FC2ブログ

記事一覧

映画『胸騒ぎ』ホラー映画ファン注目のクリエイター達より、“胸騒ぎ”が増幅するイラスト、コメントが到着

【ニュース】
北欧デンマークの新たなる鬼才・クリスチャン・タフドルップ監督の映画『胸騒ぎ』を、いち早く鑑賞した、ホラー映画ファン注目の5名のクリエイター、青柳省吾/fracoco/怖いバーコード、鈴木旬/アシタノホラー より『胸騒ぎ』から受け取った“狂気”を表現した、恐怖が増幅する応援イラストとコメントが到着した。

ホラー映画ファン必見のクリエイターたちに狂気が伝染!

世界を震撼させた北欧発のヒューマンホラーをいち早く鑑賞した 5 名のクリエイターたちが『胸騒ぎ』から受け取った“狂気”を表現した、恐怖が増幅するイラストが到着。本作の象徴的なシーン、主人公のビャアンと狂気のオランダ人パトリックが雄叫びをあげるシーンを“切り絵”で表現したのは、映画にがお切り絵「ちょきちょきシネマ」として映画をテーマにした作品も手掛ける青柳省吾。今回は、9 枚の紙を 重ねて色ごとに切って制作した。青柳からは『胸騒ぎ』をモチーフにした貴重な作品の制作風景動画も到着。“切り絵”という何やら映画と親和性の高そう!?な響きの技法にも惹かれる、想像力が膨らむ作品となっている。さらには、主人公ビャアンの一人娘が大切しているウサギのぬいぐるみを、絶望感を超えて放心状態にもみえるタッチで描いたのは、独自の世界観を描くイラストレーターの fracoco。また、目があったら最後...夢にも出てきそうな狂気のオラン ダ人・パトリックを強烈に描いたのは、ホラーイラストを多く手掛ける怖いバーコード。さらには、パトリックとともに恐怖の “オ・モ・テ・ナ・シ”を仕掛ける妻・カリンの冷たい笑顔を描いたのは、レトロさとユーモアあるタッチが魅力的なイラストレーターの鈴木旬。そしてホラー映画ファンには欠かせない存在となった、「ホラー×アート」をコンセプトにするデザイン企画のアシタノホラーが、ハイセンスでありながらもどこか不安を駆り立てるコントラストが目を引くイラストを手掛けた。


アリ・アスター監督のホラー映画から笑いの視点を干上がらせたような、ミヒャエル・ハネケ監督のバイオレンス映画から遊び心を抜きとったような、そんな巧みな脚本でじわじわと逃げ場のない悪夢を丹念に描き、確実に押し寄せるクライマックスに向けての加速度的な演出に脱帽。これが映画で本当によかった・・・
⻘柳省吾(映画にがお切り絵「ちょきちょきシネマ」)
【作品制作風景動画はこちら】



不穏。終始不穏。安心する隙を与えてくれない。心が落ち着かない、まさに「胸騒ぎ」の状態がずっと続く。不安、疑い、苛立ち、悲しみ、そして恐怖...全ての負の感情が最後、絶望に変わる。いや、絶望なのかすらわからない。 観終わってからも心に何かが粘りついて剥がれない。非情に素晴らしく、興味深い。そしてとてつもなく「厭な映画」だった。
fracoco(イラストレーター)



ゆでガエルのようにじっくり煮込まれる 不安と不快感、最悪で最高な観劇体験でした。色使いとライティングに凄くこだわりを感じる。
怖いバーコード(イラストレーター)



胸騒ぎからの胸アツ?やっぱり胸クソ!!
鑑賞後はぐったりしてしまいました。
 一家がとにかく気の毒過ぎる・・・ 登場するオランダ飯がどれも美味しそうなのがせめてもの救いでした。プロースト!
鈴木旬(イラストレーター)



うさぎのぬいぐるみを忘れたばっかりに...... ちょっとした違和感は全て “胸騒ぎ” につながる。見終わった後の心のザワザワが治らない 最恐で最悪な “胸糞” エンド!!!
アシタノホラー


監督:クリスチャン・タフドルップ 
脚本:クリスチャン・タフドルップ、マッズ・タフドルップ 
出演:モルテン・ブリアン、スィセル・スィーム・コク、フェジャ・ファン・フェット、カリーナ・スムルダース 
2022 年/デンマーク・オランダ/ カラー/2.39:1/5.1ch/97 分/ 英語・デンマーク語・オランダ語/英題: Speak No Evil 原題:GÆSTERNE/PG-12 
配給:シンカ 
宣伝:SUNDAE 宣伝協力:OSOREZONE 
提供:SUNDAE、シンカ
© 2021 Profile Pictures & OAK Motion Pictures sundae-films.com/muna-sawagi
5 月 10 日(金) 公開


関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ