FC2ブログ

映画『誰かの花』カトウシンスケ、吉行和子、高橋長英たち名優が集結! ポスタービジュアル、場面写真が解禁

【ニュース】
横浜ジャック&ベティ30周年企画映画
『誰かの花』が2021 年12月 18 日(土)~12 月24日(金)横浜ジャック&ベティ先行上映、2022年1月29日(土)より横浜ジャック&ベティ、ユーロスペースほか全国順次公開が決定! 併せてポスタービジュアル、場面写真が解禁された。また監督、プロデューサーからコメントも到着。

かつて映画の街であった横浜。
30 周年を迎えるシネマ・ジャック&ベティ

横浜のミニシアタージャック&ベティ30 周年に向けて企画・製作された本作。出演は、カトウシンスケ(『ケンとカズ』小路紘史監督)をはじめ、吉行和子(『東京家族』山田洋次監督)、高橋長英(『それでもボクはやってない』周防正行監督)の他、和田光沙、テイ龍進、篠原篤など実力派俳優、若手俳優・村上穂乃佳、横浜に縁の深い大石吾朗、渡辺梓、寉岡萌希、堀春菜、笠松七海らがジャック&ベティ30 周年映画に集結した。本格的な映画出演がはじめての子役・太田琉星は素晴らしい演技力をみせている。






鉄工所で働く孝秋(カトウシンスケ)は、薄れゆく記憶の中で徘徊する父・忠義(高橋長英)とそんな父に振り回される母・マチ(吉行和子)のことが気がかりで、実家の団地を訪れる。しかし忠義は、数年前に死んだ孝秋の兄と区別がつかないのか、彼を見てもただぼんやりと頷くだけであった。
強風吹き荒れるある日、事故が起こる。団地のベランダから落ちた植木鉢が住民に直撃し、救急車やパトカーが駆けつける騒動となったのだ。父の安否を心配して慌てた孝秋であったが、忠義は何事もなかったかのように自宅にいた。だがベランダの窓は開き、忠義の手袋には土が…。一転して父への疑いを募らせていく孝秋。
「誰かの花」をめぐり繰り広げられる偽りと真実の数々。それらが亡き兄の記憶と交差した時、孝秋が見つけたひとつの〈答え〉とは。



奥田裕介 (脚本・監督)コメント

映画を撮る上で「ある悲劇が『善意』から始まったら、その先に救いはあるのか」というテーマを持っています。
私が思う「救い」は「言葉にできない感情に置き場所ができる」ことだと思っています。
「赦されるための何か」を探している登場人物たちと一緒に、監督である私も「赦される何か」を探しながら完成させた映画です。

飯塚冬酒(プロデューサー/ガチンコ・フィルム)コメント

今回、このような作品に携われたことを光栄に思います。機会を与えていただいたジャック&ベティ梶原支配人をはじめ、キャストのみなさま、スタッフのみなさま、ご協力いただいた横浜のみなさまに感謝します。
ジャック&ベティの30 周年企画作品ということでご参加・ご協力をいただいた方々も多く、いかに愛されている映画館であるかを本作に携わることを通じてひしひしと感じました。
奥田監督をはじめ、みなさまの想いが込められた映画が横浜から全国へ、そして世界へ拡がっていく、そんな夢をぜひ応援してください。


カトウシンスケ 吉行和子 高橋長英 和田光沙 村上穂乃佳 篠原篤 太田琉星
大石吾朗 テイ龍進 渡辺梓 加藤満 寉岡萌希 富岡英里子 堀春菜 笠松七海
脚本・監督:奥田裕介
撮影: 野口高遠|照明 : 高橋清隆|録音:高島良太|衣装:大友良介|ヘアメイク:ayadonald
大久保里奈
制作:佐直輝尚|助監督:松村慎也 小林尚希 高野悟志|音楽:伴正人|整音:東遼太郎
エクゼクティブプロデューサー:大石暢 加藤敦史 村岡高幸 梶原俊幸|プロデューサー:飯塚冬酒 製作:横浜シネマ・ジャック&ベティ 30 周年企画映画製作委員会|宣伝・配給:GACHINKO Film 2021 年|日本|115 分|5.1ch|アメリカンビスタ 
2021 年12月 18 日(土)~12 月24日(金)横浜ジャック&ベティ先行上映 2022年1月29日(土)より横浜ジャック&ベティ、ユーロスペースほか全国順次公開

関連記事

プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR