FC2ブログ

Netflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』ザック・スナイダー監督&“天才子役”上杉みち、緊急対談実現! みち!“迫真のゾンビ演技”に続編オファー!? 特別映像解禁

【ニュース】
ザック・スナイダーが監督・脚本・製作を務め、デイヴ・バウティスタ、真田広之ら出演で贈るゾンビ映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』がNetflixにて独占配信中だ。
そして、ロバートの秋山竜次が様々なクリエイターに扮し、絶妙なクリエイター選びと何故か本物と思わせる台詞や仕草、謎のプロフェッショナル感が話題の「クリエイターズ・ファイル」とNetflixが組んだ、『クリエイターズ・ファイル GOLD』を 6月3日より全世界独占配信を開始する。

Netflixの注目の国内外2作品のクリエイター、ザック・スナイダー監督と、監督の妻であり本作のプロデューサーも務めるデボラ・スナイダー、ロバート秋山扮する天才子役“上杉みち”による、誰も予想だにしない究極のスペシャル対談映像が解禁された。



ある日ゾンビが大量発生した世界を舞台にした『アーミー・オブ・ザ・デッド』は、ゾンビに支配されたラスベガスの巨大金庫を狙い、傭兵たちが史上最大の強盗に挑む物語。クセ者ぞろいの傭兵集団と、屈強な肉体と高い知能を併せ持つ“進化型ゾンビ軍団”との、“究極の一攫千金”を巡る壮絶な戦いが描かれる。

そして『クリエイターズ・ファイル GOLD』は、2015年にYouTube「クリエイターズ・ファイル」チャンネルにて配信され話題沸騰、今やチャンネル登録者数は60万人目前(2021 年5月現在)の人気コンテンツと Netflix が組んだ特別版。全世界配信となるNetflixでの今作は、大人気俳優・横浜流星、安達祐実、永野芽郁、オダギリジョーなど GOLD級のゲストらが続々と登場、各ゲストとどんな化学反応を起こすのか目が離せない。

そして、今回実現した緊急対談の特別映像は、両者の軽快なやり取りにより、終始クリエイティブで爆笑必至のやりとりに満ちています。冒頭から、「みちはどこだい?」とノリノリなスナイダー夫妻の前に現れたのは、秋山扮する天才子役/上杉みち。通訳のお姉さんよりも一回り小さく見えるみちの姿や、勢いがありすぎる「6 years old!」という自己紹介を仕掛けるみちに、スナイダー夫妻も満面の笑顔!
みちに対し「学校に行かなくていいの?」「(本作は)R指定の映画だけど大丈夫?」と興味津々に質問するスナイダー夫妻に、思わず“遠近法を駆使する42歳”という真実を明かしてしまう場面も。さらに、デボラ・スナイダーに対して「すごくキレイだな~」と、お金と権力を持っていそうな“プロデューサー”の肩書きに擦り寄る一幕も。

質問コーナーではゾンビ映画の撮影の裏側について質問。「ゾンビにはどうやって演技指導したんですか?」という役者として真っ直ぐな問いかけをするみちに対し、「メイクもしているし言うことを聞いてくれるんだ…」と正直に答え、少年の夢を壊しかけてしまう一方で、「キングゾンビ“ゼウス”のメイクは5時間もかかった」と、ゾンビに対する徹底したこだわりも垣間見せる。

インタビューの終盤では、子供とは思えない迫真のゾンビ演技を披露するみちに対し、スナイダー夫妻は「素晴らしいよ、即起用決定だね」と笑いつつ大絶賛し、まさかの続編への出演オファーを獲得!?
秋山扮するみちに対するノリの良さを発揮しつつ、“ゾンビ”に対する飽くなきこだわりも覗かせたスナイダー夫妻が手掛ける『アーミー・オブ・ザ・デッド』と、そんなスナイダー監督さえも夢中にさせるクリエイターぶりを発揮した秋山が贈る『クリエイターズ・ファイル GOLD』の両作品に注目だ。


Netflix映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』独占配信中
Netflixオリジナルシリーズ『クリエイターズ・ファイル GOLD』6月3日(木)Netflixにて全世界独占配信

関連記事

プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR