FC2ブログ

伊藤万理華が大ヒットに感動、「この映画を未来に残したい」、金子大地は「こんなに反響があった出演作は初めて」『サマーフイルムにのって』大ヒット御礼舞台あいさつ

【ニュース】
8月6日に新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイント他、30 館で公開された本作ですが、初日から作品を絶賛する口コミが映画ファンを中心に SNS で一気に広がり、都内劇場では 8/6~8/9 の4日間で計 33 回の満席を記録。また、興行通信社の発表するミニシアターランキング(小規模公開作品週末観客動員数)でも2週連続 1 位を獲得し、一般だけにとどまらず、その熱は芸能界にまで広がり、『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督や、お笑いトリオのパンサー向井、ハナコ岡部、またフジロックでのステージが話題を呼んだばかりの GEZAN マヒトゥ・ザ・ピーポーなど様々な方が絶賛!!

この大ヒットを受け、都内で御礼舞台あいさつを実施。伊藤万理華、金子大地、松本壮史監督が登壇し大ヒットの喜びを語った。

口コミで広がり、多くの劇場で満席が続出している本作。MC からは “映画愛に溢れる傑作青春映画”“最高に美しいラストシーンに思わず
涙”といった SNS での口コミが紹介された。周囲の反応を聞かれた伊藤 は「実は私にはあまり直接連絡が来てないんです(笑)。でも、そういった SNS での声や、監督からお話を聞いたりすると、本当にたくさんの方に届いているんだなと。自分が力を尽くした作品なので嬉しいです。母は東京国際映画祭で上映された際に観てくれているのですが、公開後にも色んな友達を連れて何度も観に行ってくれているようです。そんなことをしてくれるのは珍しいので、気に入ってくれているのかなと思います」と大ヒットの実感を語った。

金子は「身近な人がたくさん観に行ってくれていて、面白かったという声をたくさん頂いています。嬉しいですし、良かったなと思います。観てくれた人は、登場人物がみんな愛すべきキャラクターだったとか、ラストシーンが最高だった、何回でも観たくなると言ってくれていま すね。ここまで周りから反応をもらった出演作は初めてです!」とこれまでにない反響に喜びを表した。監督も「10 年くらい連絡していなかった友達から連絡が来ましたね。あと、直接ではないのですが、僕の好きな映画監督からスタッフに面白かったよという連絡が来たようで、その画面のスクリーンショットをもらい喜んでいました。多くの方から色んなお声を頂き、かけがえのないデビュー作になったと思います」と感慨深い様子だった。

本作は芸能界やエンタメ業界でも話題になっており、お笑い芸人パンサーの向井の“女子 3 人の仲の良さだけで泣けちゃ う!”というコメントが紹介された。伊藤は共演した河合優実と祷キララとの仲について、「私たちは撮影以外の時間も、作品そのままの仲の良さだったんですよ。一番思い出に残っているのは 3 人で一緒に銭湯に行ったこと。裸の付き合いをした仲です!映画で出会った 2 人だけど、これからもかけがえのない存在です」と作品を越えて生まれた特別な絆があったようだ。それを聞いた金子も共演者の板橋駿谷との仲を「撮影期間はずっと一緒にいましたね。ラブラブでした!年齢差はあるのですが、今でも仲良しです」と アピール。

リピーターも多い本作だが、もう一度観る際にぜひ注目してほしいシーンや印象に残っているシーンを聞かれると、伊藤は「ハダシと凛太郎が秘密基地で話すシーンは印象に残っています。実はそれまで金子くんとほとんど話してなかったんです。でも、楽しかった し、自然と緊張もせずにリラックスしてできました。物語と同じで、現場でもあのシーンから少しずつ仲良くなれた気がします」と振り返った。金子は「僕は伊藤さんの女子 3 人でいる時の表情が本当に楽しそうで、輝いていてグッと来ました」と大絶賛。

最後に伊藤は「こうして撮影時のことを話していても湧き出てくる思い出がたくさんあって、“あぁ、楽しかったな”“あの頃に 戻りたいな”って、まるで学生時代を思い出すような気持ちになるんです。私がそう思った分、観て頂いた方も同じように楽しか った瞬間を思い出すような作品になっていると思うし、それがとても嬉しいです。伊藤万理華としてはこの『サマーフィルムにのっ て』を未来に残したいですし、ハダシとしては劇中で撮った『武士の青春』を残したい。そんな想いが重なっています。それに向か って駆け抜けた時間は尊いものだし、かけがえのない思い出です」と大切な作品への熱い想いで締めくくった。
(写真・オフィシャルレポート)

伊藤万理華 金子大地 河合優実 祷キララ
小日向星一 池田永吉 篠田諒 甲田まひる ゆうたろう 篠原悠伸 板橋駿谷
監督:松本壮史 脚本:三浦直之(ロロ) 松本壮史
主題歌: Cody・Lee(李)「異星人と熱帯夜」(sakuramachi records) 制作プロダクション:パイプライン 配給・宣伝:ハピネットファントム・スタジオ
© 2021「サマーフィルムにのって」製作委員会
新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイントほか全国公開中

関連記事

プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR