FC2ブログ

記事一覧

映画『陰陽師0』より、染谷将太 奈緒 板垣李光人らクランクアップも収めたオフショット解禁

【ニュース】
原作ファンは勿論のこと、20 代の原作未読者からも熱い支持を受けている本作。「心が浄化されるような不思議なパワーをもらった!」、「全部良かったけどやっぱり1番はエンディング。泣いてしまった」、「ああどうしよう。観るたびにおもしろさが更新されていく!!呪術シーンは毎回楽しすぎて体感5秒」と熱狂的な声に溢れ、すでにリピーターも続出し、GW に聖地巡礼する人も。そんな大ヒットを記念し今回到着したオフショットは、染谷、奈緒、板垣ら撮影中のキャスト陣のにこやかな表情を切り取ったもので、佐藤監督のキャストに寄り添う演出のもと、リラックスした現場の雰囲気が伝わる一枚となっている。



従兄妹にあたる博雅を慕う皇族の徽子女王を演じた奈緒は、実在の人物を演じるということで、史実を勉強すべく資料を読み漁ったという。オフショットの中には、所作を教えるスタッフから指導を受ける場面も収めているが、2 メートルほどもある和琴を自宅に持ち帰り練習するなど、熱心に役にアプローチ。身分の違いによる叶わぬ恋に、胸がしめつけられることもあったというほど役に入り込んでいた奈緒。「10 歳という若さで伊勢の斎宮に選ばれ、葛藤もある中で自分の孤独と向き合いながら、しっかりと生きたすごくかっこいい女性」と表現し、平安京に生きた一人の女性を風格たっぷりに演じ切った。



奈緒の役に対するアプローチを近くで見ていた染谷も、「姫として全体を包み込むようにその場にいらっしゃって。のびのび芝居をさせてくれたのは、奈緒さんのおかげだなと思っています。何をやっても受け止めてくださる、そんな方だったので、自分も演じやすかったですし、勇気づけられました」と絶賛している。



また、晴明に興味を抱く帝役を演じた板垣のクランクアップを映したカットも。共演した染谷らと煌びやかなセットの中で、晴れやかな笑顔を見せている。幼い時から陰陽師というコンテンツのファンであり、本作に参加することへ大きな喜びを感じていたと語る板垣。無事にクランクアップを迎えた心境を「衣装の見え方や細部まで、すごく丁寧に監督が作られていて。お芝居に関しても、帝は結構僕に任せてくださったので、すごくやりやすかったというか、自由にできました。また帝で参加できたら良いなと思います」と、振り返っている。

若き晴明の知られざるエピソードを圧倒的スケールで描いた本作。映画の公開により、日本を代表するコンテンツ「陰陽師」の再ブームが到来中!乗り遅れないうちに、いち早く劇場へ!


映画『陰陽師 0』は絶賛公開中
©2024 映画「陰陽師 0」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ