FC2ブログ

記事一覧

シュー・グァンハン×清原果耶 『青春18×2 君へと続く道』本ビジュアル解禁!さらに香港国際映画祭に出品決定

【ニュース】
日本と台湾を舞台に、18 年の時を経て繋がる初恋の記憶!エモくて切ない本ビジュアル解禁!さらに、香港国際映画祭に出品決定!
ジミーとアミが 18 年前の台湾でひと夏を共に過ごした青春の 1 ページを切り取ったエモーショナルな本ビジュアルが解禁。併せて、本作が 3 月 28 日(木)から行われる第 48 回香港国際映画祭に出品されることが発表となった。

解禁となった本ビジュアルでは、18 年前のアミとジミーが青春のひと時を共に過ごす姿に加え、普段は明るく天真爛漫なアミが遠くを見つめ切ない表情を 浮かべる様子と、二人で過ごした日々に想いを馳せる現代のジミーを映し出 す。そんな二人の出会いは 18 年前の台湾。平凡な日々を過ごす青年ジミーは、日本からやってきたバックパッカー アミとの出会いで退屈だった人生が一変することに―。同じカラオケ店でバイトに勤しみ、お互いの言語を教え合う日々の中で、ジミーは密かにアミに想いを寄せていく。

ビジュアル中央には、恋の始まりを予感させるような、二人乗りのバイクで台湾の街を駆け抜け、はじける笑顔を見せる青春真っ只中の様子が切り取られている。しかしそんな幸せな日々は、アミの帰国により突如として幕を閉じるー。意気消沈するジミーに、アミはある“約 束”を提案する――。時が経ち現代―。人生に躓き故郷に戻ったジミーは、かつてアミから受け取った一通の絵ハガキを手にしたことで当時の記憶が蘇る。

18 年前、別れ際にアミとかわした約束を胸に、日本で初恋の記憶をたどる旅に出る。当時のアミとの日々に想いを馳せながら旅の中で、ジミーが知るアミが隠していた本当の想いとは―?

青春と呼ぶには切なすぎる二人の物語を、是非劇場で堪能していただきたい。


さらに、本作が 3 月 28 日(木)から 4 月 8 日(月)まで開催される第 48 回香港国際映画祭のカレイドスコープ部門に正式出品されることが決定。これまでも同部門には『エゴイスト』や『さかなのこ』などの話題作が出品されており、映画祭への正式出品をうけて藤井監督は「『青春 18×2』が香港国際映画祭で上映出来ること、心から嬉しく思います。本作は、僕にとって初めての国際プロジェクトであり、僕のルーツの一つである台湾の仲間たちと映画を作れたことは、人生の財産です。『人生という名の旅』を皆さまと映画を通して分かち合い、本作が皆さまの心に残ってくださることを願っています」と“監督人生第二章の始まり”と位置付けたこの国際プロジェクトが世界に向けて放たれることに喜びを語った。世代を問わず感動必至の本作が、日本での公開を控え、世界でどのように受け止められるのか期待が高まる。


シュー・グァンハン  清原果耶
ジョセフ・チャン  道枝駿佑  黒木華    松重豊  黒木瞳
監督・脚本:藤井道人
主題歌:Mr.Children「記憶の旅人」(TOY'S FACTORY)
エグゼクティブプロデューサー:チャン・チェン 音楽:大間々昂 撮影:今村圭佑 プロデューサー:ロジャー・ファン(黄江豐)/前田浩子/瀬崎秀人
照明:平山達弥/シュー・チュンチュエン(許鈞筌) 録音:根本飛鳥/チュウ・シーイー(朱仕宜) 美術:宮守由衣/ヤオ・クオチェン(姚國禎) 装飾:野村哲也/ジェニー・コー・チミン(柯治旻) 衣裳:皆川美絵/エマ・ユーユン・リン(林育妘)/ゾーイ・スー(蘇庭卉)
台湾キャスティング:ルーシー・チェン(陳静媚) キャラクタースーパーバイザー:橋本申二 ヘアメイク:西田美香/ボール・ロー(呂依珊)/ゾイ・リン(林容伊)
編集:古川達馬 CG プロデューサー:平野宏治/トミ・コー(郭憲聰) VFX スーパーバイザー:高橋裕紀 カラリスト:石山将弘 スーパーヴァイジングサウンドエディター:勝俣まさとし リレコーディングミキサー:浜田洋輔 助監督:戸祭朝美/ウー・ユハン(呉瑀涵) 制作担当:柿本浩樹/リー・チーシュエン(李其璇)/ウー・チーヨー(巫奇優) 製作幹事:JUMPBOYS FILMS/サイバーエージェント 制作プロダクション:JUMPBOYS FILMS/BABEL LABEL 
配給:ハピネットファントム・スタジオ
©2024「青春 18×2」Film Partners
5 月 3 日(金) 公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ