FC2ブログ

藤原竜也、“ライオンズ愛”溢れる地元凱旋初登板! 「ここ近年で一番ハッピー! 長年ファンでいて良かった。」西武ライオンズ セレモニアルピッチイベント


【ニュース】
映画の公開を直前に控えた8月13日(金)、本作の主演であり、埼玉県秩父市 出身で幼少の頃からライオンズファンであることを公言している藤原竜也が、 地元埼玉県・メットライフドームで開催する「西武ライオンズ vs 東北楽天ゴール デンイーグルス戦」のセレモニアルピッチイベントに登場した。

プロ野球の試合前イベントに出演するのは【初】となる藤原は、あいにくの雨天により、投球練習無しでのぶっつけ本番という男気全開で臨んだ。



場内アナウンスで呼び出されると、3塁ベンチから球団の公式マスコット: レオとライナを引き連れ、少し緊張した面持ちで登場。観客たちからの盛大な拍手で出迎えられた。マウンドに立った 感想を聞かれると、「最高です。ここ近年で一番ハッピーです。念願が叶いました。」と憧れの地に立てた気持ちを込め て、興奮気味に挨拶。今回、西武ライオンズと映画のコラボポスターが実現した企画の一環で実施された本イベント。 映画の見どころを聞かれると、「小説家役の僕が書いて、同時進行で物語が進んでいく。とにかく謎解きが面白い作品 なので、ぜひ衝撃のラストにも注目してほしいです!」と力強く作品をアピール。



いよいよ投球の時間となり、バッターを務めるのは、映画のタイトルにちなんで「鳩」のコスチュームに身を包んだ公式 マスコットのレオ。藤原はゆっくりとしたフォームで投げると、ボールは高めの放物線を描き、見事ノーバンで成功。会場 からの温かな拍手に見送られ、マウンドを後にした。



終了後のマスコミ向けの囲み会見で、投球した感想を聞かれ、 「届くか届かないかが問題ではなくて、憧れの地に立てたこと自体が嬉しかった。映画の宣伝を忘れてしまうほどで、個 人的に遊びに来たような感覚でした(笑)。幼少期に通っていた場所なので。さらに自分の作品を知っていただく機会に もなって、よかったです。」と、登板の喜びをコメント。さらに「人生を間違えた。やっぱり目指すところは野球選手でした ね。役者じゃないなと思いました(笑) 」と、いつもの藤原節でマスコミの笑いを誘った。また、球場の雰囲気について、 「本当に温かく迎え入れてくれた。長年ファンでいてよかったと思いました。やっぱり西武ライオンズですね。」と、電車を 乗り継いで足を運んでいたほどの“ライオンズ愛”を改めて強めたことを語ってくれた。


出演:藤原竜也
土屋太鳳 / 風間俊介 西野七瀬
佐津川愛美 桜井ユキ 柿澤勇人 駿河太郎 浜野謙太
岩松了 / 村上淳 坂井真紀 濱田岳 ミッキー・カーチス / リリー・フランキー 豊川悦司
原作:佐藤正午「鳩の撃退法」(小学館刊)
監督:タカハタ秀太 脚本:藤井清美 タカハタ秀太
製作幹事:松竹 電通 配給:松竹 制作プロダクション:AOI Pro. 制作協力:松竹撮影所 松竹映像センター 
©2021「鳩の撃退法」製作委員会 ©佐藤正午/小学館
2021年8月27日(金)公開
関連記事

プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR