FC2ブログ

記事一覧

まるで「シャイニング」のジャック・ニコルソン 映画『告白 コンフェッション』ヤン・イクチュンが圧倒的熱量で魅せる!新場面写真を解禁

【ニュース】

まるで映画「シャイニング」のジャック・ニコルソン!
罪を告白“してしまった”男・ジヨン(ヤン・イクチュン)の新場面写真が解禁

本作で、自らの罪を「言ってしまった男」リュウ・ジヨンを演じるのは、韓国人留学生として映画版で新たな息吹を吹き込んだヤン・イクチュン。監督・脚本・主演をつとめた『息もできない』(10)は、そのセンセーショナルな作風が世界で話題となり、国際映画祭・映画賞で25以上もの賞に輝いた他、菅田将暉とW主演をつとめた『あゝ、荒野 前編/後編』(17)では日本国内外で高い評価を集め、数々の映画賞を受賞した。日本問わず各国で活躍するヤンだが、日本映画への出演は『あゝ、荒野 前編/後編』以来、約7年振りとなる。『息もできない』では、取り立て屋の主人公・サンフンを父へのやり場のない怒りや憎しみを存在感ある演技で演じ、『あゝ、荒野』では内気な性格の“バリカン”こと二木健二を繊細な演技で魅せた。どの作品でも強烈なインパクトを残すヤンだが、本作でもその圧倒的な熱量は健在。今回の監督である山下敦弘は、ヤンから受けた印象について「イクチュンさんは映画に対しての熱量がものすごい」と語り、アクションシーンのリハーサル時には大暴れするジヨンに現場は圧倒されたという。



解禁された場面写真では、ナイフを浅井(生田斗真)に向け、告白を迫る様子や、鍵がかけられた戸にシャベルを振りかざし無理やり破壊しようとするジヨンの姿、そして、映画『シャイニング』のジャック・ニコルソンを彷彿とさせる、壁に開いた穴から顔を覗かせるジヨンの狂気的なカットが切り取られている。密室で繰り広げられるヤン・イクチュンの狂気に満ちた怪演をぜひ劇場でご覧いただきたい!二人の白熱した攻防戦の先にどんな朝が待ち受けるのかー。
想像の先の先を行く絶体絶命の密室エンタテインメントに、是非ご期待ください。

原作:原作 福本伸行 作画 かわぐちかいじ 『告白 コンフェッション』(講談社「ヤンマガ KC」刊) 
出演:生田斗真 ヤン・イクチュン ※W主演
奈緒 
監督:山下敦弘
脚本:幸修司 高田亮
主題歌:マキシマム ザ ホルモン ※マキシマム ザ ホルモンの“ザ”の両脇は半角スペース空け 音楽:宅見将典
製作:映画『告白 コンフェッション』製作委員会
製作幹事:日本映画放送 NTTドコモ
制作プロダクション:ギークサイト
配給:ギャガ
©2024 福本伸行・かわぐちかいじ/講談社/『告白 コンフェッション』製作委員会
PG12
5月31日(金)公開


関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ