FC2ブログ

記事一覧

映画『オールド・フォックス 11歳の決断』台湾映画初出演門脇麦の存在感が光る場面写真を一斉解禁

【ニュース】
主演のリャオジエには『Mr.Long ミスター・ロン』などで日本でも知られている日台のダブルで、台湾では神童と呼ばれる天才子役バイ・ルンイン。そして日本でもスマッシュヒットを記録した『1 秒先の彼女』のリウ・グァンティンが W 主演としてリャオジエの父親役に扮し、慎ましやかに支え合いながら生きる父子役を演じている。リャオジエに影響を与える“腹黑いキツネ”(オールド・フォックス)と呼ばれる地主のシャ役には、台湾の名脇役アキオ・チェン。シャの秘書役に『怪怪怪怪物!』のユージェニー・リウ。そして、門脇⻨が経済的には恵まれているが空虚な日々を生きる人妻・ヤンジュンメイを演じ、初の台湾映画出演を果たした。


この度解禁された場面写真は、主人公のリャオジエと父のタイライ慎ましやかな食卓の様子、リャオジエと地主のシャが所有するゴミ回収場で話し込む様子、タイライが働くレストランにシャが訪れ情報と引き換えに チップを渡す様子、タイライと初恋相手で門脇⻨演じるヤンジュンメイがレストランで再会したシーンと高校生の時の淡い思い出。リャオジエをいじめるガキ大将たちとの対立、シャの下で働く家賃回収をする“綺麗なお 姉さん”とリャオジエの交流。タイライの弟の台湾文化を感じさせる結婚式の様子など、ノスタルジックな雰囲気漂う世界観となっている。

門脇が演じたシャオ・ヤーチュエン監督曰く「あの役には、お嬢様気質でちょっとわがままな感じがして、でも憂いが感じられてどこか孤独の影がある、という人を求めていたのですが、30歳くらいでそういう雰囲気のある人が台湾では見当たらなかったんです。それで、侯孝賢監督から「日本の俳 優と仕事をしてみるといいよ」と勧められていたことを思い出しました。「浅草キッド」を見て、彼女がとでもいいと感じていたのでお願いしました。」キャスティング理由を明かした。門脇はそんな監督の思いを背負い深い眼差しを称えた影のある演技を披露して強い存在感を残した。






また、4 月 16 日(火)にはシャオ・ヤーチュエン監督が来日し、「くらしと読書のカルチャー・ワンダーランド」誠品生活日本橋にてモデル・文筆家の小谷美由と台湾映画の今昔と台湾カルチャーの今を語るトークイベントを開催。翌 4月 17 日(水)には本作で台湾映画初出演を果たした門脇⻨と舞台挨拶付き試写会が実施される。



バイ・ルンイン リウ・グァンティン
アキオ・チェン ユージェニー・リウ 門脇⻨
監督:シャオ・ヤーチュエン プロデューサー:ホウ・シャオシェン、リン・イーシン、小坂史子
原題:老狐狸/英題:OLD FOX/2023 年/台湾・日本/112 分/シネマスコープ/カラー/デジタル/字幕翻訳:小坂史子 
配給:東映ビデオ 
公式 X:@OLDFOX0614
©2023 BIT PRODUCTION CO., LTD. ALL RIGHT RESERVED
6月14日(金)公開
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ