FC2ブログ

記事一覧

『忍びの家 House of Ninjas』賀来賢人とデイヴ・ボイル監督が作品の裏側を語り尽くす特別メイキング映像解禁


【ニュース】
本作は、現代に生きる最後の忍び家族を描いた完全オリジナルストーリー。スリリングな物語のなかで、スタイリッシュな忍者アクションや家族ドラマも紡がれ、これまでにないまったく新しい忍者ドラマとして国内外で多くの支持を集めている。2 月 15 日(木)の配信以降、大ヒットを記録しており、Netflix 週間グローバル TOP10(非英語シリーズ)で1位を獲得!(集計期間:2/19(月)-2/25(日))世界中で”忍者旋風”を巻き起こしている。


賀来賢人とデイヴ・ボイル監督が明かす制作の裏側!特別メイキング映像が解禁!!



本作の大ヒットを受け、賀来とデイヴ監督が本作の制作秘話を明かす特別メイキング映像が解禁となった。



映像は、本作のクランクアップシーンから始まる。「皆さんの熱量と本気度に、ただただ僕は引っ張られてここまでやってこれた」と、涙を流し感謝を述べるその姿から、いかに賀来が並々ならぬ気持ちで本作へ挑んでいたかが伝わってくる。 

そんな賀来が、制作する中で感じたこと、撮影秘話について明かしており、監督を務めたデイヴ・ボイルは、本作の監督に至った経緯や本作の美術、”忍び”の魅力について語っている。
また、賀来は本作の印象に残っているエピソードとして、タキ役の宮本信子から、「すごい台本いいわね」と言われたことをあげ、同時に「いいからこそ、家族の関係性をちゃんと作らないと」とも言われたそうで、”家族”というものをどこまで緻密に作れるかが勝負だった、と語る。

続いて登場するのが、実際にスタジオに建てられた巨大な日本家屋、”忍びの家”である俵家のセット。
賀来は、最初に美術チームからこの家のプランが出てきた際は、驚きを隠せなかった様子で、このセットがなければ成立しなかったと語るほど、本作にとって非常に重要な要素となっている。

その他、本作でこだわった”忍び”の表現や、絶賛の声を集めているスタイリッシュなアクションシーンなど、”忍びの世界”の裏側が明かされている。


出演:賀来賢人 江口洋介 木村多江 高良健吾 蒔田彩珠 吉岡里帆・ 宮本信子 ・
田口トモロヲ 柄本時生 嶋田久作 ピエール瀧 筒井真理子 番家天嵩 山田孝之
原案:賀来賢人 村尾嘉昭 今井隆文
監督:デイヴ・ボイル 瀧本智行 村尾嘉昭
脚本:デイヴ・ボイル、山浦雅大、大浦光太、木村緩菜
エグゼクティブ・プロデューサー:佐藤善宏(Netflix)
プロデューサー:神戸明
制作プロダクション:TOHO スタジオ
製作:Netflix
配信:Netflix にて独占配信中


関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ