FC2ブログ

記事一覧

紺野彩夏&久保田紗友 W主演映画『藍に響け』新タイトルで 5月21日公開決定!追加キャストも発表

【ニュース】
若手女優、紺野彩夏&久保田紗友がW主演を務める、青春部活映画 『藍に響け』が 2021 年 5 月 21 日(金) より新宿武蔵野館、渋谷シネクイントほか全国順次公開されることが決定した。当初、『叩き壊すほどに君へ -WADAIKO†GIRLS-』のタイトルで 2020 年秋公開を予定していた本作。公開延期を経て、タイトルを一新し、再始動を切った。


原作は、月刊アクション(双葉社)で 2013 年9月号~2014 年 9 月 号に連載された、すたひろの漫画「和太鼓†ガールズ」。同作をベースにしつつ、映画はオリジナルとして作り上げている。舞台となるのは、ミッション系のお嬢様女子高。松沢環(紺野)は、裕福な家庭に生まれヒエラルキーのトップにいたが、父の会社が倒産し生活が一変。事情を誰にも言えず、行き場のない思いを抱えている。同級生の新島マリア(久保田)は、誰とでも明るく接することが出来る優しい性格の持ち主だが、交通事故で声帯を損傷し、言葉を発することが出来ない。ある日、環は“音の振動”に導かれるようにマリアと出会い......。人とうまく繋がることの出来ないふたりが、部活を通して、お互いの心を響かせ合い、共に葛藤し成長していく姿を瑞々しく描き出していく。




また、タイトル変更&公開日決定と合わせて、追加キャスト第 1 弾として、吹越満、筒井真理子、濱田マリ、須藤理彩、カトウシンスケのキャスト 5 名が発表。フレッシュな若手女優ふたりと演技に定評のあるベテラン俳優勢がどう関わっていくのか、期待してほしい。また、近日発表予定の 追加キャスト第 2 弾では、同級生たちご明かされる予定だ。


【奥秋泰男監督コメント】
すたひろ氏の原作をベースに出来たこの作品は、コロナ禍での制作過程を経てやっと完成しました。本作の見どころは大きく分けてふたつ。まずは魂の叫びとも言える“音”。一切の吹き替えをせず、時間をかけ本物の音を追求したそれは、劇場で触れた瞬間に感じ取っていただけることかと思います。そしてもうひとつは 2 人の主人公の切ないほど不器用で純粋な生き方。この作品の冒頭からエンディングに至るまで、17 歳という世界の様々な葛藤や不安、さらに生き様を全力で描く 2 人の心情を感じ取っていただければ幸いで す。今回、作品の完成後に改めて熟考し、これがベストだと思うタイトルが『藍に響け』でした。「藍」は青春の象徴でもある「青」よりも、さらに心情的に掘り下げた 2 人の主人公に向けられた青春の色。ジャパンブルーとも呼ばれる「藍」は和の潜在的なパワーといじらしいほど純粋な心の融合物として観客の皆さまの心に響くことを願っています。


『幕が上がる』、『ちはやふる』に続く、青春部活映画『藍に響け』は、5月21日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ