FC2ブログ

記事一覧

山田洋次監督『キネマの神様』映画界に刻んだ歳月と経験の真骨頂、小林稔侍の出演が決定

【ニュース】
沢田研二・菅田将暉・永野芽郁・宮本信子に加え、新たなキャストとして野田洋次郎が出演することが発表され、大きな話題を呼んだ映画『キネマの神様』。今回新たなキャストとして小林稔侍が出演することが決定した。撮影所で映写技師として働く若き日のテラシンを野田が演じる一方、小林は晩年のテラシンを演じる。ゴウを演じる沢田とは 1986 年に放送された連続テレビ小説「はね駒」以来 34 年ぶりの共演となる。1962 年に俳優デビューし、来年には芸歴 60 年目を迎える小林だが、数々の作品に出演してきた中でも、山田洋次監督作品は 22 年来の常連。『学校 III』(98)以降、『たそがれ清兵衛』(02)、『隠し剣 鬼の爪』(04)、『武士の一分』(06)、『母べえ』(07)、『おとうと』(09)、『東京家族』(13)、『小さいおうち』(14)、『母と暮せば』(15)、『家族 はつらいよ』シリーズ(16、17、18)、『男はつらいよ お帰り 寅さん』(19)などに出演。


小林は撮影を振り返り、「現場で生み出される監督ならではの演出が、今回も心に響いた」と山田監督への信頼の厚さを語る。また、先日 10/17(土)に開かれた京都国際映画祭では、出演作『海辺の映画館―キネマの玉手箱』(20)で、国際的な活躍が期待される俳優を表彰する「三船敏郎賞」を受賞。何も喋らずとも、そこに佇むだけで役ではない血が通った一人の人間に見えてしまう熟練俳優。まさに”俳優”に生きる男が、映画『キネマの神様』に”命”を吹き込む。




小林演じるテラシンは、東京で小さな映画館“テアトル銀幕”を営み、家族に見放され映画館に入り浸るゴウ(沢田)をいつも温かく出迎える。今回新たに公開されたビジュアルには、優しさと温かさ、そして何より映画を愛する男の姿が映し出されている。そして、このビジュアルは先日公開された野田を含めた 5 名のビジュアルに繋がっていく。
「過去」と「現在」、二つの時代が映画の中でどのように繋がっていくのか、注目したい。
 
監督 :山田洋次
脚本 :山田洋次 朝原雄三
原作 :原田マハ「キネマの神様」(文春文庫刊)
出演 :沢田研二 菅田将暉 永野芽郁 野田洋次郎 小林稔侍 宮本信子
配給 :松竹
(C)2021「キネマの神様」製作委員会
公式サイト :https://movies.shochiku.co.jp/kinema-kamisama
2021年公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ