FC2ブログ

記事一覧

『映画おしりたんてい さらば愛しき相棒(おしり)よ』スイセン役仲里依紗が語り尽くす“おしりたんてい”の魅力とは?インタビュー映像公開

【ニュース】
“おしり”っていつまでたってもみんな大好き
スイセン役仲里依紗が語り尽くす“おしりたんてい”の魅力とは?仲里依紗インタビュー映像公開

おしりたんていのかつての相棒「スイセン」役を仲里依紗が担当!更に、スイセンの師「キンモク先生」役を、津田健次郎が熱演!本作のオリジナルキャラクターでおしりたんていのかつての相棒スイセン役を演じるのは俳優、ファッションアイコンとして大活躍中で、 今年デビュー20 周年を迎えた仲里依紗。おしりたんていの相棒をしていた頃の可愛らしいスイセンと、10 年後のクールなスイセンを 見事な演技力で表現します。また、幼いスイセンを親代わりとして育てたスイセンの師キンモク先生役には、低音ボイスと圧倒的な表現力で「呪術廻戦」「ゴールデンカムイ」などアニメ界を席巻し、近年では俳優としてドラマ・映画と活躍の場を広げ、写真集を出せば 重版になるなど異次元の輝きを放ち続けている津田健次郎が演じる。

仲里依紗が語る“おしりたんてい”の魅力とは?インタビュー映像が解禁
面白くて楽しいだけじゃない、「子どもの“考える力”を伸ばしてくれる番組だなと思いました」本作で、おしりたんていのかつての相棒であるスイセンを演じた仲里依紗のインタビュー映像が解禁された。おしりたんていの魅力、 大人も魅了されてしまうポイント、オファーを聞いた時の感想などについてたっぷりと語っている。


もともと絵本を通して「おしりたんてい」を家族で楽しんでいたという仲は、スイセンの声優オファーが来た時を振り返り「スケジュール帳に “おしりたんていアフレコ”って書くじゃないですか。そしたら、『おしりたんてい!?』みたいな。家族みんな食いついてきましたね。 みんな知っているので。パワーワードじゃないですか。“おしりたんてい”って。一回聞いたら絶対忘れないです。英語だと何ていうんだろう? みたいな。“おしり”っていつまで経ってもみんな大好きなワードなんだなって思いました」と家族のリアクションを明かす。(ちなみに「おしりたんてい」を英訳すると「Butt Detective」という。)
さらに、そんな「おしりたんてい」の魅力について、大人も楽しめる人間ドラマの奥深さや、お茶目で可愛いキャラクターたちだけでは ないという。「コミュニケーションの一部になるので“おしりたんてい”って。『どうなると思う?』とか、息子の考える力がつく番組だなと 思います」と、楽しいだけでなく、おしりたんていと一緒になって物語の謎解きをしたり、頭を使って考えながら楽しめるポイントもアピール。

家族間のコミュニケーションを作ってくれる、そんな大人もハマってしまう“おしりたんてい”について さらに、「『しつれいこかせていただきます』が水戸黄門みたいな感じで(笑)その決め台詞が気持ちいい。最後のかっこいい決め台詞が、 ストーリーの締めでメリハリがあって、とても楽しい時間を過ごせるなって印象ですね」とオリジナリティ溢れるキャラクターとストーリーの魅力を 語っている。仲里依紗が演じた、おしりたんていのかつての相棒で謎多きキャラクターのスイセン、彼女は敵なのか味方なのか?
10 年ぶりに現れた彼女の真の目的とは?そして、おしりたんていは絶対絶命のピンチを乗り越え、おしり史上最大の謎を解き明かす ことができるのか!?


原作:トロル
監督:セトウケンジ 脚本:高橋ナツコ 成田 順 
音楽:高木 洋
声の出演:三瓶由布子 齋藤彩夏 櫻井孝宏 杉村憲司 池田鉄洋 小西克幸 中村まこと 渡辺いっけい
ゲスト:仲里依紗 津田健次郎 二又一成
キャラクターデザイン・作画監督:真庭秀明 製作担当:末竹 憲 編集:吉田公紀 録音:澤村裕樹 音響効果:中原隆太 美術デザイン:増田竜太郎 美術監督:東 美紀 色彩設計:森 綾 撮影監督:則友邦仁 ※吉田公紀さんの「吉」は下が長いほうでお願いいたします。
制作:東映アニメーション 製作:2024「映画おしりたんてい」製作委員会 配給:東映 
©トロル・ポプラ社/2024「映画おしりたんてい」製作委員会
3月20日(水・祝)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ