FC2ブログ

記事一覧

田中圭、原田雅彦に金メダルをかけてもらい感激!!「このサプライズにグッときちゃいました」映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』完成披露イベント



【イベント】

映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』完成披露イベントを 4月5日、東京・イイノホールにて実施。舞台あいさつには、西方仁也役を演じた主演の田中圭をはじめ、西方の妻役を演じた土屋太鳳、テストジャンパー役の山田裕貴、眞栄田郷敦、小坂菜緒(日向坂 46)らキャストが集結。さらには本作のモデルとなった西方仁也氏と長野五輪金メダリストの原田雅彦氏も駆けつけ、金メダルをかけてもらうサプライズに主演の田中圭も感激する舞台あいさつとなった。



本作は1998年の長野オリンピック、日本中が歓喜に沸いたスキージャンプ団体、大逆転の金メダル。この栄光を陰で支えた25人のテストジャンパーたちの知られざる秘話を映画化。主人公・西方仁也を田中圭が演じ、その妻を土屋太鳳が演じている。 4人の代表選手と25人のテストジャンパーたち、それを支える家族や関係者たちを描いている。







上映後に舞台あいさつは立った田中は「本来であれば去年の6月には公開していて、本当なら公開から 1年ぐらい経っているはずなんですが、このコロナ禍だったりで公開が延期になって、5月7日に公開すると決まったときに、嬉しかったですし、いまこうやって『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』という作品が走り出した一歩目をみなさんと迎えられて幸せです。本当は何事もなく、こんなことにもならず去年公開していた方が良かったなと思いますが、個人的には楽しみが1年延びじゃないですけども、すごくワクワクした気持ちと、みんなに観て頂きたいという気持ちと、楽しい1年をプレゼントしてもらったという気持ちが強いというところが正直なところです。今日を迎えられたことがとても、とても嬉しく思っています」と、本作の公開へ向けた始動の日に喜んでいた。



本作の好きなシーンを聞かれると、田中は「最後のみんながどんどん飛んでいくところで心が動いて。西方はあえて最後の最後まで決断しなくて、ずっとウジウジしていて、観てくださっている方もちょっとイラっとしたと思うんです。『最後飛ぶしかない』となったセリフもあるんですけど、そこは西方じゃないんかい!と思った。本当にみんなに影響されて人が影響されることって1番だと僕は思っているところがあって、周りの人からもらったもので自分が変わっていくさまは体感できたので、そこのシーンの感動は覚えています」と話しつつ、一番好きなシーンについて、共演の古田新太との掛け合いのシーンという田中。「無言の間がある見つめ合うシーンがあるんですけど、あの人、そのシーンでは僕の名前忘れてるんだと思います。でも、『俺は全然忘れてないよ』というベテラン俳優の匠の技で、西方としては熱いものがありるのに、田中圭としては『セリフ忘れてるだけじゃねぇか』と思ってクスリとしてしまうんですが好きなシーンです」と、裏話を明かし、ほっこりシーンとなっているとアピールした。







座長の田中について問われると、土屋は、映画『哀愁しんでれら』で夫婦役演じており、本作とは全然違う夫婦だったので、「切り替えられるかと思っていたんですけど、圭さんの安心感だったりとか心と心をつなげてくれて、お芝居をしていてもそうつなげるんだと刺激もあった」と、明かし、「息子役の子がヤンチャだったんですけど、私は一緒に遊ぶことで必死だったんですけど、圭さんはお子さんもいるのでなんか慣れてらっしゃった」と、座長として引っ張ってもらっていたようだ。



さらに、土屋は「まだあるんです! みんなをご飯に連れて行ってくれて、みんなを仲良くさせるために、自分がいっぱい飲むぞ!という感じになってみんなを楽しませて……」と言いかけたところで、田中は「土屋さん! 1回その話を止めようか。良かったんだけど、これ以上土屋さんがしゃべるとなんかおかしなことになる」と、慌てて土屋を止める場面もありつつ、「ヒノマルソウルはチーム大切にするので現場を引っ張ってくださったと思います」と改めて称えていた。これに田中は「何も悪いことは言ってないけど、ちょっと悪い予感がしただけ(笑)」と笑いを誘っていた。







イベントには、西方氏、原田氏も駆けつけ、最後のフォトセッション直前に、原田氏は本物の金メダルを取り出し、それを田中の首にかけるというサプライズ! 田中も喜びと驚きのあまり唖然。感想を問われると、田中は「いやーちょっとこのサプライズに、一瞬危なかったです。グッと来ちゃいました。撮影のときも(金メダルを)持たせて頂きましたけど、何度見ても、触らせていただいても、持っても重いですね」と、しみじみ。



最後に田中から「この映画の完成を観て、ストーリーだけが勝ってるとか、主役だけが光ってるとか、脇役だけ光っているとかそういうのではなくて、全員で 1 人も欠けちゃいけない、本当にみんなで盛り上げている映画です。この映画らしいなとすごく感動したのを覚えています。観終わった後、自分も負けてられないな、明日から頑張るぞ!って良い後味をくれた映画です。『みんなだよ!みんな!』というメッセージが、ここから少しずつ広がっていけばいいなと心から思っています。」





「是非、宣伝を皆さんの力をお願いします!金メダルを取りたいです!」と舞台あいさつを締めくくった。

(写真・記事 オオタ・マコト)













【キャスト】田中圭(西方仁也)、土屋太鳳(西方幸枝)、山田裕貴(高橋竜二)、眞栄田郷敦(南川崇)、小坂菜緒(日向坂46)(小林賀子)/ 濱津隆之(原田雅彦) / 古田新太(神崎幸一)

【スタッフ】監督:飯塚健 脚本:杉原憲明、鈴木謙一 企画プロデュース:平野隆 製作:「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」製作委員会 【配給】東宝

©2021映画「ヒノマルソウル」製作委員会 【公式サイト】https://hinomaru-soul.jp/

5月7日(金)全国公

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ