FC2ブログ

映画『ザ・スイッチ』中年男の殺人鬼が乗り移ったJKを演じるキャスリン・ニュートンの表現力に唸る!本編映像解禁

【ニュース】
恐ろしき、”最悪の入れ替わり(ボディスイッチ)”の幕が開く...! 中年男の殺人鬼が乗り移った JK を演じるキャスリン・ニュートンの表現力に唸る本編シーンを解禁!



新時代のハリウッドホラーブームを牽引するブラムハウスが贈る最新作『ザ・スイッチ』は、控えめ女子高生ミリー(キャスリン・ニュートン)と、中年 の連続殺人鬼ブッチャー(ヴィンス・ヴォーン)が最悪にも入れ替わってしまう”入れ替わり”ホラー。このほど解禁されるのは、ヴィンスが古代の短剣 でミリーを殺めた翌朝、なぜかそのミリーの身体に憑依して目を覚ます場面。前夜に暴漢に襲われた娘ミリーを心配した母親から言葉をかけられるうち、この奇怪な状況に気付いたブッチャーは、女の子の趣味が詰まった部屋と自分のボディをくまなく観察。どの国、どの時代でも男女が入れ替 わるとまず真っ先に確認するところは同じ、と謎の安堵も感じさせつつ、すでにミリーの一挙手一投足が異様なオーラを放っており、この”入れ替わり”シチュエーションがもたらす新たな恐怖を予感させる緊迫感ただようシーンとなっている。



もともとは何の変哲もない 17 歳の目立たない系の女子高生、そして突然の事件を境に連続殺人鬼が憑依する、という難役を演じ切っているキ ャスリン・ニュートンは、『スリー・ビルボード』(17)、『名探偵ピカチュウ』(19)など話題作での好演が光り、『アントマン』シリーズ第 3 作目で主人公の娘役を射止める等、ハリウッドでいま引っ張りだこの実力派若手女優。キャスリンは撮影を振り返り、「ふたつの別々の役を演じるだけじ ゃなくて、同じ日にふたつの役を演じるという挑戦を楽しんだ。あるシーンでミリーを演じたと思ったら、すぐ次のシーンでブッチャーを演じたりし て。ふたりの最大の違いは体つきだから、姿勢や身のこなしにはすごく気をつかった。ブッチャーを演じたあとは、いつも足がすごく痛くなった」と まさに”スイッチ”の連続だったことを明かす。その大胆で類まれなる表現力にはランドン監督も脱帽で、「キャスリンはものすごくうまくやってくれたと 思う。ミリーの身体や動きを巧みに操って、怖くて恐ろしい別人に変えている。映画序盤にキャスリンが演じるミリーと、入れ替わってから演じる ブッチャーのコントラストは、すごく鮮やかで効果的だ。彼女は役者として勇敢で、その点を凄く尊敬している」と称賛を惜しまない。



このシーンは、冴えない JK と中年殺人鬼の”史上最悪の入れ替わり”のほんの始まりに過ぎない。そして、”ブラムハウス最新作”に対するファンの 期待にしっかりと応え、恐怖と裏腹のユーモアがこの先にこれでもかと畳みかける本作は是非劇場で。

映画『ザ・スイッチ』は、大ヒット上映中
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR