FC2ブログ

マッツ・ミケル セン主演映画『アナザーラウンド』本作を鑑賞した酒をこよなく愛する各界著名人より絶賛コメントが到着!!

【ニュース】
今年のアカデミー賞国際長編映画賞を見事受賞し、話題沸騰中のマッツ・ミケル セン主演映画『アナザーラウンド』 。公開に先駆けて本作を鑑賞した各界著名人より絶賛コメントが到着!!

各界の酒をこよなく愛する著名人たちより絶賛コメントが到着している。

ほろ酔いの私は情が厚くて優しくて可愛いから好き。0.05%を意識しながら、生きてる素晴らしさを噛み締めるため今夜も飲み ます。

―大久保佳代子(タレント)


お酒を飲むことを、これだけ前向きに肯定してくれる映画はなかった。そしてその限界も。酒を愛するすべての人、必見。 

―太田和彦(居酒屋評論家)

 
ほろ酔いは心地よく、泥酔は切ない。 北欧の中年男たちが身をもって示す真理に極東の初老男(私)は共感し、新たな一 歩への勇気をもらいました。

ー大竹聡(作家)


悩める男たちの青春物語が自分と重なって、こそばゆくも温かい気持ちになりました。 嬉しい時、悲しい時、勝負の時。飲んで たなぁ。

―おっくんの宅飲みグルメ 奥野奏(YouTuber)


強い個として存在したくてお酒を飲むのに、私たちは飲めば飲むほど薄れてしまう。 この映画は人間の希薄さ浅はかさ、儚さを 味わう宴だ。 悪酔い、二日酔い必至。

―金原ひとみ(小説家)


この映画は、人生は エンターテイメント ではなく、ドキュ メンタリーだと改めて 気づかせてくれる。

―勝村政信(俳優)


何かを試す時は試す者も試される。次の場所に自分を連れて行くのは得るものと失うものがあるという覚悟だ。この映画はその 勇気をあくまでも明るく教えてくれる、いくつになってもアナザーラウンドはあると!

ー小堺一機


トマス・ヴィンターベア監督は「偽りなき者」に続いて、俳優マッツ・ミケルセンを再び最大限に酔わせ、忘れられない芳醇な傑作を 創り出した。社会に呑まれ、人生に冷めかけた観客を陽気に酔わせ、そっと包み込んでくれる。映画館を出た後も、この“映画 酔い”はいつまでも終わらない。さらにラストでは酩酊状態を明日へのダンスへと変えてくれる。

―小島秀夫(ゲームクリエイター)


お酒好きもそうでない人も必見! 今までにない角度から、お酒と人生の楽しさ・可笑しさ・切なさを教えてくれる。

―小宮山雄飛(ミュージシャン)


酒と涙と男と男と男と男。 酒の良さと酒の悪さを、ここまで見事に表現した映画は他にないだろう。お酒飲みたい・・・けど、飲み たくない・・・けど、やっぱ飲みたぁ~い

―清野とおる(漫画家)


これほど大真面目に、人が飲んだくれになっていく過程を描いた映画を初めて見た。ここには、酒飲みへの祝福と教訓とが奇妙に 同居している。

―月永理絵(映画ライター、編集者)


この映画を観ることは私にとってもひとつの実験でした。その実験によって得られた結果は、酒を飲んでも飲まなくても人間の中に は時に純一なものが生じるということでした。

―町田康(作家)


コメディとは信じられない。アルコールに頼ったその結末を知っているだけに鑑賞中ずっと泣きそうだった。

―まんきつ(漫画家)


アウトだよ。ダメだよね。ごめん、分かってんだよ。分かってんの。 でもね、でも、でもさ。こんな方法しか思いつかないの。ごめん ね。

―光石研(俳優)





出演:マッツ・ミケルセン トマス・ボー・ラーセン マグナス・ミラン ラース・ランゼ マリア・ボネヴィー 監督:トマス・ヴィンターベア 配給:クロックワークス 
©2020 Zentropa Entertainments3 ApS, Zentropa Sweden AB, Topkapi Films B.V. & Zentropa Netherlands B.V. 2020 年/デンマーク/スクリーンサイズ 1:2.0/DCP5.1ch/117 分/英題:ANOTHER ROUND/PG-12
9 月 3 日(金)新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国公開

関連記事

プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR