FC2ブログ

記事一覧

吉永小百合 映画女優デビュー65周年記念 写真集刊行&ブルーレイBOX発売 コメントあり

©日活株式会社

【ニュース】
映画女優 吉永小百合のスクリーンデビュー65周年を記念して、“吉永小百合の青春時代”をテーマに「吉永小百合 映画女優デビュー65周年記念企画」を 2024年6月から2年間にわたり実施が決定した。

映画女優デビュー65周年を迎える吉永小百合が本人自ら監修し、日活時代の全出演作品を網羅する写真集の刊行が決定した。青春の痛みと悦びを体当たりで演じた吉永小百合の日活青春映画。時を経ても今なお輝き続け、夢と希望に満ちた魅力を是非ご堪能ください。

映画女優・吉永小百合のスクリーンデビュー65周年を記念して、“吉永小百合の青春時代”をテーマに「吉永小百合 映画女優デビュー65周年記念企画」を2024年6月から2年間にわたり実施。写真集刊行が決定。本人からコメントも到着した。

1960年のデビュー以来青春時代を過ごした1976年まで、全日活映画の豊富なアーカイブから吉永自らが監修した写真集「吉永小百合 青春時代 写真集」が6月刊行(日にち未定)予定。さらに昨年実施された日活出身女優の伊藤るり子、進千賀子、水森久美子らとの貴重な座談会も掲載される。


今回の映画女優デビュー65周年記念企画の写真集刊行を受けて、吉永より「私はいまでも女優を続けていますが、日活時代に学んだことを大切にしています。この度、青春時代の写真集が出来ました。私の青春を、どうぞご覧ください。」と喜びのコメントが届いた。

以下コメント全文

日活撮影所に初めて行ったのは、高校の入学式の日でした。
制服からまっ赤なブラウスに着替え、精一杯おしゃれをして撮影所までのバスに乗りました。
それからの日々は、日活が私のもう一つの学校になったのです。
デビュー作では、赤木圭一郎さんに出すコーヒーの手が震えて NG を連発しました。
徹夜で看病してくれたマリア様のような芦川いづみさん、不器用な私の直球を巧みなインサイドワークで受け止めてくれた浜やん(浜田光夫さん)、優しい先輩、同級生が、沢山いました。
不安なことも楽しいこともありました。本当に充実していました。
日活撮影所は、私の青春なんです。
「何でも困ったことがあったら、先生に相談するんだよ」
浦山桐郎監督がおっしゃった声が、今でも胸に響きます。
私はいまでも女優を続けていますが、
日活時代に学んだことを大切にしています。
この度、青春時代の写真集が出来ました。
私の青春を、どうぞご覧ください。

吉永小百合


また、65周年企画の一環として、「吉永小百合 日活デビュー65周年記ブルーレイ&DVD シリーズ『青春と純愛』」の発売も決定した。第1弾として、吉永小百合&浜田光夫『純愛ブルーレイボックス』が、6月5日(水)に発売される。


写真集・詳細紹介
■商品名:吉永小百合 青春時代 写真集
■発売日:2024年6月予定
■発行元:文藝春秋社刊 編=日活株式会社
映像商品・詳細紹介 ※仕様や特典は予定となります。予告なく変更する場合があります。



©文藝春秋




©日活株式会社

日本中に愛された吉永小百合と浜田光夫の「純愛コンビ」作品から選りすぐりの5作品『ガラスの中の少女』、『愛と死をみつめて』、『赤い蕾と白い花』、『潮騒』、『大空に乾杯』が収録され、全作品今回が初ブルーレイ化となる。特典映像には、当時映画館でしか観ることの出来なかった吉永・浜田が共演した映画の予告篇を30作以上収録。公開当時に発行された貴重な冊子『日活映画』から二人の記事を特別に編集したブックレットも封入予定。以降、ブルーレイ&DVD 約25タイトルを継続リリース予定。

©日活株式会社

■商品名:吉永小百合&浜田光夫 『純愛ブルーレイボックス』
■発売日:2024 年6月5日(水)
■価格:28,600 円(税込)
■収録作品(Blu-ray)
ディスク① 『ガラスの中の少女』 1960 年、ディスク② 『愛と死をみつめて』 1964 年
ディスク③ 『赤い蕾と白い花』 1962 年、ディスク④ 『潮騒』 1964 年、ディスク⑤ 『大空に乾杯』 1966 年
■特典内容:
【特典ディスク(Blu-ray)】 『純愛コンビ』予告篇選集 等(予定) ※現存マスターの状況もあり、共演作すべての予告篇収録ではありません。
【封入特典】「日活映画」吉永小百合&浜田光夫特別選集『純愛』ブックレット(全 52P 装丁)
【仕様】特製アウターケース、ピクチャーディスク
クレジット
【発売元】日活株式会社
【販売元】株式会社ハピネット・メディアマーケティング
【コピーライト】©日活株式会社

さらに、同企画の特集上映も決定。5月25日(土)から6月28日(金)の間に、「1960年代―吉永小百合と私たちの青春」と名を打って、計20作品が神保町シアターで上映される。


特集上映・詳細紹介
■「1960 年代―吉永小百合と私たちの青春」
■上映劇場:神保町シアター(東京都千代田区神田神保町 1-23)
■開催期間:2024年5月25日(土)~6月28日(金)
■上映作品:『ガラスの中の少女』(1960年/若杉光夫監督)、『草を刈る娘』(1961年/西河克己監督)、『キューポラ
のある街』(1962年/浦山桐郎監督)、『赤い蕾と白い花』(1962年/西河克己監督)、『あすの花嫁』(1962年/野村孝監督)、『ひとりぼっちの二人だが』(1962年/舛田利雄監督)、『青い山脈』(1963年/西河克己監督)、『いつでも夢を』(1963年/野村孝監督)、『泥だらけの純情』(1963年/中平康監督)、『雨の中に消えて』(1963年/西河克己監督)、『美しい暦』(1963年/森永健次郎監督)、『波浮の港』(1963年/斎藤武市監督)、『真白き富士の嶺』
(1963年/森永健次郎監督)、『光る海』(1963年/中平康監督)、『風と樹と空と』(1964年/松尾昭典監督)、『帰郷』
(1964年/西河克己監督・白鳥信一監督)、『愛と死をみつめて』(1964年/斎藤武市監督)、『私、違っているかしら』(1966年/松尾昭典監督)、『愛と死の記録』(1966年/蔵原惟繕監督)、『斜陽のおもかげ』(1967年/斎藤光正監
督) 以上、全20作品を上映予定


関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ