FC2ブログ

記事一覧

映画『流転の地球 -太陽系脱出計画-』4種のイメージポスター解禁 絶賛コメントも到着




【ニュース】

SF小説「三体」著者の同名短編小説を基に映画化した中国SF超大作!
映画『流転の地球 -太陽系脱出計画-』新たなイメージポスター 4種解禁

圧倒的なスケール感、精緻な映像美と、練り 込まれたストーリー
ハリウッドをも唸らせた、メガヒット中国SF超大作が日本上陸!
精緻な映像美で描かれる練り込まれたストーリーに、ドラマティックに描かれるさまざまな人間模様。さらに圧倒的なスケール感で繰り広げられるパニック描写など、3.2億元(約65億円)の製作費を費やし、ハリウッド大作も圧倒する究極のSFエンタテインメント超大作が誕生した。中国本土で初登場第一位に輝き、興収40億2900 万元(約 815 億円)を突破し、歴代興行収入ベストテン入りを果たすメガヒットを記録! さらに、北米でも大ヒットとなり、世界興収は約6億米ドル。 第96回アカデミー賞国際長編映画賞中国代表作品選出され、すでにシリーズ 3 作目の製作も決定するなど、社会現象となっている。この度、4 種のイメージポスターが解禁!絶賛コメントも到着した。



よくある SF デザスター映画と思ったら大間違い!
『アルマゲドン』×『ターミネーター』×『宇宙戦艦ヤマト』×『妖星ゴラス』それだけで一本の SF 映画がつくれちゃいそうなアイデアが3つも4つも盛り込まれています!
その上すごく胸に響く家族の物語でもある。圧倒と感動のエンタテインメントです!
杉山すぴ豊(アメキャラ系ライター)

SF小説「三体」著者の同名短編小説を基に映画化した中国SF超大作!
『流転の地球 -太陽系脱出計画-』
日中インフルエンサーから絶賛コメント到着、新たなイメージポスター4種解禁!
極限まで盛り上がって遂にクライマックスが来た!と思ったらまた別のクライマックスがやってきて、延々とそれが続く。
クライマックスの煉獄を喰らい続ける規格外の映画だった。
人間食べ食べカエル(人喰いツイッタラー)

冒頭からラストまでノンストップの興奮
ビジュアルの美しさと恐ろしさ
それと同時に紡がれていく「希望」を胸に救済する人々。
胸がいっぱいになるシーンの連続にハンカチを手放せなかった。
伊藤さとり(映画パーソナリティ)

設定がなかなかにぶっ飛んでいるが、一作目を見なくてもストーリーは分かるのは嬉しい。
地球の危機に遭遇した時の、ハリウッド作品とは一味違う中国目線の解決方法が、我々にとっては新鮮で非常に興味深い。
圧倒的な CG と美しい映像が連続して映し出される、中国 SF の最先端を体験できる作品。
山下智博(プロデューサー)

圧倒的スケールに度肝を抜かれた。
CG のクオリティはもちろんの全世界を巻き込んでの圧倒的スケールから、親子の繊細な描写まで、マクロからミクロまで変幻自在の演出にグオ監督の手腕が光る。
アルマゲドンからインターステラーまで SF 好きには絶対見て欲しい。
有村昆(映画コメンテーター)

地球上でしか生きられない人類。助け合わなければ滅びる運命だ。でも現実は、争いや戦争という愚行を繰り返している。
私はこの映画のように、人間が様々な“違い”を超えて、“連帯”できる未来に希
望を託したい。
段文凝(早稲田大学非常勤講師・タレント)



監督:グオ・ファン(「流転の地球」) 
製作総指揮・原作:リウ・ツーシン
出演:ウー・ジン、アンディ・ラウ、リー・シュエチェン、シャー・イー、ニン・リー、ワン・ジー、シュ・ヤンマンツー
2023 年/中国/中国語・英語/173 分/カラー/シネスコ/5.1ch/DCP/原題:流浪地球 2/英題:THE WANDERING EARTH Ⅱ/
字幕翻訳:神部明世/字幕監修:大森望/配給:ツイン https://rutennochikyu.jp/
COPY RIGHT©2023 G!FILM STUDIO [BEIJING] CO., LTD AND CHINA FILM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
3月22日(金)公開
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ