FC2ブログ

記事一覧

アジアン・カニバルホラー『Kfc』本国では上映禁止!世界が戦慄!狂乱! 7月日本公開決定!故・叶井俊太郎ほかコメントも到着

【ニュース】
衝撃作を連発するアジア発のホラー映画群より突如現れた、狂乱のカニバルムービー『Kfc』が日本上陸。7月より、渋谷シアター・イメージフォーラムにて公開が決定!閲覧注意のティザービジュアルと、いち早く本作を鑑賞していた故・叶井俊太郎らのコメントが解禁となった。


本作はべトナム・ハノイを舞台に、救急車で人間狩りにいそしむ医師、人肉中毒のその息子、医者の犠牲になった売春婦の娘らが狂気と復讐の連鎖に陥いっていく様を、容赦ないゴア描写と共に描いた、衝撃のカニバルリベンジ・ホラー!

監督を務めたのは、本作が⻑編監督デビューとなるベトナム出身のレ・ビン・ザン。 そもそもは映画学校の卒業制作として企画されていたが、脚本を読んだ大学側が「あまりに残酷すぎる」という理由で却下、ザン監督は退学の憂 き目にあったといういわくつきの作品。その後、名匠トラン・アン・ユンの後押しにより完成し、ニューヨークアジアン映画祭で最優秀賞を受賞したほかロッテルダム国際映画祭などの映画祭で上映され、 血肉と腐臭にまみれた徹底したゴア描写と、狂気に満ちた世界観、そして緻密かつ挑戦的な構成で観客をド肝を抜いてきた。なお、ベトナム国内で は現在に至るまで劇場公開されていない。

舌を貪ろうとする男を捉えた、酸鼻を極める本作の世界観が凝縮されたティザービジュアルも解禁!さらに、本作をいち早く鑑賞した著名人からコメントも到着。 『八仙飯店之人肉饅頭』『ネクロマンティック』など⻤畜ホラー映画の買付・宣伝で知られ、先日惜しまれつつもこの世を去った映画プロデューサーの叶井俊太郎も生前に本作を鑑賞し、「マジで斬新!!」と絶賛する言葉を遺している。


地味なPOV風なベトナム食人ホラー
だが見終わった後に逆にジワジワとくる。
これはマジで斬新!!
叶井俊太郎(映画宣伝プロデューサー)

殺人! 食人! 狂人!
あらゆるタブーを犯して疾走する超危険作がベトナムからやってきた! 
誰もが知るあのファストフード店を取り巻いて、鬼畜たちが大暴れ! 時系列をシャッフルしながら繰り出される過激な映像の数々は、とにかく悲惨、なんとも陰惨。しかしなぜだろう、血とショックの隙間から漏れ出る何かに不思議と胸を打たれるのは……。かくも異常な映画体験を観るものに与える、新たなアジアン・エクストリーム・ムービーの誕生を、その目にしかと焼き付けよ! 今日、『Kfc』にしない?
ヒロシニコフ

復讐、拷問、死姦、食人…その根底にあるのは血生臭い愛。
残酷描写、食人描写の至るところにアイディアや工夫が散りばめられ、監督の「必ずこれを撮る」という決意を感じる。
でも絶対「毛」は食べる前に取った方が良い!!
佐藤雄二(学生残酷映画祭 初代主催)



監督・脚本:レ・ビン・ザン
製作:レ・ビン・ザン、グエン・ホアン・ディエップ 撮影:グエン・ビン・フック 編集:レ・ビン・ザン、チューン・ミン・クイ 出演:グエン・トニー、タ・クアン・チエン、ホアン・バー・ソン、チャム・プリムローズ
配給:MAP×Cinemago 2016/ ベトナム/69分 © Le Binh Giang / MAP×Cinemago HP:https://kfc-movie.jp/
7月シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ