当にすごく素敵なご夫婦のお話だと思いました。舞台が奈良県なので関西弁での演技が少し不安でしたが、鶴瓶さんと夫婦役をやらせていただくこんなチャンスはないと思い、参加させてもらうことを決めました。
この作品に出会ってはじめて映画の元となった西畑保さんの実話を知りました。大人になってからでも何かを始めて、達成することができるのだと希望が持てるお話です。
物語自体は日常が描かれています。だからこそ、鶴瓶さんと一緒に夫婦の空気感やテンポを大切にしています。ワンシーンの積み重ねひとつひとつが、最後に大事な思い出のひとつひとつになる。そういう作品だと思って、鶴瓶さん
をずっと見つめていろいろ発見したいですし、その時間を大事にしようと思います。


西畑 保さん
僕の人生が映画化されると聞いた時、驚きました。夢かと思いました。初めて鶴瓶さんの名前を聞いてあの有名な方なのかと、それも夢のようでした。この映画を沢山の方々に見てほしいです。今から心がわくわくしています。そのために長生きしたいです。

塚本連平監督
西畑保さんの人生を知り、そのラブレターを読み、絶対に映画にしたいと思いました。コロナ禍で保さんに電話で何度も取材してから 4 年目、ついにクランクインを迎えます。思い描いていた夢のキャスティングが実現し、撮影は期待と喜びしかありません。夫婦の物語、家族の物語、絆の物語、学ぶ事、夜間中学、戦争、普通って何?幸せって何?そして、可能性の物語。保さんの人生を通して、多くの伝えたい事を全て入れました。大笑いして、大泣きして、優しくて、素朴で、心に残る映画。観終わって誰かに感謝を伝えたくなる、そんな映画を目指します。



出演:笑福亭鶴瓶、原田知世 
監督・脚本:塚本連平
配給:東映
公式Xアカウント:@35th_loveletter
公式Instagram:@35th_loveletter
©2025「35年目のラブレター」製作委員会
2025年 3月7日(金)全国公開


関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ