FC2ブログ

記事一覧

ドキュメンタリー映画『シド・バレット 独りぼっちの狂気』大槻ケンヂ、SUGIZO、坂本慎太郎 などミュージシャンらも唸る! 久保田麻琴「あまりにも素晴らしい映画」各界の著名人から絶賛の声が到着

【ニュース】
ピンク・フロイドを創った男として知られるシド・バレットの謎に包まれた人生を紐解くドキュメンタリー映画『シド・バレット 独りぼっちの狂気』をひと足先に本作を鑑賞した各界の著名人からコメントが到着。さらには、本作の公開を記念して書籍の発売が決定した。

コメント全文 50 音順/敬称略

あらためてシドがいたピンク・フロイドとシドのいないピンク・フロイドは名前の同じ別のバンドなの だな。と思いながら観ました。
石野卓球(電気グルーヴ)

美しき天才は多くの人々の愛の中で眠る。 シドの“人生”の総てがアートだったことがよく判るドキュメンタリーだ!
伊藤政則(音楽評論家・DJ )

若い人にこそ観てほしい。 どんなに若くて才気に溢れて美しくても、あんまり切那的に行き急いじゃよくないよ、とシドが教えて くれるから。
で、そのシドが、やっぱり若くて才気に溢れてとても美しいんだよね。
大槻ケンヂ(ロックミュージシャン)

あまりにも素晴らしい映画。特に音楽関係、バンド関係者には必須。 60s、サイケ好きの予測を超える深みがあります。究極の乾いた悲哀。
久保田麻琴(エンジニア・プロデューサー)

自分がフロイドを初めて聴いた 1975 年、シドはすでに伝説だった。 何をしたのか今ではくわしくわかっているが、ファンとしても知らなかったことがこの映画ではたくさん出てくる。子供の頃の事、フロイド後の話、胸が痛い隠遁後の生活、狂人となったまま死んだのではなかったということも。
一番興味深かったのが、「炎」のレコーディング中にシドが現れた時のこと。 この話はできすぎていて、どこまで事実なのかと思っていたが、その時のスタジオの空気、その場に自分も居たように感じることができた。後で泣いていたというロジャーが語る、クレイジーダイアモンドの歌詞が突き刺さった。
木暮“shake“武彦(原始神母)

これ以上進むと帰って来れなくなる領域があって、その一線を超えた者にしか作れない作品がある、 という考え方は今の時代にはそぐわないのかもしれない。
しかし、シド・バレットの 2 枚のソロアルバムにはそうとしか思えない特別さがある。 そして、それを形にして残すことができたのは友人たちの尽力があってこそだった。
坂本慎太郎(ミュージシャン)

この 10 年、僕が誰よりも刺激を受けてきたアーティストこそが、シド・バレット。
早熟な孤高の天才の、その狂気かつ刹那的人生は、あまりにミステリアスで、そして極めて振り切って いて、僕にとってとてつもなく魅力的だ。 ある意味デヴィッド・ボウイよりも。ジョン・レノンよりも。シド・バレットに憧れたボウイやマーク・ボラン、また、そこに憧れたシド・ヴィシャス達の系譜を見 るに、サイケデリックの新鋭であった彼こそグラムの始祖であり、パンク、ゴス、ポストロックなど、 僕が最も影響を受けてきたシーンの源流だったんだ。
驚異のロック・アイコン、狂ったダイアモンドに永遠に輝きを!
SUGIZO (ミュージシャン)

クレイジーなストームがスタートさせた CRAZY_DIAMOND の謎を多くの人の記憶で解き明かす旅。
映像と言語の間に漂う静かな狂気がシドの瞳とシンクロし、鑑賞者は異次元へとトリップさせられる。
奇妙なねじれのある魅力的な映画だ。
立川直樹(プロデューサー・ディレクター)


映画の公開を記念し、書籍「シド・バレット読本」発売決定
今回、映画『シド・バレット 独りぼっちの狂気』公開を記念した書籍の発売が決定。5 月下旬から全国の書店や一部上映劇場での販売を予定している。本作の監督であるロディ・ボガワのインタビューはもちろん、ストーム・トーガソンの再録インタビューはじめ”シド・バレット”その人やその時代を紐解くインタビューや論 考、コラムなど 160 ページにも及ぶ内容を予定している。

A Book of Barrett 
シド・バレット読本
ピンク・フロイドを創った男と
ブリティッシュ・アンダーグラウンド
内容
【ヒストリー】
シド・バレットとシュレディンガーの猫たち 松村正人
【インタビュー】
ロディ・ボガワ(『シド・バレット 独りぼっちの狂気』監督) 
ピーター・バラカン 時代を先見したシド・バレットの繊細さ
石原洋 バレットの星座譜~時代と環境からみるシド・バレット
河添剛 絶え間なく移動し、付き纏い、偏在する、シド・バレットへの自由な愛着 
立川直樹 ピンク・フロイド、ヒプノシスとシド・バレット ストーム・トーガソン(再録)
【論考】
シド・バレットの背景をなす、1960 年代の英国の音楽環境 湯浅学 シド・バレット、綺想の系譜 山崎春美
シド・バレット全詩集解題 茂木信介
Shadow of Your Smile 「残照」への追憶 河添剛
【コラム】
シド・バレットと 1960 年代の前衛たち 松村正人 
英国地下水脈におけるシド・バレット 持田保
アシッドフォークとしてのシド・バレット 河添剛 
バレットチルドレン 村尾泰郎 
ヒプノシス、IT、OZ と英国グラフィズム 松村正人
【ディスクガイド】
シド・バレット~ピンク・フロイド主要作品ガイド 文=畠中実、村尾泰郎、松村正人
人名辞典 映画『独りぼっちの狂気』登場人物+関係者一覧
A5 サイズ 160 ページ(予定)
定価 2000 円(本体価格、予定)
発売日 5 月下旬(予定) *内容は予告なく変更することがあります。



選べる!A3 ポスター(2 種) 特典付き前売り券も一部劇場にて販売中
全国共通鑑賞券 ¥1,600(税込)
『シド・バレット 独りぼっちの狂気』全国の上映劇場にて上映期間中ご使用いただけます
【注意事項】
●上映期間中、本券 1 枚につき 1 名様限り有効。 
●検印なきもの及び入場前切り離し無効。 
●ご使用なくとも払い戻しはいたしません。 ●本券ではインターネット予約はできません。 ●一部劇場では本券と指定席券または整理券の引換が必要です。 
●上映期間、上映時間等については各上映劇場にお問い合わせいただくか、公式 HP をご覧ください。 
●舞台挨拶やイベント回など、一部特別興行では使用いただけない場合がございます。


監督:ロディ・ボグワナ、ストーム・トーガソン 出演:ロジャー・ウォーターズ、デヴィッド・ギルモア、ニック・メイスン、ピート・タウンゼント、グレアム・コクソン、ミック・ロック、ダギー・ フィールズ、ノエル・フィールディング、トム・ストッパード、アンドリュー・ヴァンウィンガーデン
2023 年/イギリス/94 分/16:9/原題:Have You Got It Yet?The Story of Syd Barrett and Pink Floyd
配給:カルチャヴィル
©2023 A CAT CALLED ROVER.ALL RIGHTS RESERVED.
5月17日(金)公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ