FC2ブログ

記事一覧

『映画 マイホームヒーロー』娘と母、運命の時!娘・齋藤飛鳥と母・木村多江が見せる迫真の演技!緊迫の電話シーンを切り取った本編映像が解禁

【ニュース】

7 年越しに知る“父の罪”と“家族の愛”
娘・齋藤飛鳥と母・木村多江が見せる迫真の演技!真実が明らかに!緊迫の電話シーンを切り取った本編映像が解禁

3月8日に公開を迎え、哲雄に降りかかるピンチの数々をスクリーンで体感し息を呑んだファンが続出!「始終ハラハラドキドキ」「家族愛を感じるところで涙が止まらず」 「映像も綺麗で胸熱も感動もあった」「ドラマを見ていない方でも十分楽しめる作品」など、大ピンチの連続に衝撃を受けた声、そして究極の家族愛を描く結末に対して大きな反響が寄せられている。

どこにでもいる普通の父親・鳥栖哲雄(佐々木蔵之介)が、愛する一人娘の零花(齋藤飛鳥)に危害を加えようとする半グレ犯罪組織の彼氏・麻取延人(内藤秀一郎)を殺害してしまうことで全てが始まるドラマ「マイホームヒーロー」。映画版では、ドラマから 7 年後を舞台に、哲雄が埋めた死体が発見され、死体とともに消えた 10 億円の行方を探っていた半グレ犯罪組織のボス・志野(津田健次郎)が、再び哲雄に狙いを定め、犯罪組織との最後の戦いが始まる。さらに、父の罪を知らずに刑事になった娘・零花も哲雄に疑いの目を向ける・・・



映画では 7 年の時を経て遂に零花が哲雄の罪を知ることに。土砂崩れによって発見された死体に父・哲雄の関与が疑われ、警察の捜査対象となっていることを知った零花。捜査に加わろうとするも、身内であることを理由に捜査本部から締め出されてしまう。真実を知るため、単独で捜査する中で零花は行方不明となっていた半グレ犯罪組織の恭一(高橋恭平(なにわ男子))と再会する。全てを知る恭一から告げられたのは7年前、半グレ犯罪組織の一員だった彼氏・麻取延人が父・哲雄によって殺されていたという衝撃の事実。信じられない気持ちとは裏腹に、点だった過去の出来事だった数々が線となって繋がっていく―。恭一との再会後、真実なのかを確かめるため、電話をかけた相手は母・歌仙(木村多江)。7年前、哲雄と恭一はどういう関係だったのか を問われ、用意していたかのようにスラスラと話す歌仙に対して零花は「よく覚えてるね、間島恭一のこと。7年も前のことなのに。」と切り返す。電話が終わると、「知ってたんだ・・・」と涙を流し、父が犯した罪を確信する零花。母との電話で父の罪を確信するという無念さと同時に、自身を守るために罪を犯しそれを隠し続けてきた両親の大きな愛を感じられ、涙のクライマックスへと繋がっていく、重要なシーンとなっている!


先日行われたイベントでも青山貴洋監督は「涙のシーンを見て、自分自身も撮っていて泣いてしまったんです。実際映画に使っていないテイクでも(齋藤の)涙が止まらなくて。ドラマの 7 年後を描いた映画ってちゃんとまとまるのかな、って僕自身も不安があった中、零花ちゃんが車の中でお母さんと会話するシーンを見て、『これは大丈夫だな』と。そのくらい、自分自身で気持ちの転換にもなった。そのシーンを撮っていたカメラマンが、そのシーンを撮り終えてカットをかけなかったら、芝居に引き込まれすぎてレールから落ちちゃってました(笑)」と齋藤の演技に現場の全員がのめり込んでいた様子を明かしている。

殺人を犯した哲雄へのやるせない気持ちと共に、父と母が必死に自分を守ってくれていたという大きな愛情を感じた零花が取る行動とは!?是非、哲雄に待ち受ける結末と共に零花、歌仙ら鳥栖家の行く末も劇場で見届けてほしい。


佐々木蔵之介
齋藤飛鳥 高橋恭平(なにわ男子) 宮世琉弥 板倉俊之(インパルス)
大東駿介 淵上泰史 西垣匠 金子隼也/立川談春 神野三鈴
音尾琢真/津田健次郎 木村多江
主題歌 「インソムニア」Eve (TOY’S FACTORY)
原作・漫画:山川直輝・朝基まさし『マイホームヒーロー』(講談社「ヤングマガジン」連載)
監督:青山貴洋 脚本:船橋勧 音楽:堤博明
制作プロダクション:TBS スパークル C&I エンタテインメント 
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2024 映画「マイホームヒーロー」製作委員会
大ヒット上映中

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ