FC2ブログ

記事一覧

映画『麻雀放浪記2020』初日舞台挨拶 斎藤工が豹変!?イジりが酷いとベッキーが暴露

【イベント】
4月5日、映画『麻雀放浪記2020』が公開初日を迎えた。公開前に薬物使用で逮捕されたピエール瀧被告が出演してるとあって公開に向け紆余曲折あった本作。この日、主人公・坊や哲を演じる斎藤工をはじめ、もも(チャラン・ポ・ランタン)、ベッキー、岡崎体育、音尾琢真、竹中直人、白石和彌監督が舞台挨拶に登壇した。本作は阿佐田哲也の250万部を超える不功の名作「麻雀放浪記」を映画化。戦後のアウトローを描いた傑作をリスペクトしつつ、新たなアンチヒーローの物語として新たなストーリーで描く。
 
バニーガール、ふんどしダンサーらともに客席後方からキャスト陣がド派手な演出で登場!客席から大歓声が上がった。
 

公開初日を迎え、斎藤は「紆余曲折ありましたが、公開に向けて構想10年、この映画に寄り添わせていただきました。心から幸せだと思ってます」と喜びを露わにした。
 

ももは「公開できて嬉しいです!」、ベッキー 「今日は、二役を意識した衣装できました」
 

岡崎は「僕の銀幕デビューとなりました!」、音尾は「白石監督の作品には何作も出させてもらってて、今回もお歳暮を贈った甲斐がありました!」と、誰よりも出演に嬉しいそうな顔をみせていた。
 

竹中から「クソ丸と呼んでくれ!『クソ丸!!!』」と客席と一緒に叫び挨拶。白石監督も「この日を迎えられて嬉しいです」と感無量の様子をみせた。
         
 
また映画の中でくだらないと思ったシーンは?と尋ねると、斎藤は「岡崎さんのハマり具合と、音尾さんのあるシーンがあって、この2人のシーンが本当に大好きですね」。ももは「音尾さんのシマウマのシーンですね(笑)」、ベッキーは「エンドロールの後にオマケがあるので凄いシーンがあるので最後まで席を立たずにお願いします!」とお楽しみがあるとことを明かした。
 

さらに音尾から「試写をやってなかったので、今日、ここで映画を観たんです。くだらないシーンがいっぱいあるんですけど、面白い映画です。竹中さんは最高ですね!」と絶賛。
 

竹中は「ベッキーとも久しぶりに共演したんですけど、圧倒的に不愉快な女優さんで…」と言い出すと、ベッキーは「あの!舞台挨拶で感じ悪いですよ!」、竹中「指刺さなくていいから。失敬だぞ!年上だぞ!」と、ベッキーを挑発し「そっちの方が失礼だろ!」と、急に掛け合いをはじめた2人に斎藤も巻き込まれてしまい大いに笑いを誘った。
 

またベッキーから「本当に斎藤さんてレディーファーストで素敵なんですよ。でもある日、豹変しちゃって、竹中さんが私を現場でイジリはじめちゃって、そしたら斎藤さんの中で『ベッキーってイジっていいんだ。OKの人なんだと』なってしまって」と明かすと、斎藤は「指刺さすの失礼ですよ。年上なんだから!新婚だからって失礼ですよ」と妙なイジりがはじまり、撮影でもベッキーにヒゲが生えているからと、メイクを呼んだりと、ベッキーイジりが多かったといい、そんな現場でしたとベッキー。
 
また白石監督の中では竹中演じるクソ丸がふんどしボーイズたちと踊るシーンを挙げ、「そこも撮るのは大変でしたし、麻雀シーンはみんなに分かるように、知ってる人にはより楽しめるように作ったので麻雀シーンは拘って時間かけてやりましたね」とお気に入りという。
 

舞台挨拶にはシークレットゲストとして舛添要一が登場。本作にも元東京都知事で麻雀五輪ゲスト解説者として出演しているといい、舛添は「面白い映画になってると思います。若い時に何度も映画に出ましたけど、自分の役を自分でやれというのは驚きました」と、自分自身を演じることに驚いたようだ。
 
さらにイベントの最後には北京国際映画祭にて正式に上映されることが発表され、大きな拍手で包まれながら舞台挨拶を終えた。
(編集部)
 
 
企画:アスミック・エース/制作:シネバザール/配給:東映 原案:阿佐田哲也「麻雀放浪記」(文春文庫・刊) キャスト:斎藤工 もも(チャラン・ポ・ランタン) ベッキー 的場浩司 岡崎体育 音尾琢真 小松政夫 / 竹中直人 ピエール瀧 ほか
監督:白石和彌
 
大ヒット公開中!
 
関連記事

プロフィール

moviecore

Author:moviecore
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。イベント取材・試写会・ニュース掲載は こちら moviecore2@gmail.com 編集部にご連絡ください。

最新記事

カテゴリ