FC2ブログ

記事一覧

キム・スイン監督 映画『毒親<ドクチン>』予告編を解禁!キム監督から日本公開に寄せたメッセージも到着

【ニュース】
成績が優秀で優等生の高校生ユリ。そして、誰よりもユリを愛する母親ヘヨン。二人は誰が見ても完璧で理想の母娘と周囲では羨ましがられている。しかし、実はユリは母へヨンの度を過ぎた教育と執着に長年悩まされていた。ある模擬試験の当日、学校には登校せず姿を消したユリは、キャンプ場で遺体となって発見される―。



この度、解禁した予告編は、車の中で目を見開いて死んでいるユリの衝撃的な姿から幕を開ける。死体安置所でユリと対面する母ヘヨン。捜査が進むなかで、ユリがかなりのストレスを抱えて生活をしていたことが、友人や先生の証言によって明かされていくが、ヘヨンは頑なに自殺と認めようとしない。悲痛な思いを抱えたユリの死の真相とは―。その驚くべき結末は是非、本編で目撃して頂きたい。




本作の監督、キム・スインは、1992年生まれの現在31歳。韓国映画界では80、90年代生まれの女性監督の活躍が目覚ましく、近年日本でもキム・ボラ監督『はちどり』、キム・セイン監督『同じ下着を着るふたりの女』など次々と公開されている。キム・スインは、日韓合作ホラー映画『オクス駅お化け』の脚色や『覗き屋』の脚本を担当、若くして才能にあふれた彼女の、満を持しての長編映画監督デビュー作が本作『毒親<ドクチン>』だ。


特定の国の社会的な問題というよりは、どこの国でも起こりうる親子の問題として捉えて欲しいと思います。人間が誰かを間違った方法で愛することは、私たち全員が経験する可能性があり、今、まさに私の話かもしれない問題だからです。もちろん、このような個人的な状況を、社会的な文脈から完全に切り離すことはできませんが、根本的には私と私の周りの人たち、一人一人の話であるという事実に焦点をあてて作った作品です。
毒親に育てられている子供たちが、今、経験している苦痛から、幼少期の影からやがて抜け出し、一歩でも前に進むことができるように。
キム・スイン(本作監督)


そして、4月6日(土)の公開に先立ちポレポレ坐にて3月21日(木)に先行上映が決定。上映後は、キム・スイン監督のオンライントークも開催する。一足早く作品を鑑賞しつつ、監督のトークも聞ける貴重な機会を是非ともお見逃しなく。


『毒親<ドクチン』先行試写会概要
日時:3月21日(木)18:30上映開始(開場時間18:00)※上映時間104分
料金:1,500円均一
場所:ポレポレ坐 中野区東中野4丁目4−1 ポレポレ坐ビル1F
※上映後にキム・スイン監督のオンライントークあり。



監督・脚本:キム・スイン 
出演:チャン・ソヒ、カン・アンナ、チェ・ソユン、ユン・ジュンウォン、オ・テギョン、チョ・ヒョンギュン
製作:ミステリーピクチャーズ、ZOA FILMS 配給:ミステリーピクチャーズ、シグロ 
宣伝:ブライトホース・フィルム
韓国/104分/DCP R15+ ©2023, MYSTERY PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED
2024年4月6日(土)ポレポレ東中野ほかロードショー!
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ