FC2ブログ

記事一覧

佐久間大介、手紙で綴った土屋、監督、そしてファンへの感謝 映画 『マッチング』感謝御礼舞台あいさつ


【イベント】
マッチングアプリによって増えた“出会い”の裏に仕掛けられた恐怖を完全オリジナルで描 く、サスペンス・スリラー映画『マッチング』。公開 4 週目となる 3月15日からは公開館数が拡大していくことも発表され まだまだ盛り上がりを見せる中、この度、感謝御礼舞台あいさつを都内劇場にて実施した。

3月17日、土屋太鳳、佐久間大介、内田英治監督がイベントに登壇。また全国中継も行われ、土屋、佐久間がそれぞれに感謝を綴った手紙を読み上げた。


本作で実写映画単独初出演にして、トレードマークのピンク髪から金髪となり、狂気のストーカー 永山吐夢(ながやまとむ)役に挑んだ佐久間は、自身の明るいイメージを覆す狂気のキャラクターに挑戦した。



イベントでは感謝を綴った手紙を読み上げた佐久間。手紙を手に「さっきスタッフさんに『シール欲しいんだけど』と言ったらこれが出てきて、『これがいい』」と、ハートシールお気に入りとニッコリ。「恥ずかしいな、なんか」と手紙を読みはじめ、応援してくれるファン、土屋、内田監督、作品に関わるスタッフに感謝の言葉を伝えた。


『マッチング』を観てくれたすべての皆様へ。まずは映画『マッチング』を観ていただき、本当にありがとうございます。皆さんがたくさん楽しんでくれて、この作品を好きになってくれて本当に嬉しいです。世代・性別問わず本当に幅広い方に見てもらえて感無量です。

特に僕のファンの皆さんは、僕が単独で出演する映画だからこそ、期待と気合いを入れて、すごく意気込んでくれていると思います。ずっと応援してくれている人たちにとっての楽しみになってくれているのが本当に心から嬉しいです。そして僕にいろんなものをくれて、皆さん本当にありがとうございます。

作品を知ったきっかけというのは僕、どういう入り口でもいいなとは思ってまして、応援している人が出てるから観に行く、知っている人が出ているから観に行く、この人が作った作品を見たいから観に行く、このジャンルが好きだから観に行く、なんとなく来た。いろんな方がいるとは思いますが、僕たちからすると観てもらえるだけで本当にありがたいし、大丈夫です。一度見ればわかると思いますので、作品の世界観に浸って、この作品は沼に引きずり降ろせるように心を込めて皆で作り上げた作品なので、ぜひ安心して浸かってください。



そして土屋太鳳さん。以前から番組などで顔見知りだった太鳳ちゃんと今回初めてお芝居で共演させていただきました。本当にありがとうございます。現場で改めて太鳳ちゃんの人柄や自分の役や周りの人に対して、いつも誠実で一生懸命に向き合っていく姿勢が本当に素敵で、先頭で旗を送ってくれる姿はまるで、令和のジャンヌダルクのようで。大きな背中に勇気をたくさんもらいました。ただ、ついていくだけではなく、しっかりと自分自身がこの作品にとっての力になれるように、不慣れながれに全力で挑ませていただきました。太鳳ちゃんがかっこよすぎて、僕にとって憧れの役者さんになりました。僕もいつか座長の座に就くことがあったら、太鳳ちゃんのように関わる全ての人にやさしく力強く作品をしっかり背負う座長になれるようにがんばります。今回一緒になれて本当に良かったです。これからもよろしくお願いします。



そして、内田監督。僕は最初に関わる監督が内田監督で本当に良かったと実感しています。監督が作り上げる世界観が好きです。そして、役者を信じてくれて自由にアプローチしたものを積極的に取り入れてくださる、否定がないからこそ、役を愛することに没頭できたなと感じています。また監督の作品に呼んでもらえるように、これからもっと力をつけて精進します。


そして、関係各所のスタッフの皆さん。まずは僕に声をかけてくださって、この作品に出会わせてくださって、本当にありがとうございます。毎度たくさんの方がこの作品を楽しんでくれているのを実感する度に、一緒に喜んでくれる素敵なスタッフの皆さんです。撮影が終わった後も、一緒にこの作品のために、舞台挨拶とかグッズとかいろんなことをセッティングしてくれて本当にとても感謝しております。ありがとうございます。

長くなりましたが、愛をテーマにしているこの作品を通して、皆様からたくさんの愛を感じることができて幸せです。これからもこの作品を、キャラクターたちをたくさん愛してください。

愛してくださる皆さんのことを僕も愛したいと思います。これからも末永くよろしくお願いします。

佐久間大介


「手紙を読むのってむずいね。どうやって読んでいいのかわからなかった。感謝しかないです。気づいたら 4ページ書いてました。最初は何書こうと思ったんですが、気づけば 4ページなんて余裕でしたね。これでもだいぶギュギュっとしたほうなので」と照れくさそうにしていた。
(写真・記事 太田誠)



また、3月20(水・祝)より劇場入場者プレゼント第3弾の配布が決定!
輪花・吐夢・影山の台詞が入ったくクリオネポストカードを先着限定でプレゼント!




出演:土屋太鳳、佐久間大介、金子ノブアキ、真飛聖、後藤剛範、片山萌美、片岡礼子、杉本哲太、⻫藤由貴
監督・脚本:内田英治 
原作:内田英治『マッチング』(角川ホラー文庫刊) 音楽:小林洋平
主題歌:Aimer「800」(SACRA MUSIC / Sony Music Labels Inc.)
共同脚本:宍戶英紀 
製作:『マッチング』製作委員会 
制作・配給:KADOKAWA 
©︎2024『マッチング』製作委員会 
全国公開中


関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ