FC2ブログ

記事一覧

ファッションのプロも絶賛 映画『プリシラ』彼の色に染まるプリシラ本編シーン、著名人コメントが到着

【ニュース】
エルヴィスと大邸宅グレースランドで暮らすようになったプリシラが、彼好みのファッションや黒髪と濃いアイメイクに変え、彼の色に染まっていく様を印象的な音楽とともに映し出す本編映像が解禁!また、小泉智貴 TOMO KOIZUMI (デザイナー)、MEGUMI(俳優・プロデューサー)、中里唯馬 (ファッションデザイナー)、中野香織(服飾史家)、北村道子(スタイリスト、衣裳デザイナー)、山本浩未(ヘア&メイクアップアーティスト)ら、本作の世界観に魅了された各分野のエキスパートから絶賛コメントが到着した。


ガールズカルチャーを牽引するソフィア・コッポラ最新作にして最高傑作
スーパースターと恋に落ちたプリシラの魅惑の日々―
『ロスト・イン・トランスレーション』(03)でアカデミー賞脚本賞・ゴールデングローブ賞脚本賞ほか、『SOMEWHERE』(10)でベネチア国際映画祭金獅子賞、『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』(17)でカンヌ国際映画祭監督賞を受賞するなど数々の賞に輝く映画監督、そしてファッション・アイコンとして世界に注目されるソフィア・コッポラ。その最新作は、エルヴィス・プレスリーと恋に落ちた少女プリシラがたどる魅惑と波乱の日々を、プリシラの視点で繊細に美しく描く物語。シャネルやヴァレンティノが彩る飛びきり甘美なシンデレラストーリーのなかに、ソフィア・コッポラがこれまで描き続けてきた人間の孤独や疎外感といったビターなエッセンスを潜ませた緻密で繊細な本作は「ソフィア・コッポラ 最高傑作」(Rolling Stone)、「First Loveの素晴らしさを描いてる」(Littie White Lies)と評価され、昨年秋、全米ではA24が配給。そのファッション性と話題性で多くの若い女性客を魅了し、『ロスト・イン・トランスレーション』、『マリー・アントワネット』(06)に次ぐ大ヒットとなった。



主演は、本作で第80回ベネチア国際映画祭最優秀女優賞に輝いたケイリー・スピーニー(『パシフィック・リム: アップライジング』)。さらに第81回ゴールデングローブ賞主演女優賞(ドラマ部門)にノミネートされるなど、夢のような恋の恍惚と切なさを経験していく少女の心の変遷と外見の変化を驚くほど繊細な表情とたたずまいで表現し、「驚くほどにすばらしい演技」(Rolling Stone)など絶賛されている。 一方、プリシラだけが知る、魅力的で華やかだが、傷つきやすく大人になりきれないスーパースター エルヴィスを演じたジェイコブ・エロルディは、「エルヴィスを演じきっている」(The Warp)と高く評価された。



今回、解禁となったシーンは、プリシラが大邸宅グレースランドでエルヴィスと暮らすようになり、ライフスタイルもファッションも彼の望みどおりに変わっていく様子が垣間見られる場面。ドレスを選んだあと、エルヴィスはプリシラに「黒髪にして、アイメイクはもっと濃く」と伝える。プリシラは笑顔でうなずき、髪を黒に染め、カールし、高く盛ったヘアスタイル、濃いアイメイクを施し、可憐な少女が恋人の望むスタイルへと変身を遂げる。



さらにこのシーンを印象的にみせるのが米ボルチモアのエレクトロニック・アーティスト、ダン・ディーコンの曲「The Crystal Cat」。ソフィア・コッポラ監督作品といえば、音楽も物語を彩る重要な要素だが、本作の音楽は、監督の夫トーマス・マーズのポップロックバンド、フェニックスが担当。このほかにも、プリシラのテーマ曲となったフランキー・アヴァロン「ヴィーナス」や、ラモーンズの「ベイビー・アイ・ラヴ・ユー」、スペクトラムなど、当時の曲や最新の音楽も使いながら、スタイリッシュな世界観を作り上げた。時代を反映し、プリシラの変化にも寄りそう劇中ファッションとヘアメイク、そして音楽にも注目だ。


公開に先駆けて本作を鑑賞した、小泉智貴 TOMO KOIZUMI (デザイナー)、MEGUMI(俳優・プロデューサー)、中里唯馬 (ファッションデザイナー)、中野香織(服飾史家)、北村道子(スタイリスト、衣裳デザイナー)、山本浩未(ヘア&メイクアップアーティスト)、立田敦子(映画評論家)、東紗友美(映画ソムリエ)より、絶賛コメントが到着!ファッション、ヘアメイクなど各分野のエキスパートも、ソフィア・コッポラ監督が描く本作の世界観に魅了されている。
 
『プリシラ』へ絶賛コメント到着! (敬称略、順不同)
 
なんとなく知った気になっていたプリシラのストーリー。
ソフィアのフィルターを通して観る誰もが夢みる展開は、ファッションやメイクなどあらゆるディテールへのこだわりで悪夢の場面ですら甘く美しい。
変わりゆく時代とともに変わっていくプリシラの姿に、現代を生きぬく力をもらった。
小泉智貴 TOMO KOIZUMI (デザイナー)
 
世界中の女性の憧れの存在であったプリシラが、実は、私達と同じような悩みや痛みを抱えていた事に驚きました。
変化していくプリシラに、いつのまにか自分を重ね合わせ、ビターな経験が人を豊かにしていくのだと勇気をもらいました。
ソフィア・コッポラさんの世界は相変わらず可愛いが詰まっていて本当に大好きです。
MEGUMI(俳優・プロデューサー)
 
誰もが憧れるロマンスの裏側には、移ろうプリシラの生々しい内面が美しくも儚く描かれる。
この映画は、私たちに自らの人生を生きるとは何かを問いかける。
中里唯馬 (ファッションデザイナー)
 
50年代の女学生服から60年代のビーハイブ黒髪とキャッツアイのポップクイーンスタイルを経て
70年代の軽やかなプリント柄とデニムへ。
14歳から27歳までのプリシラの変貌と心の揺れがファッションを通して繊細に切なく映し出される。
中野香織(服飾史家)
 
新人女優はソフィア・コッポラによって「映画」に出会う。
『プリシラ』、この作品は1人の女優の成長映画かもしれない。
北村道子(スタイリスト、衣裳デザイナー)
 
お伽話からアイライン、そして本当の自分へ。
少女の夢の先の物語
山本浩未(ヘア&メイクアップアーティスト)
 
“愛している”だけでは続けられない。
結婚における男と女の差異真理を鮮やかに切り取る
ソフィア・コッポラ版“マリッジ・ストーリー”
スポットライトの影に佇む女性に寄り添い、
その葛藤に共鳴するたおやかなまなざしに心を動かされる。
立田敦子(映画評論家)
 
きらびやかな世界の中で際立つプリシラの孤独。
空っぽのまま過ぎていくスターとの恋の真実、その稀有な時間を追体験する。
でもこれは夢物語じゃない。
純真な少女が孤独と引き換えにタフな精神を手に入れる。誰しもに訪れるサナギから蝶になる過程を、
60年代の空気と共にソフィアは美しく描き切った。
東紗友美(映画ソムリエ)



監督・脚本:ソフィア・コッポラ 『ロスト・イン・トランスレーション』(03)、『マリー・アントワネット』(06)
出演:​ケイリー・スピーニー 『パシフィック・リム: アップライジング』(18)
ジェイコブ・エロルディ 「ユーフォリア/EUPHORIA」シリーズ(TV・19~)
原題:PRISCILLA/2023/113分/アメリカ・イタリア/ビスタ/5.1chデジタル/字幕翻訳:アンゼたかし/映倫:PG12
配給:ギャガ 
©The Apartment S.r.l All Rights Reserved 2023
4月12日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ