FC2ブログ

記事一覧

映画『越年 Lovers』日本、台湾、マレーシアの三か国、国を越えて違う顔を見せる風情あるロケ地を現地写真と共に紹介!!

【ニュース】
映画『越年 Lovers』の日本、台湾、マレーシアの三か国のロケ地を現地写真と共に紹介する。雪に包まれた日本の山形、台湾の首都・台北と彰化県の海辺の町、そしてマレーシア・クアラルンプールという魅力的な舞台で繰り広げられる、年越しの風景の中で素直になれずにこじれた恋心を描いた本作。「コロナ禍で海外に行けない状況ですが、本作を見て少しでも海外旅行気分を味わってほしい」と峯田も太鼓判を押す本作の風情あるロケ地を紹介。






迪化街 食品や衣料品などの卸問屋街のレトロ建築と新しいショップが混在する台北の人気スポット。劇中では、インシュ―が住んでいる街 で、シャオランとイエナが観光客たちの合間を縫って練り歩く様子が。背景に美味しそうな食べ物やお洒落な雑貨が並ぶので、鑑賞中は見ているだけでも楽しい気持ちに。また劇中に出てくる霞海城隍廟は有名で、観光客も後を絶たない縁結びのパワースポット。






山形 マレーシアとうって変わって、一面銀世界の日本・山形県。宮城県と山形県の県境に位置する蔵王山脈の特殊な気象条件が樹氷を生み出すなど、雪があるからこその自然の楽しみ方ができる地域。劇中では、樹氷の写真を撮りに行く碧とそれを追いかける寛一のシーンも。果たして雪が距離を縮めてくれるのか...。また、大正 10 年に建てられた旧西村写真館でもロケが行われ、まさに“越年”を彷彿とさせるアンティークな小物や建物が落ち着きを感じさせる印 象。暖かい家の中から見る雪景色はより綺麗に映り、窓の前で寛一と碧が話をする場面にも 注目です。寒さといえば、撮影が終わった際、峯田は東京で銀杏 BOYZ のライブがあり、「寒さのギャップで頭が痛くなってしまった」と言うほど山形の冬は極寒だったそう。地元民でも慣れない寒さだが、それと引き換えに美しい雪景色を覗かせる。




 

彰化 台湾中西部に位置する素朴な風情漂う地方都市。清朝時代に栄えた第二の都市と呼ばれた鹿港があり、その風情は今も健在。朱色の建物がずらりと並ぶ。また彰化県の沿岸は台湾海峡に面し、北東の季節風が強く吹き、劇中では、強い季節風のせいで牛が空を飛ぶこともあるとチュンナンがモーリーに話す場面も。牛が飛ぶのはフィクションではなく本当の話だそうで、窓の外で茶色い牛が宙を舞っている写真が...。そんな強い風を生かしてか、大きな風車も聳え立ち、その端で気持ちよさそうに自転車 を漕ぐモーリーの姿もとても印象的。見ているだけで津々浦々観光している気分になれる。
 
峯田和伸 橋本マナミ
ヤオ・アイニン(ピピ) オスカー・チュウ(邱志宇) ユー・ペイチェン(余佩真) ウー・ホンシュウ(呉宏修)
菜 葉 菜 吉村和彬 岡野一平 結城貴史
原作:岡本かの子「越年 岡本かの子恋愛小説集」(角川文庫)/「老妓抄」(新潮文庫) 監督・脚本:グオ・チェンディ(郭珍弟)
プロデューサー:片原朋子 吉村和文 饒紫娟 陳世庸
撮影監督:周以文 美術:陳炫劭 遠藤雄一郎 VFX:嚴振欽 照明:譚凱富 衣裳指導:黃中觀 宮本まさ江 サウンドデザイン:羅頌策 編集:陳博文 音楽:トマ・フォゲンヌ 助監督:吳怡靜 大野伸介 製作:ジェイアンドケイ・エンタテインメント ダイバーシティメディア 花千樹電影有限公司 現代電影沖印股份有限公司 台北市電影委員會 (財)台北市文化基金會 臺北市文化局 臺北市政府
協力:彰化縣 山形県 山形フィルムコミッション 配給・宣伝:ギグリーボックス 後援:台北駐日経済文化代表処 2020年/台湾・日本/116 分/中国語 日本語/シネマスコープ etsunen.com ©2020 映画「越年」パートナーズ
1月15日(金)新宿バルト9ほか全国公開
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ