FC2ブログ

『第12回TAMA映画賞授賞式』最優秀男優賞受賞に福山雅治、喜びとともに「神木隆之介に何かおごります」と感謝

【イベント】
11 月 21 日~ 11 月 27 日に渡って東京・多摩市内の 2 会場にて開催された映画ファンの祭典「第 30 回映画祭 TAMA CINEMA FORUM」。そして国内映画賞のトップバッターとして『第 12 回 TAMA映画賞授賞式』が、11 月 29 日、府中の森芸術劇場 どりーむホールにて授賞式が執り行われた。


『TAMA映画祭』は、多摩市及び近郊の市民からなる実行委員が「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力溢れる(いきのいい)作品・監督・俳優」を、映画ファンの立場から感謝をこめて表彰するもの。この授賞式の特徴は、とてもアットホーム感があること。実行委員やボランティアによる手づくりの映画祭とあって、登壇する受賞者もとてもリラックスした様子で喜びいっぱいの笑顔を見せてくれイベントとなっている。さらに今回は、YouTube チャンネルにて配信も行われた。


     



   



最優秀男優賞を受賞した福山はトロフィーを手に「こういった賞をいただくのはずいぶん久しぶりなので、すごく嬉しいです!」とニッコリ。トロフィーを見ながら「この重みを感じながら、さっそく今夜、晩酌します」と喜びを口にした。福山は映画『ラストレター』で演じた小説家・乙坂について「演じたというより心に宿した」といい、自身の演じた乙坂の 10代の学生のころを事務所の後輩でもある神木隆之介が演じており、「彼は非常に技術力が高く、緻密なな俳優。彼から役についていろいろとプレゼンテーションされたんです」と明かし、「この賞は神木くんと僕とでいただけた賞だと思っています。神木くんにも何かおごります。ありがとう神木くん」と、笑顔で感謝を述べた。


今後、映画について福山は「お呼びいただける作品をずっと待っています。映画スタッフの中で、ファンが多いこのTAMA映画賞ですから、この場を借りて、どんな役でも頑張って演じていきますので、お仕事の方、事務所にお願いします!」と吐露。「 50 歳になり、音楽活動も 30 周年を迎え、もう少し余裕の気持ちでオファーを待てるのかなと思っていたのですが、そうでもないんですよね…。これからも貪欲に仕事をしていきたい。どんな役でも頑張って演じていきたいと思っているので、『こんな役、福山にいいかも』と思った方がいましたら、事務所に問い合わせいただければ」と、アピールし会場を大いに沸かせた。






同じく最優秀男優賞を受賞した濱田岳は「『喜劇 愛妻物語』は大変な時期に公開されましたが、お客さんに観ていただけて、俳優としてこんなに幸せなことがあるのかなと思いました。ちょっとできすぎでこのトロフィー、爆発するんじゃないかな?と思っています」と喜び。その軽快なコメントに会場を沸かせた。


さらに最優秀女優賞を受賞した水川あさみは、映画『喜劇 愛妻物語』で夫婦役で濱田と共演。水川の演じる妻に罵詈雑言を浴びせられるダメ夫役の濱田は、水川との撮影初日を振り返り、「台本を読んでイメージはしていたんですが、あれ?そんな言う?思ったより言うじゃん! という感じで(笑)。日に日に罵声にも慣れていきました」と苦笑い。そんな濱田に対し、水川は「濱田岳くん演じる夫の豪太とそのモデルになった足立紳監督が並んでいるのを見ていると、自然とイライラする状態でした」と明かすも「台本以上のだらしなさで、ありがたかったです。」と感謝を述べていた。濱田は「応援していただけるような作品を作れるよう、徒然なるままにがんばっていきます!」と意気込んでいた。



     





【受賞作品・受賞者一覧】順不同
【最優秀作品賞】
最も活力溢れる作品の監督及びスタッフ・キャストに対し表彰
『海辺の映画館-キネマの玉手箱』(大林宣彦監督、及びスタッフ・キャスト一同)
『ラストレター』(岩井俊二監督、及びスタッフ・キャスト一同)
【特別賞】
映画ファンを魅了した事象に対し表彰
城定秀夫監督、及びスタッフ・キャスト一同 (『アルプススタンドのはしの方』)
岩井澤健治監督、及びスタッフ・キャスト一同 (『音楽』)
【最優秀男優賞】
本年度最も心に残った男優を表彰
福山雅治 (『ラストレター』『マチネの終わりに』)
濱田岳 (『喜劇 愛妻物語』『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』『コンフィデンスマン JP プリンセス編』ほか)
【最優秀女優賞】
本年度最も心に残った女優を表彰
水川あさみ (『喜劇 愛妻物語』『グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇』『ミッドナイトスワン』)
長澤まさみ (『MOTHER マザー』『コンフィデンスマン JP プリンセス編』)


【最優秀新進監督賞】
本年度最も飛躍した監督、もしくは顕著な活躍をした新人監督を表彰
HIKARI 監督 (『37 セカンズ』)
ふくだももこ監督 (『君が世界のはじまり』)


【最優秀新進男優賞】
本年度最も飛躍した男優、もしくは顕著な活躍をした新人男優を表彰
宮沢氷魚 (『his』)
北村匠海 (『サヨナラまでの 30 分』『思い、思われ、ふり、ふられ』『影踏み』ほか)


【最優秀新進女優賞】
本年度最も飛躍した女優、もしくは顕著な活躍をした新人女優を表彰


松本穂香 (『君が世界のはじまり』『わたしは光をにぎっている』『酔うと化け物になる父がつらい』『his』ほか)
森七菜 (『ラストレター』『青くて痛くて脆い』『地獄少女』『最初の晩餐』)


※映画賞の選考期間: 2019 年 10 月~2020 年 9 月に劇場公開された作品を対象に選考したもの。

関連記事

プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR