FC2ブログ

記事一覧

映画『ビルとテッドの時空旅行』チョコプラ松尾が初の実写映画アフレコに挑戦!戦隊ヒーローの敵怪人を彷彿とさせる超ドジな”ロボット”役を演じる

【ニュース】
北米で今年夏に公開され大ヒットを記録し、日本では 12 月 18 日より劇場公開の『ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!』の吹替版にお笑いコンビ・チョコレートプラネットの松尾駿が参加していることが分かった。また、吹替で「さよなら、ドジなわたし~~」と、決め台詞が IKKO調になってNGとなったのに演出家が絶賛したその訳とは?チョコレートプラネット松尾からコメントも到着。






松尾が演じるのは、戦隊ヒーローの敵怪人を彷彿とさせる超ドジな”ロボット”役。そのビジュアルはちょっとカッコいい!が、超ドジなロボットだという。アフレコでは、松尾は「さよなら、ドジなわたし~~」と、決め台詞が IKKO調になってNGとなったものの、演出家の高橋剛は、「こちらが想像していたよりもとても上手でした。なにより声がとても良い!いつもモノマネなどで声張られているから、それがいいんでしょうね。とても聞きやすくてよい声です。これからもっともっとアフレコやっていってほしいですね。個人的な見どころは、アレが聞けるってことですかね。こちらからはリクエストしていなかったんですが、やっぱり自然にアレが出るんですね(笑)」と、松尾の声の良さを絶賛した。




超ドジなロボット、デニス・ケレイブ・マッコイ役を演じた松尾からコメントも到着。


Q ドジなロボット、デニス・“ケレイブ”・マッコイ役のアフレコはどうでしたか?
アニメとかはやったことがあったんですが、こういう実写作品でのアフレコは初めてだったんで、難しかったです。(演出家の方からは)、普通の声でいいって言われるんですが、僕普段モノマネばかりやっているので「普通の声」が難しかったですね。自分の声ってどんな声だっけ?って。


Q 映画「ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!」の見どころは
タイムスリップして色んな(伝説の)ミュージシャンを集めるっていう設定で、夢のよう なメンバーで話が進んでいくんですが、もし自分が連れてくんだったら誰連れていくかな~と考えながら見ていたらすごく楽しかったですね。


Q 松尾さんだったら誰を「世界を救う」最強メンバーとして連れていきますか?
まずはボブ・マーリーですね。あとはラッパーの 2 パックとかでできたら楽しいだろうな~。(IKKOさんは?と聞かれ) IKKO さんはまだ死んでないんですけどね。でも IKKO さん連れてきたら世界が平和になるかもしれないですね。映画は「音楽で世界を救え」というテーマですが、IKKO さんが来たら「美容」で世界が救われますんで、世界を救う分には IKKO さんいたほうがいいですね。


本編で、チョコプラ松尾がどんな声で演じているのか? IKKO は飛び出すのか気になるところだ。


監督:ディーン・パリソット(『ギャラクシー・クエスト』) 脚本:エド・ソロモン&クリス・マシスン(『ビルとテッドの大冒険』、『ビルとテッドの地獄旅行』) 出演:キアヌ・リーブス、アレックス・ウィンター、サマラ・ウィービング、ブリジット・ランディ=ペイン、ウィリアム・サドラーほか
字幕翻訳:林完治
公式サイト: https://www.phantom-film.com/billandted/
© 2020 Bill & Ted FTM, LLC. All rights reserved.
12月18日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開
  
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ