FC2ブログ

記事一覧

『LOVE POCKET FUND』令和6年能登半島地震支援プロジェクト第二弾支援が決定!プロジェクト期間9月30日まで延長を発表

【ニュース】

新しい地図と日本財団が共同で運営する『LOVE POCKET FUND』より「令和6年能登半島地震支援プロジェクト」第二弾支援 3団体3事業が決定し、同プロジェクト期間を 9月30日まで延長を発表した。


2024年1月1日、石川県能登地方で発生した令和6年能登半島地震は、強力な揺れとその後の余震により、広範囲にわたる被害をもたらしました。家屋の倒壊や道路の損傷、ライフラインの途絶など、被災地域の住民の方々の生活基盤に重大な影響が出た。これを受け、『LOVE POCKET FUND』ではまず被災者の方々の衛生環境を改善し、感染症などによる二次的な被害を抑えるため、WOTA社の循環式手洗機「WOSH」の配備を実施。手洗機配備の支援のように、災害直後は命を救う緊急支援が優先されましたが、時間の経過と共に、避難所や仮設住宅での新たな生活に直面している被災者の方々への心のケアや生活の質の向上を目指した継続的な支援の重要性が高まっている。

これを受け、LOVE POCKET FUNDでは、被災した地域の復興支援の第二弾として 3団体3事業へ合計2,875,000円の支援を決定し、また2024年3月31日に終了予定だったプロジェクト期間を2024年9月30日まで延長することとした。これによって寄付金の受け入れ期間も同日まで延長される。

新たな第二弾の支援においては、被災地域の復旧・復興に向けて、特に影響の大きかった奥能登地域を中心に、避難所生活を送る方々や医療的ケアが必要な障害児者の皆さんを含む、よりサポートを必要とする層への手厚い支援を目的とした専門組織への資金提供を実施し、地域に寄り添った支援を行っていく。

今回支援先に決定した3団体は、以下の理由から選定した。

(一社)日本災害看護学会: 本基金の目的の一つである「生きにくさを抱える方々への支援」として、避難所生活を送る方々の生活環境の改善を図る事業であるため。

(一社)医療的ケア児等コーディネーター支援協会: 本基金の目的の一つである「子どもの支援」として、医療的ケアを必要とする障害児者の皆さんを対象としているため。

北陸学院大学よりそいの花プロジェクト: 本基金の目的の一つである「生きにくさを抱える方々への支援」として、避難所生活を送る方々を元気づける様々なサポートを行う事業であるため。


『LOVE POCKET FUND』ご支援の方法
サイト内、上記ページよりお手続きにお進みください。

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ