FC2ブログ

記事一覧

『めぐみへの誓い』朝鮮語を自在に操る、女優・菜月の本編映像公開

【ニュース】
映画『めぐみへの誓い』の主演に抜擢され、多彩な演技から圧倒的な存在感を見せつける菜月(横田めぐみさん役)の本編映像が公開された。

菜月さんは、現在サンミュージック所属の女優で、子役時より数々の映画やドラマに出演し活躍しており、本作『めぐみへの誓い』では主演を務めている。拉致問題に対しての無知さ、今まで傍観してきただけの自分に怒りを覚えるなど、様々な感情をエネルギーに変換し横田めぐみさんを演じたという。そのエネルギー溢れる演技の勢いは、菜月さんの表現に迫力をもたらしている。


本映像の一番の見どころは、朝鮮語を自在に操る菜月さんの器用さと圧倒的な存在感。本作に出演するまでは朝鮮語を学んだ事が無い菜月。演技とはいえ、朝鮮語は台本を覚えただけで誰でも話せるわけではない。英語など全世界共通語であれば勉強する機会も多く、親しみがあるが、朝鮮語は自主的にしか学ぶ機会がなく、通常のお芝居に併せ朝鮮語の勉強となるとかなりの器量が必要だ。撮影前には台詞も朝鮮語も覚え終わっていたという、役者として類い稀な才能を持ち合わせている。



本映像は、13 歳の時に北朝鮮の工作員らに拉致され、歳月を得て成長した横田めぐみさん(菜月)が、工作員の主犯格である辛光春/シンガ ンシュン(大鶴)に、北朝鮮の誓約の発声を強いられ、号泣し過呼吸になるという過酷かつ衝撃的な場面だ。そんな過酷な場面に体当たりで 挑み、哀愁の表現をつけながらも朝鮮語を自由自在に発っしており、観た者にインパクトを与える演技となっている。残酷な場面だが、大鶴義丹と並んでも、演技、存在感で引けをとらず、十分な魅力が発揮されている。そんな、監督や他キャストからも信頼を勝ち得た菜月の演技が、今回の映像でその全貌が明らかとなっている。菜月が主演に抜擢された理由が納得できるものとなっている。 

監督・脚本:野伏翔
出演:菜月 原田大二郎 石村とも子 大鶴義丹 小松政夫 仁支川峰子 坂上梨々愛 安座間美優 小林麗菜
企画:野伏翔 上島嘉郎 佐々木俊夫 総合プロデューサー:松村譲裕 原作:野伏翔
拉致問題監修:荒木和博 助監督:平波亘 撮影:神野誉晃 美術監修:安宅紀史 照明:斉藤徹
音楽:許平和 許真弓 録音:岡部聡 ヘアメイク:榎本愛子 キャスティング:永嶋晶 製作:映画「めぐみへの誓い」製作委員会
配給・宣伝:株式会社アティカス
映倫区分:G ©映画「めぐみへの誓い」製作委員会/2020/カラー/日本/102 分/アメリカンビスタ/5.1ch
2021年2月19日 (金)より 池袋シネマ・ロサ、AL☆VEシアター(アルヴェシアター/秋田市)他全国順次公開

関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ