FC2ブログ

記事一覧

草彅剛、トーク脱線で「今日の舞台挨拶をもう一回やり直したい。リベンジしたい(笑)」と苦笑い 映画『碁盤斬り』完成披露舞台あいさつ

【イベント】
映画『ミッドナイトスワン』で第 44 回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した草彅剛を主演に、第 42 回日本アカデミー賞優秀監督賞受賞の『孤狼の血』など映画界で高い評価を受け、本作が自身初の時代劇となる白石和彌監督がタッグを組んだ映画『碁盤斬り』の完成披露先行上映会を都内劇場にて開催。本作は“キング・オブ・リベンジ”草彅剛が、冤罪に貶められた浪人・柳田格之進役に挑み、時代劇を初めて手掛けることとなった『孤狼の血』の白石和彌監督との強力なタッグが実現した感動のリベンジ・エンタテイメント。

イベントには主演の草彅剛をはじめ、共演の清原果耶 中川大志 奥野瑛太 音尾琢真 市村正親 斎藤工 小泉今日子 國村隼らキャストが登壇。撮影中のエピソードや、映画の内容にちなんでリベンジしたいことなどについてトークが展
開され、大盛り上がりの舞台あいさつとなった。



寡黙な武士、柳田格之進を演じた草彅は、舞台挨拶冒頭から満面の笑みを浮かべ、充実感を漂わせる。撮影以来となる共演者との再会をよろこび、「みんなのグルーヴがすごくいい!」とニッコリ。自分の持っているものすべてを出し切れたと話した草彅は「幸せな環境で映画が撮れました」と報告し、大きな拍手を浴びていた。撮影現場は作品に関わるすべての人、職人のこだわりが詰まっていたとし「みなさんのおかげで(格之進を)ちゃんと演じられました。代表作になったと思います!」と役を演じ切ったと胸を張っていた。

格之進の娘・お絹役の清原は「現場で草彅さんを見かけるたびに、“父上”という気持ちになって。格之進として佇んでいらっしゃって、とても支えられました」と感謝。父・草彅の背中を「追いかけられたらいいな、支えられたらいいなという思いで見つめていました。草彅さんのおかげでお絹ちゃんとしていることができたと思います」との清原の言葉に草彅は「その言葉、一生大事にします!忘れません」と返し、父娘のほっこりトークで和ませた。

萬屋の亭主・萬屋源兵衛役の國村は「タイトルにもあるように碁盤を挟んだシーンがたくさんあります。碁がテーマでもありますが、碁のシーンを通して、格之進の性格を伝えていくという意味合いもある作品です。碁のシーンで格之進の中身が変わっていくのを感じられると思います」と笑顔でアピールした。

萬屋の手代・弥吉役の中川は「すごくピュアで真っ直ぐな武士の子。小さい時に源兵衛に拾ってもらい、息子のように育ててもらった青年です。映画の中で起きる事件に大きく関わるという役どころ。囲碁がベースになっていますが、とても親近感のある、身の回りで起きるような出来事を描いた作品です。弥吉のポジションは苦しいけれど、応援したくなるような弥吉になればいいなと思いながら演じました」と役作りを振り返った。音尾が演じた萬屋の番頭・徳次郎はトラブルの発端となる役どころでいわばトラブルメーカー。中川が「あの人のせいです!」とトラブルを引き起こした音尾を指さすと、「トラブルを起こして申し訳ありませんでした」とお詫び。中川と音尾もトークのコンビネーションで会場を沸かせた。撮影現場で印象的だったのは座らない草彅の姿と明かした音尾は「神経が研ぎ澄まされているのでしょうか。本番に合わせてググッとフィットしていくために、研ぎ澄まさせている姿を見ていました。今日は現場と違ってかなりふわっとしています」と撮影中とイベントでの草彅のギャップを指摘。音尾のコメントに「ありがとうございます、高倉剛です」と撮影現場で座らないことで有名だった高倉健になぞらえ、キリッとした表情を見せ笑いを誘った草彅は、座らない理由について「5 秒で眠くなっちゃう(笑)。みんなよく眠くならないよね。僕は夜 10 時には寝るけれど、座ると眠くなっちゃうんだよね」とマイペーストークを展開し、会場を笑い声でいっぱいにした。

すべてのキャストと絡みがあった草彅は、撮影中のエピソードを次々と披露。音尾については「ずっと写真ばっかり撮っているカメラ小僧」とニヤリ。「この話でいいの?」と確認しつつ、カメラトークは止まらず、中川に至っては音尾にすすめられたカメラを購入したことも明かされた。自身のトークの順番だったにも関わらず、どんどん共演者とのエピソードを話し続ける草彅に時折ツッコミを入れ笑わせた音尾はしっかりと作品に触れる場面も。「いい役をもらいました。今年も白石監督にお歳暮を送ります」と白石作品常連・音尾ならではのおなじみのフレーズで盛り上げた。

草彅はそれほど囲碁には興味が持てなかったようで「囲碁を打つところだけ教えてくださいって先生にお願いしました(笑)」と照れ笑い。「先生が“え?”って感じになっていたけれど、中川くんと清原さんが熱心に(先生に)囲碁のルールを質問してくれたのでよかったと思います」と安堵。國村との共演シーンを振り返ると、「春のシーンだったけれど、実はすごく寒くて。映像では綺麗に映っているけれど本当は寒いんです!」と草彅が撮影時の裏話を暴露。國村が「きっと寒かったんやろうな、って思いながら観てください」と舞台挨拶後に鑑賞予定の観客に呼びかけると、草彅は「僕(格之進)と國村さん(源兵衛)のラブストーリーにも注目してください!」と本作のおすすめポイントを伝えた。

格之進と因縁のある武士・柴田兵庫役の斎藤は「ずっとかっこいい!」と大絶賛の草彅。「佇んでいるだけですごくクール。なんでいつもそんなにかっこいいだ、チクショー!という気持ちを込めました」と対峙シーンへの意気込みを解説し笑わせた。町の親分・長兵衛役の市村については「すごく気遣ってくれる大先輩」と感謝した草彅。「いつも元気ですごい。役者として見習いたいので、健康法を教えてくださいと訊いたら、親が元気なので、と言われて(笑)。遺伝だからって。元も子もない!」と大先輩からのアドバイスを期待したが、まさかの回答があったことも明かし、笑い飛ばしていた。彦根藩の藩士・梶木左門役の奥野については「ずっと途方に暮れていた」と撮影現場での様子をレポートした草彅。共演者全員との撮影を振り返り「僕はみんなと交流があったので!」と一緒のシーンがなく、今日が初めての顔合わせとなるキャストへの気配りで、いろいろなエピソードを公開したと説明していた。
「役柄としては非常にクソ野郎です…」と小声で話した斎藤の役作りは「正義への考え方」だと解説。正義の反対は悪ではない。もうひとつの正義という気持ちで兵庫なりの悪を演じたとし、格之進役の草彅とは「最小限の動きの競技である囲碁と殺陣。静と動、二つの対峙をやらせてもらいました。どんなに熱を沸騰させた状態でいても、格之進と対峙すると水が変わるというのでしょうか。研ぎ澄まされた空間になってしまう。そういう格之進に静かに鳥肌を立てながら撮影していました」と語る。このコメントを聞いた草彅は「かっこいい…。“静かに鳥肌を立てながら”っていうセリフもらいます!」とニヤニヤ。これまでの斎藤共演経験を踏まえ「(対峙の)集大成のようなシーンが撮れました。感謝しています」と深々とお辞儀した。

演じた役柄について奥野は「格之進に常につきまとっている役。格之進が実直で、健気で、武士らしい姿を見せてくれるので、全幅の信頼をおきながら、ただただついていく。彼の背中をただただ執拗に追いかける役です」と独特の表現で分析し笑いを誘った。

草彅とは 29 年ぶりの共演となった小泉は「まだ剛くんが 20 代前半だった頃。少年っぽさが淡く残っていた時にテレビドラマで共演して。放送が始まって剛くんのキャラクターが人気になって、出番が増えていき、キャラクターが大きくなっていったのを覚えています」としみじみ。「当時から演じることを楽しんでいたし、すごく素敵でした。久しぶりにお芝居を一緒にしたけれど、背中が素敵で。主役としてすべてを背負って引き受けている姿に感動しました。この背中の役に立ちたいと思いながら、お庚という役を一生懸命演じました」と話す小泉に草彅は「キョンキョン大好きです!」と答え会場を盛り上げる。さらに草彅は 17 年ほど前に小泉からプレゼントされた T シャツにサインをしてもらったエピソードも明かす。「和柄で、今回の作品に合っていて。撮影中の 2 週間、パジャマにしてました、洗わずに(笑)」と付け加え、さらなる笑いを誘っていた。「春の撮影で花粉症がつらそうだった」と撮影中の草彅の様子を思い出した小泉。すると草彅が「かゆいし、鼻をかむと髭がとれちゃう。鼻をかむたびに(メイクの)直しが入って。それが一番大変だったかも」と撮影時の一番の苦労を明かす場面もあった。市村とは「いつか一緒にミュージカルを!」という話で盛り上がったそう。イベントで草彅がその話を続けようとしたところで「今日は『碁盤斬り』の話をしましょう!」と市村が脱線を防ぐナイスなフォローを見せて笑わせた。

本作で時代劇に初挑戦した白石監督は「日本の映画史は時代劇とともに発展しました」と切り出し、「スマホの寄りを撮らなくていいなど、(現代劇とは違う)発見がいろいろとありました。今後もぜひ、時代劇に挑戦したいです」と充実感を漂わせる。こだわったのは江戸時代の光源だとし、限られた光源でどれだけの表現ができるのか、かなり攻めたとも話していた。さらに「普段はフレームからはみ出るような荒々しい映画をと思っているけれど、今回は美しい映画をという思いがありました」と初時代劇への見せ方にも触れ、注目してほしいポイントともしていた。



作品にちなみ“復讐したいこと”を尋ねられた草彅と清原。草彅は「今日の舞台挨拶をもう一回やり直したい。リベンジしたい(笑)」と少し俯き、「テレビカメラとかいっぱい入っているのに、どこが切り取られるんだろうと急に不安になってきて…」とここまでの自由なトーク展開を苦笑い。「では、私はそのリベンジを応援します!」と気合いを見せる清原に草彅は「清原さんはちゃんとしてたよ」と優しく返答。「これだけ(キャストの)みんなが集まるのは最初で最後かもしれないのに…」としながらも「映画をたくさんの人が観てくれたらリベンジできるかも!」と、今後もイベントが開催されることを願いつつ、たくさんの鑑賞を呼びかけるというナイスな PR で大きな拍手を浴びていた。


最後の挨拶では本作の宣伝を務める観客に向けて、SNS 投稿時の「#(ハッシュタグ)」も発表。「#碁盤斬り」もしくは「#ごばんぎり」とのこと。「漢字は難しいから、ひらがなでもいいです。ご飯じゃないよ、ごばんだよ。このフレーズ気に入っているけど、いまいちウケなくて…」としながらも、最後までしっかりと映画を宣伝していた。
(オフィシャルレポート)







囲み取材
参加者(敬称略)
草彅剛、清原果耶、中川大志、斎藤工

時代劇への挑戦。役作りで気をつけていたことは?役との共通点は?
草彅
食べ過ぎないこと。食べすぎると気持ち悪くなっちゃうので。食べすぎないでよく寝ること。役作りは現場のみなさんのお芝居の熱量で
「バーン!」って出す感じ(笑)。京都の撮影所だったので、必要以上に役作りをしなくても、現場の雰囲気に溶け込むだけで十分だった気がします。格之進との共通点はまったくない!かわいらしい娘がいるのに、なんでそんなことをするんだとイライラしながらやってい
ました。詳しいことはネタバレになるので言えないけれど…。

清原
時代劇らしい所作を先生に教えていただいたくらいかな。草彅さんがおっしゃったように、現場に行って父上と対峙した時に感じるもの、それを信じればいいと思っていました。役作りとして特に深くいろいろと考えたことはなかったです。似ているところはまっすぐなところ。お絹ちゃんが自分の信念を持っているところは共感できると思いました。

斎藤
撮影所から出るオーラとか周波数で役作りができました。あの時代の生活や空気感を作品に関わる職人たちが生み出してくださったので、その世界に入っていけました。役柄としては史上最低のキャラクター(笑)。救いがないなと思いながらも、(役とは)演じるという関わり方だったので、彼は何を信じて格之進と対峙するのか、唯一の理解者として兵庫というひとつの生物を演じました。

中川
囲碁の達人でもある格之進と出会って、弥吉も影響を受けて囲碁を始めます。(ネタバレになるので言えないですが)実はもう一つ、弥吉には囲碁を始めるきっかけとなる動機があります。現場に囲碁の先生がいたので、教えていただきました。スマホのアプリから始めて、小さなマス目の少ない囲碁を撮影の合間にセットの隅っこで清原さんと一緒にやっていました。囲碁を始めたばかりという役だったので、自分とリンクさせて囲碁を楽しみながら演じられました。役と通じる部分は、板挟みになるところ…かな?(笑)。あのときあーしておけば、大ごとにならなかったのにみたいなことってみんなが経験しているはず。はっきりとものを伝えることが苦手な時もあるので、そんなところは共感してもらえると思います。

撮影中のエピソード。父娘役を演じる上でのコミュニケーションについて。
草彅
会った瞬間から初めてじゃないような雰囲気があって。清原さんだけに清らかな心で(笑)。ご自身もおしゃっていたけれど、ストレート
でまっすぐな方。僕は初めての方には緊張するところもあるけれど、清らかでまっすぐな心がスポーンと入ってきた感じがあります。最初の
二人のシーンは平和なシーン。すごく大事なところで、(初対面の印象が)一番の大きな役作りになりました。

清原
ずっと「いつかご一緒できたらいいな」と思っていたので、実はすごく緊張していて。初めましてをどういう距離感で言えばいいのか迷って
いたら、会った時に「絹ちゃん、僕の娘だから」と言ってくださって。その言葉にすごく励まされたし、その事実だけを信じて(京都という場所で)やっていれば、それ以上のことはいらないと思えました。
草彅(清原のコメントに対し)
照れちゃう!幸せです。ありがとう!

舞台挨拶でも触れた本作に関わった職人のこだわりを感じた点。
斎藤
格之進との対峙では殺陣があったけれど、僕は準備の時間が結構あったのですが、剛さんは合間の時間で立ち回りを覚えていらっしゃった。すぐに落とし込んでいる姿を見てすごく驚きました。ダンスの振り付けのように覚えるんです。本番ではそこに感情がのっている。神技を見たような気がしました。
草彅(斎藤のコメントに対し)
褒められてばっかりでうれしい!こういう場所っていいよね(笑)。工くんはターニングポイントで戦い合うみたいな形で共演しています。今回はその集大成。胸を借りてぶつかっていけたので、人間同士が戦っているような殺陣になったと満足しています。クライマックスに注目です。

中川
京都の撮影所に初めて行ったのは 10 代の時。撮影所の独特な雰囲気、伝統もあるし、変わらぬ技術や受け継がれてきた技術がある。そんな撮影所に、初めての時代劇に挑戦する白石監督。昔ながらの技術と初めての時代劇への挑戦というのがミックスされて、日本の時代劇へのリスペクトもあるし、今の時代劇の形だとも思いました。世界のお客さんに観てほしい作品になりました。

京都での撮影。リフレッシュ方法は?
草彅
割と朝から晩まで撮影していたのですが、隠れて古着屋に行ってました。お店を開けてもらって、隠れて行って(笑)。古着を買いました。デニムも買って。結構いいお店があるんです!
斎藤
映画館、ミニシアターに通っていました。

初共演の草彅、中川。お互いに感じた凄さとは?
草彅
仕上がりですよね。日本屈指のイケメン!世界の方が観ても工くんもそうだけど、「ナイスイケメン!」ってなるはず。ただカッコイイだけじゃなく、内側から出てくるパッション、エネルギーを感じます。他の作品でも感じていました。そういうのを持っているのはすごく魅力的。「ただのイケメンじゃない」って言えちゃう人。中川グルーヴを心に抱えている。僕の方が年上だけど、尊敬できるマインドがある人です。

中川
いつか共演させていただきたいと思っていたので、今回はすごくうれしくて。これまで作品で観てきた草彅さん、バラエティなどで観てきた
草彅さんは知っていたけれど、現場でお芝居にアプローチしている姿は共演しないと見えません。いろいろなアプローチをする役者の中で、どんな感じで現場にいらっしゃるのか、(直接目にできることに対し)すごくドキドキしていました。実際の草彅さんは拍子抜けしてしまうほど自然体。すごくホッとしました。初日は緊張していたのですが「おはよー」って感じで現場に入ってきて。本番に向けてギアがあがっていく感じを近くで見れたのも嬉しかったし、完成した映画でよりいろいろなことに気づくことができました。今まで会ったことのないタイプの方。いろいろ衝撃的でした。

碁盤の達人、格之進の武器は囲碁のスキル。ご自身の武器は?
斎藤
よく言われるのは声。年々低くなっているのを舞台挨拶でのマイクを通して感じています。退化なのか進化なのか(笑)。僕の特長だと思うので、今後も観察していきたいです。
中川
洗濯物をたたむことかな(笑)。SNS などでいろいろたたみ方を探すのが好き。T シャツとか綺麗に畳めます。お店のようなたたみ方、かつ素早くたためます。
清原
雨女、晴れ女、ではなく自称・風女(笑)。自分の寄りになると風を吹かせられるんです。風が吹いて撮り直しになったこともあるくらい。風が吹いちゃいます!

草彅
みんないいこと言ってずるいなー。僕は凹まないところかな。失敗してもなんとかなるんじゃないかって、ポジティブに考えられるところ。でも、今日の舞台挨拶はちょっと凹みました。久しぶりの舞台挨拶で、たくさんのテレビ(のカメラ)も久しぶり。空回りしちゃったかも
(笑)。でも、それも全て自分。凹みません。失敗の先に成功がある。ポジティブでしょ?アハハハ!



また、本作は、英語タイトル“BUSHIDO(ブシドウ)”として、4月に開催されるイタリアのウーディネ・ファーイースト映画祭のコンペディション部門での上映も決まっている。

さらに、フランスの配給も早々に決定!フランスの配給会社、ART HOUSE FILMS(アートハウス・フィルムズ)社の社長エリックさんからのコメントも到着。
「演出も俳優陣の芝居もとてもいい。この映画は侍映画の伝統を引き継いでおり、とてもエレガントでよくできている」
武士道精神が世界に広がっています!



草彅剛
清原果耶 中川大志 奥野瑛太 音尾琢真 / 市村正親
立川談慶 中村優子
斎藤工 小泉今日子 / 國村隼
監督 白石和彌 脚本 加藤正人 音楽 阿部海太郎
小説 「碁盤斬り 柳田格之進異聞」加藤正人 著(文春文庫)
製作総指揮:木下直哉 エグゼクティブプロデューサー:飯島三智 武部由実子 プロデューサー:赤城聡 谷川由希子 ラインプロデューサー:鈴木嘉弘 協力プロデューサー:根津勝
撮影:福本淳 美術監督:今村力 美術:松﨑宙人 照明:市川徳充 録音:浦田和治 装飾:三木雅彦 上田耕治 編集:加藤ひとみ 音響効果:柴﨑憲治
キャスティング:田端利江 VFXスーパーバイザー:小坂一順 衣裳:大塚満 メイク床山:山下みどり 特殊メイク:江川悦子 濵名芙美香 スクリプター:中須彩音 制作担当:相場貴和 
助監督:松尾浩道
製作:木下グループ CULEN 企画:フラミンゴ 制作プロダクション:ドラゴンフライエンタテインメント 
配給:キノフィルムズ 
©2024「碁盤斬り」製作委員会
5月 17 日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ