FC2ブログ

記事一覧

『映画 刀剣乱舞』初日舞台挨拶


ムービーコア
【イベント】
名立たる刀剣が戦士へと姿を変えた“刀剣男士”を率い、歴史を守るために戦う刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE -」。これまでにアニメ、ミュージカル、舞台など数多くのメディアミックスを展開し成功させ、2018年紅白歌合戦にミュージカル「刀剣乱舞」刀剣男士たちが出演するなど、大きく盛り上がりをみせた。この日、『映画 刀剣乱舞』が公開初日を迎え、鈴木拡樹(三日月宗近役)、荒牧慶彦(山姥切国広役)、北村諒(薬研藤四郎役)、和田雅成(へし切長谷部役)、岩永洋昭(日本号役)、定本楓馬(骨喰藤四郎役)、椎名鯛造(不動行光役)、廣瀬智紀(鶯丸役)、耶雲哉治監督が舞台挨拶に登壇。
舞台挨拶では甘酒の入った酒樽を全員で『映画! 刀剣乱舞!!』と客席の掛声とともに盛大に鏡開きを行い大ヒット祈願を行った。
初日舞台挨拶フォトギャラリー ←こちら

公開初日を迎え、座長・鈴木は「『刀剣乱舞-ONLINE -』が原案になってる作品なんですけど、舞台版、ミュージカル版、アニメなど各方面様々あり、舞台だと足を運び難いところもあると思うんですけど、舞台に来たことない皆さんも足を運んでくださるような作品になっていました。」と語り、映画版について、「映画も同じ気持ちを持ってて、『刀剣乱舞』が映画化されることによって、あまり劇場に来たことない方も足を運んでもらえる作品になってたら嬉しいなと、目標の一つにもなってました」と熱い想いをみせていた。
また撮影を振り返り、「寒かったことと、お菓子をいっぱい配ったことが思い出にある」といい、そんな鈴木は気配りの達人と周りから称えられていたという。北村は「スケジュールもタイトな中で撮っていたのでスピード感が凄くて記憶がなくなりかけるぐらい濃密だった。でも楽しかった記憶が凄くてスタッフさんの空気感だったりとか忘れられないくらい暖かい現場だったので、それが映画にも出ていたらと思います」と振り返りアピール。他のキャストも楽しい撮影だったと声を揃えていた。「楽しいムードで撮影はできて、撮影自体は時間もなく、寒いしアクションもあるし、本当に過酷だったと思うんです。僕が支えたとかじゃなくて、鈴木くんを座長に刀剣男子のみんなが、スタッフ、現場を引っ張ってくれたなと、いま思い出しますね。本当に楽しい現場だったと思います」と、耶雲監督は刀剣男子たちを称えた。
また映画と舞台との違いについて、荒牧は「舞台では整地されたというか、走りやすかったり、切り返ししやすかったりするんですけど、ロケで外で立ち回りするのが一番の違いだと思いまたね。砂利道だと足を取られたり、ストップが効かなかったりとか考えながら立ち回りをしたので、よりリアルな殺陣がみんなできてるんじゃないかなと思います」と語り、また、これも本作の見どころといい、リアルな風景に刀剣男子たちがスクリーンに映る姿は驚きと感動で嬉しくなったという。
舞台挨拶も終盤。『映画 刀剣乱舞』大ヒットを祈願して、甘酒の入った特別な酒樽が用意され、キャスト、観客ら全員で『映画!刀剣乱舞!!』と掛け声で鏡開きを盛大に行い会場も大きな拍手で包まれ、座長・鈴木の「刀剣乱舞!はじめようー!」と掛け声で会場の全員で大ヒットを願い、甘酒の祝い酒で乾杯し舞台挨拶を締めくくった。(編集部)

原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)  監督:耶雲哉治 脚本:小林靖子 配給:東宝映像事業部 ©2019「映画刀剣乱舞」製作委員会 ©2015-2019 DMM GAMES/Nitroplus
公式サイト:touken-movie2019.jp
全国公開中!
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ