FC2ブログ

記事一覧

映画『不死身ラヴァーズ』より、佐藤寛太が5役演じ分け!涙のワケは?物語が大きく動く場面写真解禁

【ニュース】
松居大悟監督最新作ラブストーリー『不死身ラヴァーズ』より、佐藤寛太が5役演じ分け!涙のワケは?物語が大きく動く場面写真が解禁された。

主人公・長谷部りのを本作が初の映画単独主演となる見上愛が飾り、りのの運命の相手役の甲野じゅんを、佐藤寛太が務める。この度、佐藤が 5 役演じ分けた、さまざまな甲野じゅんの場面写真が解禁。コメントも到着している。




解禁された場面写真は、長谷部りの(見上愛)が、運命の相手だと信じるさまざまな甲野じゅん(佐藤寛太)の姿。劇中で何度も姿を変えて、りのの前に現れる。中学生の、思春期ならではの尖った表情から、ギターを抱え、サブカルな雰囲気漂う姿、車椅子に乗った青年の姿やクリーニング屋で見せる朗らかな表情まで、佐藤が見事に演じ分けている。

注目が、大学生のじゅん。大粒の涙をこぼしながら不穏な表情で見つめる姿には、一体どんな心理が隠れているのか…?今作の物語が大きく動く、キーになる場面写真だ。


この「5人の甲野じゅん」の演じ分けについて、佐藤は「自分がもしこう進んでいたら、こうなっているのかな、という延長で役を作っていった」と語る。しかし今回の役は「演じていて割と不安になってしまいがちな役だった」そうで、松居監督に都度相談していたという。そうしたコミュニケーションを重ね、「演じてみて、大きく『違う』と言われたこともなく、さ割と自由に任せてもらった印象です。ちゃんと見ていてくれているんだというような、安心感を常に与えてくれました」と松居監督の印象を語っている。さらに主演の見上にも、助けられたようで、「りのから来るエネルギーがすごいから、あまり小難しく考えるよりも、彼女とその日をどう向き合うかを大切にしました」と振り返っている。


完成作を観た自身の演技は「ダサい」!?
さらに完成した作品を観た時の自身の演技について「ダサかった」と振り返る佐藤。「あまりにも素で“自分”過ぎたのかな?とにかくもうダサいし、『このアドリブつまんねえよ、お前』とか思いながら。いつも自分の芝居を反省しながら観る部分はありますが、いつもよりも自分過ぎたんでしょうね。」佐藤の素の演技にも注目を!


見上愛 / 佐藤寛太
落合モトキ 大関れいか 平井珠生 米良まさひろ 本折最強さとし 岩本晟夢 アダム
青木柚 前田敦子 神野三鈴
監督:松居大悟
原作:高木ユーナ『不死身ラヴァーズ』(講談社「別冊少年マガジン」所載) 
脚本:大野敏哉 松居大悟
音楽:澤部 渡(スカート) 
主題歌:「君はきっとずっと知らない」スカート(PONYCANYON / IRORI Records)
製作幹事:メ~テレ ポニーキャニオン 配給:ポニーキャニオン 製作プロダクション:ダブ
©2024「不死身ラヴァーズ」製作委員会 ©高木ユーナ/講談社
2024|日本|カラー|103 分|5.1ch|ヨーロピアンビスタ|映倫区分:G
公式サイト:https://undead-lovers.com
5 月 10 日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ