FC2ブログ

記事一覧

折坂悠太、映画『泣く子はいねぇが』主題歌「春」11月18日配信リリース決定!さらに草野庸子、公開記念写真展「泣く凪へ」開催決定


【ニュース】
秋田県・男鹿半島の伝統文化 「男鹿のナマハゲ」から、“父親としての責任”、“人としての道徳”というテーマを見出し、親になることからも、大人になることからも逃げてし まった主人公が、過去の過ちと向き合い、不器用ながらも青年から大人へ成長する姿を描いた完全オリジナル作品。




本作の主題歌・音楽を担当するのは、2018 年を象徴するアルバム『平成』をリリースし、2019 年 CD ショップ大賞を受賞、その高い音楽性は宇多田ヒカル、岸田繁(くるり)、三浦大知、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、KIRINJI、GONTITI、 七尾旅人、小山田壮平をはじめとするアーティストが賛辞を送る折坂悠太。2019 年には、フジテレビ月 9 ドラマ「監察医 朝顔」の主題歌担当の大抜擢をうけた折坂は、2020 年 4 月にはコロナ禍を予見したような「トーチ」をリリース。コロナ禍においても、これまでの活動を総括したライブ盤「暁のわたし REC2013-2019」を発売、自主制作時代の作品をアナログレコード化するなど、精力的に動いてきた。そして、約半年ぶりとなる最新シングル「春」がこの度リリースされる。本作の主題歌となるこの楽曲は、主演の仲野太賀の強い推薦がきっかけとなりオファーを受け、折坂同様、平成元年生まれの監督・佐藤快磨とのやりとりを経て完成された。「確かじゃないけど春かもしれない」と繰り返される民謡調の歌に合わさり、移り変わっていく景色のように展開していく伴奏。自粛期間の最中で制作された本楽曲には、そうした変化への想いが込められている。


監督・佐藤快磨コメント
確かじゃないけど春かもしれない。エンドロールに『春』が流れたとき、登場人物たちのそれからを思わず想像していました。不甲斐ないですが、『春』で映画『泣く子はいねぇが』は完成したのだと、そのとき初めて分かりました。折坂さんには心から感謝しています。折坂さんにお願いできて本当によかった。これからも迷うばかりの人生が続いていくと思いますが、立ち止まるたびにそっと春を思い出します。


主演・仲野太賀コメント
折坂悠太さんの歌声がエンドロールで流れた時、鳥肌が立ちました。僕自身が折坂さんの歌に勇気づけられたように、僕が演じた頼りない男の人生もまた、この歌によって前に進む事ができるんだと思いました。浮き沈みのある人生の四季に、不確かではあるけど愛と矛盾に満ち溢れたラストシーンの先に、いつか春は訪れる。素晴らし い楽曲を提供してくださって、本当に感謝しかありません。折坂悠太さんの「春」、是非聴いてみてください。




【リリース情報】
アーティスト:折坂悠太
タイトル:春
リリース:2020 年 11 月 18 日 各種配信サービスにてリリース
https://Orisaka-Yuta.lnk.to/SpringComesPR




草野庸子『泣く子はいねぇが』公開記念写真展「泣く凪へ」
開催日程 前期:11月14日(土)~11月19日(日) 後期:11月24日(火)~11月26日(木)
開催場所 Bonus Track内ギャラリー
展示内容 草野庸子による「泣く子はいねぇが」撮影現場での写真、ポートレート写真を中心に、劇中で使用したなまはげのお面や映像を展示予定
11/14(土)~11/19(土) 秋田料理を中心に提供する「おむすびスタンドANDON」とコラボ決定!コラボメニューも発売予定
 
監督・脚本・編集:佐藤快磨
出演:仲野太賀 吉岡里帆 寛一郎 山中崇 / 余貴美子 柳葉敏郎
企画:是枝裕和
エクゼクティブ・プロデューサー:河村光庸 / プロデューサー:大日向隼、伴瀬萌、古市秀人 / 企画協力:分福 制作プロダクション:AOI Pro. / 配給:バンダイナムコアーツ/スターサンズ / 製作:『泣く子はいねぇが』製作委員会
©2020「泣く子はいねぇが」製作委員会
11月20日(金)より、新宿ピカデリー他全国ロードショー

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ