FC2ブログ

記事一覧

アーロン・エッカート主演 映画『ブリックレイヤー』インタビュー映像、オフショットを解禁

【ニュース】

「“こて”はアーティストにとってのギターだ―」
レンガ職人への想いを熱く語るインタビュー映像&オフショット解禁

監督を務めたのはエンタメ映画界の巨匠レニー・ハーリン。90 年代に『クリフハンガー』、『ダイ・ハード2』、『ディープ・ブルー』らのアクション大作を次々と送り出し、アクション職人として名を馳せる彼が、日本でも人気を博す作家ポール・リンゼイがノア・ボイド名義で上梓した傑作サスペンス小説を映画化。実際に 20 年以上 FBIに勤務し、様々な難事件に携わった経歴を持つ原作者が生んだリアリティ溢れるストーリーを、監督が最も得意とするド派手な演出で極上の映画体験へと昇華させた。主演を務めたのはアーロン・エッカート。06 年に『サンキュー・スモーキング』でゴールデングローブ賞主演男優賞にノミネートを果たした演技派として知られながら、近年は『エンド・オブ・ホワイトハウス』、『ダークナイト』、『世界侵略 ロサンゼルス決戦』、『ザ・コア』などのアクション大作で次々とメインキャストを務めている。本作では元 CIA 捜査官でレンガ職人のヴェイルに扮し、CIA 時代に磨いたスキルとレンガ職人として培ったパワーを駆使して犯人を追い詰める、『ダイ・ハード』のマクレーン刑事さながらの“しぶとい男”を演じ、そのカリスマ性を遺憾なく発揮している。


今回解禁されたインタビュー映像では、レンガ職人の役作りについて熱く語るアーロンが収められている。役作りにあたってプロの職人と作業を共にした彼は、熱中するあまり今ではレンガのつなぎ目が気になるようになり、マイ“こて”も 2 つ自宅に保管していることを喜々として明かしている。また、「こてはアーティストにとってのギターだ―」と語るように、プロのレンガ職人の動きが芸術的であり、彼がかなりの敬意を払っていることが伝わってくる。アーロンが本作の役に対して真摯に向き合っていることがよく分かることから、スクリーン上でのブリックレイヤーの躍動に一層の期待が高まるインタビュー映像だといえるだろう。



解禁されたオフショットでは、真剣なまなざしでレンガに向き合うアーロンのほか、キャスト同士の記念撮影の様子が収められている。特に、アーロンがクリフトン・コリンズ・Jr が扮する本作の悪役ヴィクター・ラデックらと写真を撮っている画像では、キャスト全員がチャーミングな変顔を披露しており、キャスト同士の仲の良さと現場の穏やかな雰囲気がこれでもかと伝わってくるようだ。極上のチームが作り上げた『ブリックレイヤー』は最高の娯楽大作に仕上がっていること間違いなし!究極のアクション・エンタテイメントをその目に焼き付けに、ぜひ劇場にお越しいただきたい!

果たしてスーパーレンガ職人 ヴェイルは無事にアメリカの破滅を食い止めることはできるのか―?



監督:レニー・ハーリン 
原作:ノア・ボイド「脅迫(ソフトバンク文庫刊)」 
脚本:マット・ジョンソン、マーク・モス
出演:アーロン・エッカート、ニーナ・ドブレフ、クリフトン・コリンズ・ Jr、ティム・ブレイク・ネルソン
2023 年| アメリカ、ブルガリア、ギリシャ|カラー| シネスコ| 5.1ch| 110 分 | 英 語
日本語字幕: 北村広子 |原題: THE BRICKLAYER| レイティング: PG12|配給:クロックワークス
 © 2023 BRICKLAYER PRODUCTIONS, INC. All Rights Reserved.
3 月 22 日(金)公開


関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ