FC2ブログ

記事一覧

映画『脳天パラダイス』公開直前プレミアイベントにキャスト登壇!南果歩「自分の殻を破るつもりで参加した」

【イベント】
11月17日、映画『脳天パラダイス』公開直前プレミアイベントが、都内にて行われ本編上映後には南果歩、いとうせいこう、田本清嵐、小川未 祐、山本政志監督が登壇し、観客に初披露した気持ちや、作品の見どころについて語った。イベントでは、登壇者全員が冒頭からファミリー感溢れ出すトークを展開。


南は「お披露目の席に来ていただき、ありがとうございます。昨年の夏の撮影だったのですが、あのときは、こういう世の中になるとは思ってもいませんでした。つらい現実の中で、アナザーワールド、山本政志監督ワールドへ行ける作品です。監督は個性の塊という方なので、私自身、自分の殻を破るつもりで参加しました。現実離れした内容ですが、家族のような連帯感もあり、現場もとても楽しかったです。今日、この作品を観て、おもしろいなと感じた人、ぜひ、たくさんの方にすすめてください。今は、自宅でもいろいろなエンタメが楽しめますが、やっぱり映画館に集まって大きなスクリーンで観るのっていいですよね。徐々にそういう時間が戻ってきて、すごく幸せに感じています」と喜びを語る。


いとうは「今、南さんが人にすすめてくださいっておっしゃてったけど、どうやってすすめたらいいかわからない作品ですよね(笑)。最近は、映画もドラマも小説も、ちょっと隙があると感動させようとしてきます。夫婦が出てきたら別れるし、親子が出てきたらどっちかが死ぬ、とか。一回引き離してくっつけるのが悲劇の構造です。僕自身、そういうものに反発してきた割に、意外と毒されていることに、最近気づきました。この映画を観て、“これこそが現実なんだ!” と分かりました」と解説。続けて、「この映画では、いなくなった人は何らかの形でかえってきているし、人生にけりがついている。だけど、なぜけりがついているのか意味がわからないというところにこの作品のおもしろさがある気がします。なので、”全然感動しないから、一緒に観に行こう!”と誘うのがおすすめかと思います。こんな感動しない映画ってないから!」と周囲へのおすすめ方法を伝授。すると南が「なんか、通り一遍に”たくさんの人にすすめてください”って言っちゃった自分が恥ずかしい」と照れ笑いしつつ、「この映画には“良い子のみなさんはマネをしないでください”という内容がふんだんに盛り込まれています。実人生ではやってはいけないことだらけです。虚の世界ではやっていい。だからこそ、みなさんの気分転換のため、発散するためという意味 では本当にいい映画」と付け加え、会場の笑いを誘った。


いとうの「(おかしいことだらけで)あまりのことにぼーっとしちゃう映画です。だからこそ、映画館でみんなと一緒に笑う場所を分担しながら観るのがいい んです。家にいて 1 人で観ていると、笑いどころがわからない映画ってありますよね。映画館で観れば、他の人が笑っているのを聞きながら”ここ、笑うところだ!”ってわかると思います。そういう意味では、映画館で観ること、映画の良さを表している作品です(笑)。なので、そんなことを隣に座った人に言うために、映画館で観るのがいいかもしれません。話しかけたら無視されると思いますが......」という独特の分析に会場は大きな拍手に包まれた。


やっと話すタイミングがまわってきた田本は「これ以上、何を語ればいいの?というくらい、お父さんとお母さんが全部話してしまいました。でも、今の(二人の)説明で、この作品がよくわかった気がします。こういう時代だからこそ、好きなことを好きなだけやって乗り越えて行こうという気持ちになると思います」とニッコリ。南は「想像力だけは制限かけられないので、”あのコーヒー豆、家にあったらいいな”などちょっとしたイマジネーションのヒントや、引き金になったらいいなと思っています」と呼びかけた。


南といとうの解説で、作品のことが分かった気がしたという田本のコメントに、南は「何も分かってなかったというのが衝撃。一番ドンと構えていたのに」、 いとうは「何もわからず、やってたんだ」と反応。すると田本が小川に「え?分かってた?」と不安そうに尋ねる場面も。これに対しいとうは「(誰も)わかってなかったよ。あの脚本でわかれというほうが難しいよ。映画になって初めてわかったことはたくさんあったと思います」と説明。


小川は「この映画は、言葉では説明できないってあちこちで言ってきましたが......。好きとかおもしろいとかいうものに、説明とか理由を求められがちだけど、ここまで潔く説明できないものを目の当たりにすると、もう”楽しかったです”という記憶しか残りません(笑)。いろんな世代の人に、この楽しい映画を観ていただけるように、これからできることをやっていきたいと思います」と作品を多くの人へ広める決意をみせ、いとうは「ひとことで言うと”不要不急”。この作品を四字熟語で表すとそういうことになります」ときっぱり。納得といった表情で登壇者がうなずき、会場は笑い声と大きな拍手に包まれた。


山本監督が「内容がない映画って言われてきたけれど......」と語り始めると「カタルシスはある!」と、いとうがフォロー。山本監督は「いや、俺はずっと感動しっぱなしでこの映画を作っていました。最近、あれやっちゃダメ、浮気しちゃダメ、とか細かいことにとにかくうるさい世の中なので、なんか(気持ちが) 楽になるような映画を作りたいというところから始まった作品です。コロナもあるけど、“なんとかなるんじゃない?”と思ってくれればいいなと。この状況下で、この作品が公開されること自体、試されているような感覚です(笑)。そんな環境になっていることが楽しいし、おもしろいなと感じたら、町内回覧板でもなんでもいいので、いろんな努力で広めてください」と思いを語り、南、いとう、田本、小川の顔を覗き込みながら、「今回は本当に役者が素晴らしいと思いました。アイデアはたくさん持ってきてくれるし、いろんなことをやってくれました。僕は自主(映画)出身なので、これまで酷い目にあってきましたが(笑)、偉そうな役者もいなくて本当に楽しかったです」とコメ ント。


いとうは「こっちはこっちで、山本監督ってうるさい人なんだろうなって思っていたけれど、すごいジェントルマンでびっくりしました」と返答。南が「監督は現場で一番楽しんでいました。それこそ、リハも本番も、お弁当の時間まで楽しみ尽くそうという、半端ない意欲を感じました」と振り返ると、山本監督は 「なんか、俺、頭悪そうに聞こえる」と苦笑い。これに対し、南は「すべてを楽しむという姿勢が監督の持ち味だと思いました」と監督の印象を語った。山本監督は「南さんが、”監督~”って寄ってきて、”あのさー”ってアイデア出しをしてくれました。”監督~”って寄ってきたら、何かが始まる。それが肝試しみたいでおもしろかったです」と撮影時の様子を明かした。


南は「一筋縄ではいかないストーリーなので、監督のイメージがすべて。だからこそ、すべてを理解することはやめて、イマジネーションの世界でどれだけ 遊べるかというのを考えていました。(監督にアイデアを)ささやけば、自由闊達に遊ばせていただける。楽しませていただきました。決して、見本になるような内容ではないけれど、こういう時代だからこそ、自由な世界で自分を解き放してあげることは大切だと思います」と呼びかけた。


いとうの芝居について山本監督が「修正力が半端ない。変更をすればすぐに次の芝居に切り替えている」と絶賛。いとうは「コント上がりの人間だから、すぐに修正に対応するのは芸人の習性です。監督がいろいろとアイデアを受け入れてくれたからこそです」と感謝を述べる。山本監督は田本についても「一人のときと、家族のときと芝居が変わるのがおもしろかった」と振り返る。南が「(小川)未祐ちゃんのダンスもよかった。キラキラしていたもんね」と微笑むと、いとうも「音楽的だったよね」と褒める。この様子を見た山本監督は「褒め合うのっていいね」と笑顔を浮かべた。


最後に山本監督は「手口を選ばす、宗教活動だと思ってこの作品を広めてください」と呼びかける。南は「大事な注意点があります。この作品は R15 です。みなさんには自由な世界を楽しんでいただきたいですが、良い子のみなさんはマネをしないでください」と改めて作品をアピールし、イベントは幕を閉じた。


  

出演:南果歩 いとうせいこう 田本清嵐 小川未祐 玄理 村上淳 古田新太 柄本明 ほか
監督:山本政志 脚本:金子鈴幸、山本政志
企画:シネマインパクト、C・C・P
協賛:高見庭苑 配給:TOCANA
製作協力:UNIVA Guangzhou Trading 製作:パンクチュアルカルチャー 大江戸美術
©︎2020 Continental Circus Pictures 公式 HP:http://no-ten.com
2020 年 11 月 20 日(金)新宿武蔵野館ほか全国公開



関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ