FC2ブログ

記事一覧

映画『レンブラントは誰の手に』アートに取り憑かれた人々によるゴージャスで熱き戦い!日本公開決定!メインビジュアル&予告編解

【ニュース】
レンブラントの新たな作品発見!! アートに取り憑かれた人々によるゴージャスで熱き戦い 『レンブラントは誰の手に』日本公開決定!メインビジュアル&メインサブ&予告編解
『みんなのアムステルダム国立美術館』(14)で美術館の舞台裏に深く切り込み、アート好きだけではなく多くの映画ファンの心をつかんだオランダのドキュメンタリー作家、ウケ・ホーヘンダイク。彼女の最新作『レンブラントは誰の手に』(原題『My Rembrandt』)が 2021 年 2 月 26 日(金)より Bunkamura ル・シネマほか全国順次公開することが決定した。


バロック絵画を代表し、没後 350 年以上経った今でも絶大なる人気を誇るオランダの巨匠画家、 レンブラント。彼の作品を画商は見出し、貴族は愛し、コレクターは買い求め、美術館は競い合う。「光と影の魔術師」の異名を持つ彼が残した作品の美と魅力はもちろん、彼の作品に魅了される 人々の情熱とそこに生まれる物語をドラマティックに映し出していく。





解禁となった予告編は、新たなレンブラント作品を発見し、喜びに満ちた表情で当時を振り 返る若き画商ヤン・シックスの映像から始まる。絵画に詳しい方ならその名前でピンとくるかも知れない、レンブラントが描いた「ヤン・シックスの肖像」を所有する一族に生まれ、モデルとなった当主から代々その絵を大事にしてきた 11 代目ヤン・シックスだ。しかし、贋作が多く存在することで知られるレンブラント。本物か贋作か雲行きが怪しくなっていく。また、フランスの富豪ロスチャイルド家が手放 した2枚の絵画は政治家を巻き込む国際問題に発展!? これまで数々つくられたアートドキュメンタリーとは一線を画すスリリングでドラマティックな予告編となっている。


   



   



本作は、美術界に生きる人々の愛と欲望を大胆に暴きながら、芸術とビジネスの複雑な関係に着目し、1 枚の絵画に億単位の金が 動く美術界の矛盾と可笑しさを、皮肉とユーモアたっぷりに描き出す。と同時に、何百という美術品を個人所有者から購入し美術館で共有するコレクターもいれば、代々引き継がれた肖像画を家族の一員のように愛し、自分のためだけに飾り鑑賞する貴族の姿も映す。なぜレンブラントはこれほど人々を惹きつけるのか? 絵画はいったい誰のものなのか? レンブラントをめぐる人間喜劇であり、芸術についての根源的な問いを私たちに投げかける。美しい絵画を巡って、アートに惚れ込んだ人間たちの愛と欲がエキサイティングに交錯するドラマティック・ドキュメンタリー『レンブラントは誰の手に』は、2021 年 2 月 26 日(金)より Bunkamura ル・シネマ ほか全国順次公開



関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ