FC2ブログ

記事一覧

ドキュメンタリー映画『レンブラントは誰の手に』吉岡里帆、中江有里、山田五郎ほか、美術関係者からの絶賛コメントが到着!!

【ニュース】
レンブラントに情熱を注ぐ人々の愛と欲を映し出す本作に魅了された著名人の方々より推奨コメントが寄せられている。アート好きで知られ、自身の SNS でも“愛しのレンブラント”と語る女優の吉岡里帆は、「レンブラントがもし今も生きていたなら、自分の作品に心酔し議論を交わし争いを繰り広げる人々をどう見るだろう...。もしかしたらその姿を自身の手で描きたくなるんじゃないだろうか。」と登場人物たちの魅力を表現。プライベートでも頻繁に美術展に通うという女優・ 作家・歌手の中江有里は「私たちはレンブラントの画を観ているつもりで、実は画に観られているのだ。」とコメント。幅広い分野の知識に精通し、西洋絵画にも造詣が深い評論家の山田五郎も「アートの世界の裏側を描けば、実話ドキュメンタリー映画でもこんなにドラマチックになるのですね。」と感想を述べている。その他、美術ブログ「青い日記帳」主宰の中村剛士さんや美術ジャーナリストの藤原えりみさんをはじめ、多くの美術関係者からの推奨コメントも到着。


更に、本作の公開を記念したタイアップが多数決定。オランダのパンケーキと言われるパンネクックが食べられる「MIZU café」と の限定コラボメニューや、京都生まれのつけ襟ブランド「LA COLLETÉ」からレンブラントをはじめとするヨーロッパの画家をイメージした洋風つけ襟が販売。さらに、ご自宅でもアートを楽しめる豪華景品が当たる Twitter 投稿キャンペーンなど、映画と併せてお楽しみ頂けるタイアップが多数決定している。


タイアップの詳細は公式サイトにてご確認を
http://rembrandt-movie.com


推奨コメント(敬称略/順不同)


吉岡里帆(女優)
レンブラントがもし今も生きていたなら、自分の作品に心酔し議論を交わし争いを繰り広げる人々をどう見るだろう...。もしかした らその姿を自身の手で描きたくなるんじゃないだろうか。レンブラントに翻弄される者達の様はそれほどまでに魅力的で画になる。


中江有里(女優・作家・歌手)
レンブラントにあぶり出される愛と欲望は果てしない。
世に認められたい、コレクションしたい、独り占めしたい......美の価値とは何なのか、なぜこれほどにこだわるのか。絵画に群がる 人々が笑顔で隠すプライドと駆け引きは、悲喜劇となっていく。 私たちはレンブラントの画を観ているつもりで、実は画に観られているのだ。


山田五郎(評論家)
美術作品の価値と値段は、誰がどうやって決めているのか?誰もが抱く疑問の答がここにあります。 アートの世界の裏側を描けば、実話ドキュメンタリー映画でもこんなにドラマチックになるのですね。
                        
中村剛士(『青い日記帳』主宰) 
作品を見極める独自の嗅覚をそなえレンブラントを「発見」する若き画商。絵に描いたような古城でひとり静かにレンブラント作品と 向かいあう貴族。ルーヴル美術館で自慢のコレクション展を開催し悦に入るアメリカの大富豪コレクター。ロスチャイルド家から競 売に出された 2 点のレンブラント作品の購入を巡り争い外交問題にまで発展させてしまう美術館。ひとりの画家を巡る 4 つの物語 が織りなす極上のドキュメンタリー。


池上英洋(東京造形大学教授・美術史家)
絵を買うのはとても勇気のいることだ。生きるために必要な支出ではないのだから。でも買って帰ったその日から、どこに飾ろうか、 などとあなたはひとしきり悩むことだろう。それを眺めて気分が晴れたりする日もあるだろう。そしていつかその絵が、子や他人の 手に渡る日を迎えるのだ。このように、すべての絵に、それを日々眺めてきた人たちがいる。この映画は、そうした「絵を持つ人、そ こに美を見出す人」がいて初めて絵が美術作品となることに気付かせてくれる。


小川敦生(多摩美術大学芸術学科教授)
絵を所有するということは、絵を家族にするということである。この映画を見ると、所有者が格別の愛情を注いでいることがわかる。 不思議なことだが、もはやお金の問題ではなくなるのだ。


五木田聡(東京富士美術館館長)
ドキュメンタリーでありながらサスペンスの趣のある洒落た映像の叙事詩。 私も美術館人のひとりとして、著名なキュレイターや画商やコレクターたちの実像と虚像を垣間見ることができて面白かった。レン ブラントの特質と響きあう、リアリズムによる人間の内面の葛藤を表現し得た作品。


高野史緒(小説家・『翼竜館の宝石商人』著者) 
レンブラントの絵筆は、肖像画に描かれた人々の内面のみならず、その絵を手にする者、コレクションする者、関わる者たち全ての 光と影をも描き出す。ウケ・ホーヘンダイクのカメラはそのさまを、絵画鑑定士のごとく冷徹に追ってゆく。『みんなのアムステルダム 美術館へ』では上質な知的コメディのような面を見せてくれたが、本作は緻密なコン・ゲームのようだ。ホーヘンダイクの映画は淡々としたドキュメンタリーでありながら、その多彩さと魅力は一流のエンターテイメントだ。


田中靖浩(作家・公認会計士『名画で学ぶ経済の世界史』著者) 
株式市場よりはるかにエキサイティング!レンブラントに魅せられた者たちが織りなす愛あるマネー物語。 高画質で迫る美しい絵画とあいまって、画面から目が離せない!


永井龍之介(永井画廊 代表取締役) 
名画は見ている。レンブラント名画の登場人物たちは、過去、現在、未来にわたり、所蔵者の“格”を問い、様々な人間模様を見続 けている。オランダ、フランス各国を挙げた争奪戦。画商人生を賭けた真贋問題。個人コレクターの情熱と資金力。 三つのエピソードが交錯し、劇的に展開するストーリーを通して、いま名画を持つのにふさわしいのは誰か、自問自答しながら鑑 賞することも、“名画の意義”を考える貴重な機会になると思う。“人生は短し芸術は長し”。


長谷川一英(アートコレクター) 
優れた芸術作品には、人々の価値観や人生観をも変えてしまうエネルギーがある。レンブラントのようなオールドマスターともなる と、手元にあることで人生が激変するに違いない。アートのドキュメンタリーでありながら、国の威信をかけた争奪のサスペンス、オ ークションで見出した作品にまつわる推理劇と、なんともドラマチックな展開。 レンブラントを手にしようと奮闘する人々、一癖も二癖もありながらも、知的で情熱に溢れ、不思議な魅力をたたえている。


藤原えりみ(美術ジャーナリスト) 
レンブラント作品をめぐって繰り広げられる、画商、美術研究者、アートコレクター、美術館の駆け引きと争奪戦。ある絵画の真贋 問題を軸に、レンブラント作品に対する愛や執着、所有欲や自己満足、学術的探究心や野心が絡み合い、さらにはフランスとオラ ンダの外交問題にまで発展するスリリングな展開に唖然呆然。通常は陽のもとに晒されることのないアートマーケットの裏側を捉 えるホーヘンダイク監督の眼差しとほろ苦い余韻を残す結末は、「美術作品は誰のものなのか」と問いかけてくる。


三浦展(消費社会研究家・『第四の消費』著者) 
レンブラントと同じ画力を持った全く無名の新人が彗星のように現れて、レンブラントと同じ絵を描いたら、その絵の値段はいくら だろう。200 万円? だとしてもレンブラントの 200 億円には遠く及ばない。同じ絵でもレンブラントが描いたという事実をも人は 評価し、価格にする。レンブラントの絵だと思うから真剣に見るし、200 億円だと思うからますます必死に見るのだ。交換価値の高 さが使用価値を高めるのだ。それは愚かな行為だが、人間の本質である。商品には使用価値さえあればいいというものではない。時計は時間を知るための道具であるが、それなら 500 円の安物でよい。だが何百万円もする腕時計を買う人は、自分の富を示しセックスアピールを増すために身につける。それが彼らにとっての時計の 使用価値である。使用価値は人によって異なるのだ。では絵画の価値とは? スピード感に溢れるサスペンス映画のようでありな がら、とても哲学的な問題を考えさせられる映画だ。
        
 三潴末雄(ミヅマアートギャラリー エグゼクティブ・ディレクター) 
人々の興味が絵の芸術性を忘れて、値段ばかりに目を向けられていると、映画の中でエルンスト・ファン・デ・ウェテリンク教授(美 術史家、レンブラント専門家)が嘆いていたが、いろいろと考えさせられる必見の映画だ。


宮下規久朗(美術史家・神戸大学教授) 
オランダの巨匠レンブラントの作品のほとんどは美術館に収まっているが、個人が所蔵しているものもある。たまにそれらが市場に 出ると、画商や美術館どうしの激しい争奪戦や真贋論争が起こる。一方、先祖伝来の名画を独り占めして楽しむ貴族もいる。こうした悲喜劇を淡々と追ったドキュメンタリー映画。名画は公共のものであるべきだと思われがちだが、実は個人にひっそり所有さ れて静かに愛されるほうが幸福ではないのか。美術のあり方について深く考えさせられた。


藪前知子(東京都現代美術館学芸員・「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか)
展キュレーター) レンブラントはみんなのものだと美術史家は言う。だからこそそれを所有する欲望は、神に近づくような高揚感を人々にもたらす。 公共心を試されつつも、貴族やコレクター、美術館、政治家たちは、それぞれ異なる欲望でそれをまなざす。人間の美しさも醜さも 描いてきたレンブラントの絵画が、時を超えてなお、様々な人間の表情と本質を映し出す鏡であることに驚かされる。


山本豊津(東京画廊社長・『コレクションと資本主義「美術と蒐集」を知れば経済の核心がわかる』著者)
17 世紀のオランダでは再び資本主義が活性化して、レンブラントも大邸宅を構えられるほど絵(肖像画)の売買が盛んでした。取 引を仲介する画商が現れたのもこの頃かもしれません。絵画は持ち運び易いサイズになり、画題の対象もキリスト教や王侯貴族た ちから豪商たちを含む庶民までに拡がります。肖像画を描く画家たちも増えましたが、当時から現在までに高い評価を得ているの はレンブラントだけです。映画『レンブラントは誰の手に』では、国家やそれに属する美術館ばかりでなく、貴族の末裔であるコレクターや画商の生々しい美術取引の現状を窺い知ることができます。アートの話題が飛び交う昨今、美術品がどのように受け継が れて行くのかを知るには興味津津の映画です。


ドラマティック・ドキュメンタリー『レンブラントは誰の手に』は、2 月 26 日(金)より Bunkamura ル・シネマほか全国順次公開
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ