FC2ブログ

デヴィッド・ボウイ生誕 75 年、そして「ジギー」誕生 50 年記念『ジギー・スターダスト』公開決定! メインビジュアルも公開

【ニュース】
2022 年、デヴィド・ボウイ生誕 75 年、そして彼をスーパースターに押し上げた、ロック史上に燦然と輝く名盤『ジギー・スターダスト』が発売されて 50 年。そこで、「ジギー・スターダスト」ツアーの伝説的な最終公演を収めたボウイ生涯最高のライヴ映画『ジギー・スターダスト』が、誕生日となる 1 月 8 日の前日 7 日(金) より Bunkamura ル・シネマ他にて公開されることが決定した。

デヴィッド・ボウイ伝説の始まりを告げた至高のライヴ映画!
5 年後に滅びようとする地球に異星からやってきたスーパースター「ジギー・スターダスト」にデヴィッド・ボウイが扮し、ロックスターとしての成功からその没落、絶望から復活 までを壮大に描いたコンセプト・アルバム『ジギー・スターダスト』。

本映画『ジギー・スターダスト』は、ボウイが 1972 年から 73 年にかけてイギリス、アメリカ、日本で行った長期ツアーの最終公演、ロンドンのハマースミス・オデオン劇場での伝 説的なライヴを撮影したドキュメンタリーで、ボウイ自身が 製作に関わった生涯最高のライヴ映画です。この時のステージ衣装にはロンドンでコレクションを発表して間もない 27 歳の山本寛斎が参加。監督はボブ・ディランの『ドント・ ルック・バック』で、音楽ドキュメンタリーの歴史に一線を画した、アカデミー賞名誉賞受賞監督 D.A.ペネベイカー。全曲の歌詞翻訳を含む字幕はシュガーベイブのベーシストだ った寺尾次郎だ。

ボウイが 2016 年、寺尾次郎が 2018 年、ペネベイカーが 2019 年、山本寛斎が 2020 年、相次いでこの世を去っていったが、50 年目の「ジギー・スターダスト」は永遠 の命をさらに輝かせ、未来を見失いそうな地球人を挑発し、勇気を奮い立たせてくれるはず。


映画での演奏曲目
1 君の意志のままに
2 屈折する星くず
3 あの男を注意しろ
4 フリークラウドから来たワイルドな瞳の少年 5 すべての若き野郎ども
6 ユー・プリティ・シングス 7 月世界の白昼夢
8 チェンジス
9 スぺイス・オディティ 10 私の死
11 気のふれた男優
12 時間
13 円軌道の幅
14 夜をぶっとばせ
15 サフラジェット・シティ
16 ホワイト・ライト/ホワイト・ヒート 17 ロックン・ロールの自殺者


公開となったポスターは、ライヴが一気に盛り上がっていく終盤、ボウイのパントマイムが見られる『円軌道の幅』で、扉をこじ開け空に羽ばたい ていく姿、「お前は二度と神に屈しない」という歌詞につながっていく場面。また『チェンジス』の歌詞から、「変わるんだ大人になっ ても変化しろ」というフレーズを採用。ボウイが生涯を通じて発した、運命に負けず自らを変革し続けよう、というメッセージを託しした。

また、2022 年 1 月より、「デヴィッド・ボウイ 75th Anniversary BOWIE 1947/ 2022」がスタート。本作公開の ほか、トリビュート・ライブ(2 月 24 日(木)渋谷クラブクアトロ)やトークイベント(1 月 10 日(月・祝)渋谷ロフトナ イン)などの開催が決定している。


監督:D.A.ペネベイカー
出演:デヴィッド・ボウイ(ヴォーカル/ギター) ミック・ロンソン(ギター/ヴォーカル)
トレヴァー・ボーダー(ベース) ウッディ-・ウッドマンジー(ドラムス) 字幕:寺尾次郎
原題:Ziggy Stardust and the Spiders from Mars
1973 年/イギリス/90 分/© Jones-Tintoretto Entertainment Co.,LLC 
配給:オンリー・ハーツ
1 月 7 日(金)より Bunkamura ル・シネマ、1 月 28 日(金)よりアッ プリンク吉祥寺他にて全国順次公開
関連記事

プロフィール

moviecore2019

Author:moviecore2019
Webメディア:ムービーコアは映画を中心に繋がる、アニメ・お笑い・音楽・ファッション・スポーツとエンターテイメントなイベントをリポート!ニュースも掲載しております。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR